[ スマホ版へ (※スマートフォン専用) ]


カテゴリー記事一覧


・同カテゴリーの記事が10記事掲載されます。10記事以上ある場合は「次のページ」をクリックして下さい。




こんにちは、イーオシバイスタッフの糸永です。

あっという間に9月!皆様いかがお過ごしでしょうか。
本日は、9/5より東京公演が始まる劇団☆新感線『髑髏城の七人 2011』を記念し、
これまでにDVD化された『髑髏城の七人』のそれぞれ魅力を振り返ります。

7年ごとに繰り返し上演されることで、絶大な人気を博す『髑髏城の七人』。
その世界を、どうぞ堪能して下さい!


----------------------------------------------------------------------
『髑髏城の七人 1997
----------------------------------------------------------------------


【作】:中島かずき【演出】: いのうえひでのり
【出演】: 古田新太 芳本美代子 高田聖子 橋本じゅん
     こぐれ修 逆木圭一郎 粟根まこと

 商品詳細ページ →
コチラ

劇団☆新感線、伝説の舞台が甦る。
市川染五郎氏をして「これぞ現代の歌舞伎」と絶賛せしめた作品がDVDで登場。


1997年に上演され、今なお「このドクロが一番好き!」というファンも多い伝説の舞台。
荒削りの中にも、今の新感線に通じるエンタテイメント性に溢れる作品で、
新感線の主宰・いのうえひでのり氏曰く「現在の新感線のエンタテインメントの出発点」ともなっている記念碑的作品です。

当時、この公演を見た歌舞伎役者・市川染五郎さんが後年の『アオドクロ』出演にすることになるという、新たな出会いが生まれた公演でもあります。

14年前の若き日の古田さんは必見ですよ!


----------------------------------------------------------------------
『髑髏城の七人〜アカドクロ
----------------------------------------------------------------------

【作】:中島かずき【演出】: いのうえひでのり
【出演】:古田新太 水野美紀 佐藤仁美 坂井真紀
     橋本じゅん 佐藤正宏 山本亨 梶原善

   商品詳細ページ → コチラ

古田新太主演・重厚&壮大な『髑髏城の七人』。
04年ドクロイヤーの先陣をきり、
ゲキ×シネ第1弾として全国6都市で映画館上映された作品。

2004年を《ドクロイヤー》と称して、同年・同タイトル・同脚本家・同演出家により、出演者のみ変えての二公演連続上演という、演劇界でも例を見ない画期的な試みを行った新感線。
そのスタートを切ったのが、この『アカドクロ』です。

新感線の看板役者・古田新太さんを主役において、これまでの“いのうえ歌舞伎”にあった歌や踊りを織り交ぜた展開から一転、新感線としての基本は押さえながらもシンプルかつ重厚さが増した舞台で、回を重ねるごとに話題を呼びました。
後年の人間ドラマに重きをおく新感線作品の、先駆けになった作品でもあります。

04年にゲキ×シネ第一弾としても上映され、話題となりました。


----------------------------------------------------------------------
『髑髏城の七人〜アオドクロ
----------------------------------------------------------------------

【作】:中島かずき【演出】: いのうえひでのり

【出演】:市川染五郎 鈴木杏 池内博之 高田聖子 三宅弘城
     粟根まこと 高杉亘 川原和久 ラサール石井
     佐藤アツヒロ

   商品詳細ページ → コチラ

市川染五郎主演・ファット&ゴージャスな『髑髏城の七人』。
04年ドクロイヤーの最後を飾り、
05年ゲキ×シネ第2弾として全国12都市で映画館上映された作品。

《ドクロイヤー》として続いて上演された『アオドクロ』。
新感線と松竹がタッグを組んだ「Inouekabuki Shochiku-mix」の第四弾として、
歌舞伎役者・市川染五郎さんを主役に迎えた本作。
超豪華なキャスト&それを支える新感線メンバーによる歌あり、踊りあり、ファット&ゴージャスなド派手な舞台は、これぞザ・新感線と言われる舞台となりました。

04年の上演当時は東京でしか公演がされなかったために、
その後のゲキ×シネ全国上映などでも非常に多くの方にご来場頂きました。

個人的には染五郎さんの天魔王が、二幕冒頭で見せる舞が格好良くて大好きです。



----------------------------------------------------------------------
『ドクロBOX
----------------------------------------------------------------------

【収録作】:『髑髏城の七人〜アオドクロ』
      『髑髏城の七人〜アカドクロ』
      『髑髏城の七人 1997』
        特典ディスク

   商品詳細ページ → コチラ

新感線の代表作「髑髏城の七人」を堪能しつくせるコンプリートボックス。

何と言っても特筆すべきは、秘蔵映像を集めた「特典ディスク」。
こちらには『髑髏城の七人』の原点となった初演(90年)版の特別編集映像(ダイジェスト版)が収録。
加えて、古田新太vs市川染五郎対談、「髑髏城の七人」の名シーン《百人斬り》の比較映像等、いのうえひでのり氏が語る「ドクロ」等々今ではここでしか見ることのできない、まさにレア映像が満載です!

『髑髏城の七人』を骨の髄までしゃぶりつくしたい方に、オススメです!
※本商品は9/1現在品薄の為予約扱いとなっております。9/9に再入荷予定です。


----------------------------------------------------------------------

以上こちらのラインナップに加え、9/5(月)からは『髑髏城の七人 2011』のサントラCD期間限定で取扱いスタートします

◎『髑髏城の七人 2011』サントラCD取扱いに関して
→ インフォメーション

こちらもぜひ一緒に楽しんで頂ければ


0



    こんにちは、イーオシバイスタッフの糸永です。

    8月に入り、暑さも本番!
    皆さんはどんな夏を過ごしてますか?

    夏から秋にかけては、注目の舞台もあり、舞台ファンとしては嬉しい限り。
    個人的ヒットだったのが、先日PARCO劇場で観た《劇団、本谷有希子》『クレイジーハニー』

    特に主役の“落ち目の携帯作家”を演じる長澤まさみさんがとても良かった!
    本谷作品らしい、かなりぶっ飛んだ主人公なのですが、
    それを初舞台となる長澤さんがかなり弾けて演じていて、必見。

    ◎『クレイジーハニー』 公式サイト → コチラ(pcのみ)


    そこで、今回は《劇団、本谷有希子》関連DVDの中から、本谷VS女優ともいうべき作品を
    いくつかピックアップして紹介して行きたいと思います!


    『クレイジーハニー』を観た方も、これから観る方も、
    観ようかどうしようか迷っている方も、この機会にぜひこちらのDVDを観て、
    本谷ワールドをご堪能下さい


    ----------------------------------------------------------------------
    『甘え
    ----------------------------------------------------------------------

    甘え  【作・演出】:本谷有希子

      【出演】:小池栄子 水橋研二 安藤玉恵 広岡由里子 大河内浩

      商品特集ページ  PC → コチラ  /携帯 →コチラ

    「私にとって、お父さんはかわいそうなのに憎いんだ。」
    変わりたい自分、変わらない価値観。
    それは、生まれ変わる為に必要な儀式だった。

    まずご紹介するのは、小池栄子さんを主演に迎えた『甘え』
    《劇団、本谷有希子》10周年記念作品として2010年に青山円形劇場で上演されました。

    本作の主人公・順(小池栄子)は、これまでの過剰な自意識を炸裂させる
    本谷作品の主人公達とは違い、かなり内向的な性格。

    ただその内面にはやはり色々と葛藤を抱えており、それがセリフや表情の中に垣間見えます。
    TV等で明るいキャラクターのイメージが強い小池さんですが、本作では痛々しい程の
    渇望を描く女性像を、とても丁寧に演じられていて、とても魅力的です。

    本谷さん、小池さんともに、この作品では新たな顔をご覧頂けると思います。



    ----------------------------------------------------------------------
    『幸せ最高ありがとうマジで!
    ----------------------------------------------------------------------

    ありまじ  【作・演出】:本谷有希子

      商品一覧ページ  PC→ コチラ  / 携帯→コチラ
        

    あの、本谷有希子が作・演出!
    あの、永作博美が最ッ高に理不尽な女を熱演!!
    しかも、安齋肇×しりあがり寿×本谷有希子による音声解説付!

    次にご紹介するのは、永作博美さんを主演に迎えた
    『幸せ最高ありがとうマジで!』(2008年公演)。

    本作で何と言っても特筆すべきは、主人公・明里を演じる永作さんのキレっぷり!
    こんな女性が側にいたら大変!という、リアルな感情を呼び起こしてくれます。

    平凡な一家が、その裏で抱える様々な問題を、一人の女性の出現で暴かれていく…。
    その仮定は笑えもしますが、ある意味恐怖でもあります。

    演技派女優としても名高い永作さんの、こんなに“わるい”笑顔は、
    そうそうお目にかかれないのではないでしょうか。



    ----------------------------------------------------------------------
    『偏路
    ----------------------------------------------------------------------

      【作・演出】:本谷有希子

      【出演】:近藤芳正 馬渕英俚可 池谷のぶえ 加藤啓 江口のりこ 吉本菜穂子

      商品一覧ページ  PC→ コチラ  / 携帯→コチラ

    「劇団、本谷有希子まさかのホームドラマ!
    家族全員に猛反対されながらも、どうしても東京に行きたいと
    わがままを貫き通して、9年目。
    「お父さん、あのね、実は私、都落ちしたいの…!」

    最後にご紹介するのは、馬渕英俚可さん主演の『偏路』(2007年公演)。
    馬渕さんは本作で《劇団、本谷有希子》には2本目の出演となります。

    他人からの根拠のない善意が受け入れられない若月(馬渕英俚可)と、
    自分本位で切れやすい、かなりエキセントリックな父親(近藤芳生)とのやりとりが秀逸。

    この二人が揃うことで、周りの人間達からどんどんと「善意」の仮面が剥がれていく様は
    見ていて爽快ですらあります。

    馬渕さんのどてら姿が、また可愛いんです(笑)。


    ----------------------------------------------------------------------


    以上です。
    本谷さんの作品に出られる女優さんは、他の作品では見られない、
    新しい姿・表情を見せてくれるように思えます。

    今大注目の若手女性作・演出家と、演技派・実力派女優のがっぷり四つに組んだ作品を、
    どうぞお楽しみ下さい!!


    ★劇団、本谷作品のDVDシリーズはコチラから
     PC → コチラ / 携帯 → コチラ


    0



      こんにちは、イーオシバイスタッフの糸永です。


      さて6月に入り、いよいよゲキ×シネ『薔薇とサムライ』の公開も間近となりました。
      6/25(土)より、全国40館以上での上映です!
      皆さま、前売券の準備はOKですか?

      今回は初日に主演の古田新太さん天海祐希さんが登壇される舞台挨拶もあり、
      なんとその様子が全国20館でも生中継上映されます!
      ぜひ一緒に盛り上げていって下さいね。


      さて本日は、その古田さんと天海さんの出演作から
      その魅力がギュッと詰まった1本を紹介していきたいと思います。

      どちらも過去このコーナーで紹介している作品ですが、
      今この作品を取り上げずしてどうする!ということで再登場です。

      ゲキ×シネ『薔薇とサムライ』をジリジリとお待ちの皆さん、
      どうぞDVDを見てテンションを上げて 待ってて下さい



      ----------------------------------------------------------------------
      『五右衛門ロック
      ----------------------------------------------------------------------

        作: 中島かずき/演出: いのうえひでのり
       出演:古田新太 松雪泰子 森山未來 江口洋介
          川平慈英 濱田マリ 橋本じゅん 高田聖子 粟根まこと
          北大路欣也 他
       商品一覧ページ → コチラ

      歌あり踊りあり、笑いも涙もてんこ盛り
      豪華キャストも大集合の、劇団☆新感線流ロック活劇!

      まずご紹介するのは、古田新太さん主演の『五右衛門ロック』です!

      《五右衛門シリーズ》の第1弾として07年に東京・大阪で上演、
      ゲキ×シネとしても08年に全国で上映され、大いに話題となりました。

      天下の大泥棒・石川五右衛門が、小さい日本を飛び出して、南海の孤島で大暴れ!
      五右衛門を手玉にとる美女に、しつこく追いかけ回すライバル、
      怪しい南蛮商人に、謎の島で暗躍する悪党に、愁いを帯びた王子、
      そして全てをの謎を背負う、恐怖と力で君臨し、男も女も魅了する大王・・・。

      読むだけでも、ワクワクする内容でしょう?
      この破天荒な物語を、当代きっての千両役者達が結集し、
      生バンドが演奏するロックのリズムに乗せてお届けする本作。

      もう何というか、「これぞエンターテインメント!」というに相応しい、
      全てがゴージャスな作品です




      『薔薇とサムライ』と同じく五右衛門が主人公ですが、
      この2つはいわばパラレルストーリー。
      お話し的には繋がりは無いのですが、でも絶対に『五右衛門ロック』を
      見ていた方が『薔薇とサムライ』をより一層楽しめることは間違いありません
      まー、何と言っても石川五右衛門役の古田新太さんがかっこいい

      思わず拳を振り上げたくなるくらい、きっとノリノリで楽しめる作品ですよ!



      ----------------------------------------------------------------------
      『阿修羅城の瞳 2003
      ----------------------------------------------------------------------

         作: 中島かずき/演出: いのうえひでのり
       出演:市川染五郎 天海祐希 夏木マリ 高田聖子 橋本じゅん
          小市慢太郎 近藤芳正 伊原剛志 他

       商品詳細ページ →
      コチラ

      恋をすると、鬼になる――
      “いのうえ歌舞伎”の傑作舞台、豪華キャストで登場!

      つづいてご紹介する作品は、天海祐希さん出演の『阿修羅城の瞳2003』

      87年に初演、00年に再演、そして03年にも再演されたこの人気作は、
      まさに新感線の代表作の一つと言える作品です。

      03年版の本作は、主役に市川染五郎さん、ヒロインに天海祐希さんを迎えて
      東京・大阪で上演、熱狂的な注目を集めました。


      当時、まだイーオシバイの演劇DVDスタイルや、ゲキ×シネと言った新たな可能性が
      確立されていない中、それでもDVD化にあたっては「舞台版を見ていない人にも
      楽しんでもらう」ということを目標に映像を作成。

      そのクオリティの高さに、演出のいのうえさんをして「家宝にしても良い」と
      言わしめた作品になりました




      物語後半、鬼へと変じる天海祐希さんの、その目力と圧倒的な
      “人ではない美しさ”は、
      見ていて思わず息をのむ迫力

      『薔薇とサムライ』の女海賊&女王とはまた違う魅力に溢れた天海さんは必見です。
      テレビや映画での天海さんしか知らない人がいたら、絶対に観て欲しい1本。
      舞台上で光り輝く「天海祐希」をご堪能下さい!


      ----------------------------------------------------------------------

      以上です
      ゲキ×シネの大スクリーンも良いですが、一人であるいは仲間と一緒に、
      ゆっくり家で楽しむDVDも良いものです。

      ゲキ×シネ『薔薇とサムライ』公開前に、
      ぜひ皆さんのバラサム度をアップしておいて下さいね


      ゲキ×シネ『薔薇とサムライ』 公式サイト

      ★新宿バルト9における【初日舞台挨拶】のチケット詳細  コチラ

      ★全国20館の映画館における【生中継上映】の詳細  コチラ


      0



        |< << 前のページ | 169 / 182 ページ | 次のページ >> >|

        ピックアップ特集pick up



        天海祐希関連作DVD
        堺雅人関連作DVD

        ページランキング

        カテゴリーcategory

        アーカイブarchive

        記事を検索search

        コメントcomment

        • 「大☆新感線博」販売グッズを一挙ご紹介! ⇒ by 店長(09/11)
        • 「大☆新感線博」販売グッズを一挙ご紹介! ⇒ by tora(09/11)
        • 2014年8月上旬(8/1〜8/15) 売れ筋ランキング! ⇒ by トム(08/25)
        • 「ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII」DVD&Blu-rayのココがすごい vol.4/五右衛門シリーズはすごい!編 ⇒ by おもっちは八丁座(07/10)
        • 「ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII」DVD&Blu-rayのココがすごい vol.1/ブルーレイがすごい!編 ⇒ by にゃんこ(07/08)
        • 「ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII」DVD&Blu-rayのココがすごい vol.1/ブルーレイがすごい!編 ⇒ by はるひろ(06/19)
        • 「ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII」DVD&Blu-rayのココがすごい vol.1/ブルーレイがすごい!編 ⇒ by にゃんこ(06/19)

        ツイッターTwitter

        フェイスブックFacebook

        RSSフィードfeed

        携帯サイトmobile

        qrcode