[ スマホ版へ (※スマートフォン専用) ]


カテゴリー記事一覧


・同カテゴリーの記事が10記事掲載されます。10記事以上ある場合は「次のページ」をクリックして下さい。



こんにちは、イーオシバイスタッフの糸永です。

先週末、話題の大河ドラマ『龍馬伝』が、最終回を迎えました。
その斬新な演出と、福山雅治さんの枠にとらわれない「龍馬」っぷりで、
放送当初から大いに話題となったドラマでしたが、いよいよ最後ということで
テレビにかじりついていた方も多いのでは。

近年の龍馬ブームの総決算(?)と言ってもいいこちらの最終回に合わせ、
坂本龍馬に関する演劇DVDをご紹介します!

『龍馬伝』で熱くなった気持ちはまだまだ終わらない!
こちらのDVDで、さらに盛りあがって下さい!

----------------------------------------------------------------------
◆今回のおすすめDVD◆
----------------------------------------------------------------------


『IZO』
天に飼われ、天に裁かれ、天に捨てられた犬。
その名は以蔵。人斬り以蔵。


 作: 青木豪/演出: いのうえひでのり
 出演: 森田 剛 戸田恵梨香 
    田辺誠一 千葉哲也 粟根まこと 池田鉄洋 山内圭哉
    木場勝己 西岡徳馬
  商品詳細ページ → コチラ

以前に本ブログでも紹介させて頂きましたこちらの作品。
主人公は、森田剛さん演じる岡田以蔵です。

激動の幕末という時代の中で、なぜ以蔵が人斬りという道を歩むことになったのか。
唯一心を許した女性との関係は・・

「岡田以蔵」というと、これまで狂犬のように描かれることが多いですが、
この作品では、等身大の若者として描かれていて、その生き様に胸が熱くなります。

大河ドラマの以蔵も、線は細いが芯が熱いという描き方をされていたので、
本作のイメージと重なる部分がありました。

そして、この作品の坂本龍馬を演じるは、池鉄こと池田鉄洋さん。
ひょうひょうとして、掴みどころがなく、でもどこか懐の深さを感じさせる龍馬は、
これまたこれまでの龍馬像とはちょっと違っていて、楽しめます。




『竜馬の妻とその夫と愛人』
幕末の偉人・坂本竜馬を愛する人間達の物語。

 作:三谷幸喜/演出:山田和也
 出演:佐藤B作 佐渡稔 あめくみちこ 平田 満

  商品詳細ページ →
コチラ


こちらも以前紹介した作品ですが改めて。

本作には、坂本竜馬(※本作にならい竜の字で表します)が出てきません。
出演者は4人。竜馬の妻・おりょうと、その夫、そしておりょうの愛人、元海援隊の
隊士だけです。

ちょっとイレギュラーな作品ですが、竜馬という人間を、当時の人達がどう捉えて
いたかを楽しめる作品。

坂本竜馬が亡くなった後、残された人達の姿を描くことで、坂本竜馬の人間像、
存在の大きさや、実際に接した人だからこそわかるその人となりが
浮かび上がってくるようで、その辺りの展開はストーリーテラー・三谷幸喜さんの
面目躍如でしょうか。




『彦馬がゆく』
幕末を舞台に繰り広げられるコメディ登場!

 作・演出: 三谷幸喜
 出演:筒井道隆 酒井美紀 伊原剛志 
    松重 豊 梶原 善 阿南健治 温水洋一 
    本間憲一 大倉孝二 瀬戸カトリーヌ 
    松金よね子 小日向文世
  商品詳細ページ → コチラ

幕末を舞台に、とある写真館とその家族が主人公。

この写真館に、坂本竜馬(※本作にならい竜の字で表します)をはじめ、
近藤勇、高杉晋作、伊藤博文、西郷隆盛などなど、時代を代表する名士達が
様々な理由でこの写真館を訪れ、写真を撮っていきます。

あの有名人が、実はこんな人?といった、まるで楽屋裏を覗くような面白さが
満載ですが、中でも注目は“ちょっと悪い坂本竜馬”。

「幕末の英雄」として取り上げられることも多い竜馬ですが、もしかしたらこういう
一面もあったかも、本当の竜馬はこんな人だったかもしれない・・そんなことを
考えながらみると、また楽しい作品です!

---------------------------------------------------------------------

以上です!
『龍馬伝』にハマった方もそうでない方も、この機会に色々な坂本龍馬を捜してみて下さい!
それでは!


---------<商品紹介ページ>---------

 『IZO』
  商品詳細ページ → はコチラ


『竜馬の妻とその夫と愛人』
   商品詳細ページ → はコチラ

『彦馬がゆく』
 商品詳細ページ → コチラ

---------------
---------------------

0



     こんにちは、イーオシバイスタッフの糸永です。
    今回の「おすすめDVDコーナー」も特別編でお届けします!


    今回は、『蛮幽鬼』DVDとのセット販売も決まった
    『蛮幽鬼』公演パンフレットと、

    先週よりイーオシバイドットコムで取り扱いを開始した
    『蛮幽鬼』ゲキ×シネ版パンフレット
    の内容を紹介させて頂きます!

    2つのパンフの違いはどこにあるのか!?
    それぞれどんな魅力があるのか!?
    興味のある方は、ご一読下さい!


    ----------------------------------------------------------------------
    ◆今回のおすすめ商品◆
    ----------------------------------------------------------------------
              
    ■『蛮幽鬼』公演パンフレット
     こちらの商品は、『蛮幽鬼』DVDとのセット商品となります。
     『蛮幽鬼』DVDは、12/9より予約開始を予定しております。
     ※単品での販売はございません。
     『蛮幽鬼』DVD+公演パンフレットセット 9,100円
     『蛮幽鬼』DVDスペシャルエディション+
               公演パンフレットセット 10,800円

      商品一覧ページ →  コチラ


    ■『蛮幽鬼』ゲキ×シネ版オリジナルパンフレット

      ※只今イーオシバイドットコムで販売中!

     ¥1,000(税込)
      商品詳細ページ → コチラ

    ----------------------------------------------------------------------

    【1】 『蛮幽鬼』公演パンフレット

    2009年の舞台公演時に、劇場で販売されていたパンフレットです。

    B4サイズとパンフレットとしては、かなりの大きさ。
    そして、フルカラー58ページ!という超豪華仕様。

    ご存じの方も多いと思いますが、新感線の公演パンフレット
    その充実の内容と豪華さで、絶大な人気を誇るアイテム。

    何よりもスゴイのは、撮り下ろしのイメージ写真
    その世界観・作品イメージをダイレクトに伝えるその写真は、
    公演時の衣裳やメイクとはまたちょっと違い、新鮮で迫力があります。
    チラシやポスターで新感線のアートワークに興味を持った方は、
    ぜひこの公演パンフも見てほしいです!

    スタッフのコメントキャストのインタビューなども質・量共に充実!
    特にキャストの方々の「幕が開く前」にどんなことを考えていたかが伝わる
    インタビューは、作品を観る前に目を通して頂くと、また別の楽しみがあります。

    また新感線の公演パンフの特徴でもある、後半の特集コーナー。
    今回は、「復讐者たち」というタイトルで、「復讐」にまつわる様々な作品、
    事件を取り上げています。


    通常は公演期間中しか購入できないこの“公演パンフレット”を、
    今回『蛮幽鬼』DVDの発売に合わせて、セット販売できることとなりました!

    ※『蛮幽鬼』DVDの全ラインナップは12/9より予約開始です。
    ※公演が終了した現在は追加生産はないため、在庫がなくなり次第販売終了となります。


    ◎左・公演パンフ / 右・ゲキ×シネパンフ
    『蛮幽鬼』DVDとセットで販売されるのは、公演パンフ
    ゲキ×シネパンフは単品で販売中です。


    公演パンフ/まるで写真集のような豪華な写真
    キャストの方々の写真には、ご本人のコメントと、
    それぞれに縁の方から頂いた応援メッセージが掲載。


    公演パンフ/テキストも充実
    演出のいのうえひでのり氏、作家の中島かずき氏のコメントに、
    キャストの方々からじっくりお話しを聞いたインタビューも充実!
    幕が開く前に、皆さんがいったいどんなことを考えていたかが
    とても良くわかります。


     [公演パンフレット内容]
     ・ご挨拶(演出:いのうえひでのり/作:中島かずき)
     ・蛮幽鬼―その5年前(中島かずき著、あらすじに代えた「その前」の物語)
     ・キャスト/スタッフ紹介
     ・キャストイメージ写真
      (撮り下ろし写真+プロフィール+本人コメント「許せないアイツ・・・」+応援メッセージ)

     ・いのうえ歌舞伎の世界へ(メインキャストへのインタビュー)
     ・特集/復讐者たち
     ・稽古場写真
     ・他 


     


    【2】  『蛮幽鬼』ゲキ×シネ版オリジナルパンフレット

    現在もまだまだ上映中のゲキ×シネ『蛮幽鬼』。
    その上映に合わせて、新たに作成されたのが、
    こちらのゲキ×シネ版オリジナルパンフ(以下ゲキ×シネパンフ)です。

    大きさと厚さこそ公演パンフには負けますが、内容は負けずにリッチです!

    フルカラー48ページ、舞台版パンフでも使用されなかった写真や、
    ここでしか見ることのできない、映像から切り出した画像を多数含んだその質は、
    数多の映画パンフとは、そのクオリティが違います。

    また、このパンフの為に改めて取り直したキャストのインタビュー&対談は、
    「公演が終わったからこそ、語れること」が満載。
    通常の舞台作品では、公演後のコメントをなかなか聞くことが出来ない中、
    非常に貴重な内容となっています。

    その他、公演パンフにも無い「相関図」「用語解説」等のコンテンツは、
    ゲキ×シネだけではなく「初めて新感線作品を観た」という方にも、
    作品の世界観・内容をわかりやすく伝えています。


    過去ゲキ×シネパンフは、ゲキ×シネが上映している映画館でのみ、
    期間限定で販売されていたのですが、今回はイーオシバイドットコムでの
    販売が行われています。

    映画館で購入できなかった方も、ゲキ×シネに行けなかった方、
    さらに深く『蛮幽鬼』を味わいたい方は、ぜひご覧下さい!


    ゲキ×シネパンフ/写真が充実
    公演パンフと違い、横長で、映画館のスクリーンを彷彿とさせるデザイン。


    ゲキ×シネパンフ/テキストも充実
    インタビュー&対談で、「公演後」の気持ちなどを語る、
    他にあまり類を見ないコメントが満載。


    [ゲキ×シネパンフレット内容]
     ・ゲキ×シネとは/新感線とは
     ・ごあいさつ(演出:いのうえひでのり/作:中島かずき)
     ・STORY/解説
     ・登場人物相関図
     ・キャストイメージ写真(初出し含む写真+プロフィール)
     ・いのうえ歌舞伎を体現した俳優たちの告白(メインキャストのインタビュー&対談)
     ・用語解説
     ・殺陣で彩られた『蛮幽鬼』 (アクション監督 川原正嗣インタビュー) 
     ・スタッフコメント
     ・他  



    以上です。

    公演パンフゲキ×シネパンフも、どちらもそれぞれ特徴があり、
    また違った『蛮幽鬼』の魅力を伝えていて、どちらもオススメです!

    公演パンフをご希望の方は、12/9(木)より予定されている
    『蛮幽鬼』DVとのセット販売を今しばらくお待ち下さい!

    ゲキ×シネパンフをご希望の方は、現在イーオシバイドットコムで発売中です!

    ※ご注意 
    12/9以降に双方を一緒にご注文される場合、お届けが『蛮幽鬼』DVDの発売日
    である2011年2月17日(予定)以降となります。双方ご希望で、少しでも早く
    ゲキ×シネパンフをお手元に欲しい方は、別々にご注文下さい。



    それでは!



    ---------<商品紹介ページ>---------

      『蛮幽鬼』公演パンフレット
     こちらの商品は、『蛮幽鬼』DVDとのセット商品となります。
     『蛮幽鬼』DVDは、12/9より予約開始を予定しております。
     ※単品での販売はございません。

     『蛮幽鬼』DVD+公演パンフレットセット 9,100円
     『蛮幽鬼』DVDスペシャルエディション+公演パンフレットセット 10,800円
    商品一覧ページ → コチラ
     
    『蛮幽鬼』ゲキ×シネ版オリジナルパンフレット

      ※只今イーオシバイドットコムで販売中! ¥1,000(税込)
     商品詳細ページ → コチラ

    ------------------------------------

      
    0



      こんにちは、イーオシバイスタッフの糸永です。

      今回の「おすすめDVDコーナー」は特別編!
      DVDではなく、本日より取り扱いを開始した、『鋼鉄番長』関連グッズ(販売終了)の中から、
      『鋼鉄番長』公演パンフレットの魅力を紹介させて頂きます!

      と言いつつ、今回のパンフはかなりスペシャルで、内容盛り沢山。
      なかなか私どもでは紹介仕切れないゾ・・・と思い、
      急遽、劇団☆新感線の舞台側のスタッフで、公演の事を裏も表も知り尽くしている方に、
      飛び入り参加でこのパンフをご紹介して頂くことにしました。

      というわけで、物販番長さんの登場です!


      ----------------------------------------------------------------------
      ◆今回のおすすめ商品◆
      ----------------------------------------------------------------------
                

        『鋼鉄番長』公演パンフレット
       
       ¥3,000(税込)


      『鋼鉄番長』パンフ&『新感線時極表2』の豪華2冊組!

      フルカラー120ページ、撮りおろしの写真やキャストインタビュー満載で
      世界観にどっぷり浸れる『鋼鉄番長』パンフと、
      2000年から2010年の新感線の歩みをつづった『新感線 時極表2』の
      2冊がセットになった豪華パンフレット。 
      ※出演者変更にともなう差し替え用紙入り

      ----------------------------------------------------------------------

      こんにちは。物販番長です。

      先日東京公演が終了し、次なる大阪公演に向けて
      民族大移動中の舞台『鋼鉄番長』

      本日は、ワタクシ物販番長から
      今回の公演パンフレットの全貌をご紹介させていただきます!


      毎度のことながら「カバンに入らないんですけど
      お約束の新感線の公演パンフレットですが…。

      皆さま、お待たせしました。
      なんと!今回のサイズはいつもより小さいB5サイズです。

      おやおや、「なんだ、小さいのか」とちょっとがっかりしたアマノジャクなあなた。
      油断はしないでくださいませね。

      いつもより小さめのサイズですが、いつもより厚いのですよ。
      がつくほどの厚さです。





      自分たちで謳うのもなんですが、
      こちとら物販番長なのでデッカイこと言わせていただきますと、
      はっきり言って豪華なのであります。




      写真をご覧ください。

      ピッカピカの銀色のカバーをはずすと、公演パンフレット
      劇団☆新感線30周年を記念しての「新感線時極表供
      2冊組になっています。これが厚さの秘密です。




      こちらが公演パンフレットです。数字で表現しても、
      この迫力がうまく伝わるかわからないのですが、
      あえて言いますとフルカラー120ページ!

      以前、出演者である劇団☆新感線の粟根さんが、
      『鋼鉄番長』公式ブログ内のアワブロコーナーで紹介していた、
      廃校で撮影した写真がてんてんてんこ盛り。

      キャストの皆さんの楽しそうな様子が印象的だったあの時間が、
      このような形になってついに皆さまの前にお目見えします!

      (撮影の様子は、アワブロ にてご覧ください。)




      読み物も充実しまくっております。

      「どうせなら全員にがっつり聞いてしまおうぜ!」がテーマの
      キャストの皆さんのインタビューは本当にがっつり聞いていますし、
      特集のネタものの手引書では、ネタもののルーツを探るレポートから、
      若者文化や改造人間に至るまでが大まじめに語られていて、読み応え充分です!



      つづいて、「新感線時極表供をご紹介したいのですが…。
      皆さま、時極表のことはご存知ですか?

      時極表とは、劇団☆新感線の活動記録を克明に刻み込んだ
      “究極の書
      のことでありまして、
      ちょっとしたタイムマシンだと思っていただければよいかと。


      そう、思い返せば「時極表機20周年記念に発売されたのでした。(遠い目)
      あれから、10年……。
      ついに、時極表供を発売する時が来てしまったのです。






      小さな情報ですが、時極表�は左側(赤の表紙)
      右側(青の表紙)
      どちらからでも読むことができます。

      赤い表紙から読むと、
      豪華な巻頭グラビア
      として舞台写真がたっぷりと掲載され、
      あまり表に出ることがない稽古場の写真もふんだんに大放出しています。

      また、特別企画として、
      「プレイバック1998-2000いのうえひでのりが語る、激動の12年」を収録。
      東京進出に伴う「あの頃」の話をじっくり読むことができます。





      青い表紙から開くと、「証言編」から始まります。

      これまで新感線の公演に出演された役者の方々をはじめ、
      作家、作詞家、プロデューサーの方々による、
      新感線とは一体何なのかの証言の数々。


      昔から新感線をご覧の方も、今回初めて!の方も、この一冊さえあれば、
      10年目のこの節目に劇団☆新感線が歩んできた無茶と無理で彩られた道のりを、
      一緒に振り返っていただけるのではないでしょうか。
      ついでにちょこっとでも愛してもらえたら、幸いです。


      それでは!
      物販番長でしたっ。

      ----------------------------------------------------------------------

      以上、物販番長さんからのコメントでした!

      「大人が本気を出すとここまでやれる!」
      期せずして、それを証明してしまった感のある今回の『鋼鉄番長』公演パンフは、
      ¥3,000(税込)で絶賛発売中です。

      また、イーオシバイドットコムではこちらの『鋼鉄番長』パンフレットの他に、
      『鋼鉄番長』CDと新感線30周年記念グッズの『チケットホルダー』を販売いたします。
      ※『チケットホルダー』は人気炸裂で品薄のため、取り扱い開始までしばしお時間を頂いております。
       詳しくは特集ページをご覧下さい。(11/11注)



      それでは、本日のオススメDVDならぬ、オススメグッズコーナーはここまで!


      0



        |< << 前のページ | 183 / 191 ページ | 次のページ >> >|

        ピックアップ特集pick up



        天海祐希関連作DVD
        堺雅人関連作DVD

        ページランキング

        カテゴリーcategory

        アーカイブarchive

        記事を検索search

        コメントcomment

        • 『メタルマクベス』disc3 出演者関連作DVDをチェック! ⇒ by かおり(12/12)
        • 「大☆新感線博」販売グッズを一挙ご紹介! ⇒ by 店長(09/11)
        • 「大☆新感線博」販売グッズを一挙ご紹介! ⇒ by tora(09/11)
        • 2014年8月上旬(8/1〜8/15) 売れ筋ランキング! ⇒ by トム(08/25)
        • 「ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII」DVD&Blu-rayのココがすごい vol.4/五右衛門シリーズはすごい!編 ⇒ by おもっちは八丁座(07/10)
        • 「ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII」DVD&Blu-rayのココがすごい vol.1/ブルーレイがすごい!編 ⇒ by にゃんこ(07/08)
        • 「ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII」DVD&Blu-rayのココがすごい vol.1/ブルーレイがすごい!編 ⇒ by はるひろ(06/19)
        • 「ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII」DVD&Blu-rayのココがすごい vol.1/ブルーレイがすごい!編 ⇒ by にゃんこ(06/19)

        ツイッターTwitter

        フェイスブックFacebook

        RSSフィードfeed

        携帯サイトmobile

        qrcode