[ スマホ版へ (※スマートフォン専用) ]


カテゴリー記事一覧


・同カテゴリーの記事が10記事掲載されます。10記事以上ある場合は「次のページ」をクリックして下さい。






“送料無料&プレゼントキャンペーン”終了
期間中にもっとも売れた作品を発表!
ゲキ×シネ関連グッズ 当選者発表!



E!マガ発行400号を迎えることができました。
これも一重にE!マガをご愛読くださっている皆さまのおかげです!

そこで、日頃のご愛顧に感謝を込めて実施した“送料無料&プレゼントキャンペーン”。
これまた多くの皆さまにお買いものいただきました!

ゲキ×シネ関連作、新作公演、再演など演劇界隈の話題作がランクイン!

そこで、本日はランキング特別編、
「送料無料&プレゼントキャンペーン期間・売れ筋ランキング」を発表いたします!!







『阿修羅城の瞳2003』DVD


『轟天BOX』DVD

『アテルイ』DVD

『髑髏城の七人 -special edition-』DVD

『サイケデリック・ペイン』DVD

『薔薇とサムライ -special edition-』DVD

『ZIPANG PUNK〜五右衛門ロック3』BD -special edition-

『五右衛門ロック -special edition-』DVD

『髑髏城の七人』DVD

『阿修羅城の瞳2000』DVD




1位は「阿修羅城の瞳2003」DVD!!

ゲキ×シネ「阿修羅城の瞳2003」が絶賛上映中とあって、
DVDオリジナル版が、見事1位!



阿修羅城の瞳2003 舞台写真
「阿修羅城の瞳2003」DVDより

10位には、『阿修羅城の瞳2000』もランクイン!
4月4日に行われたゲキ×シネ『阿修羅城の瞳2003』舞台挨拶にて、
天海祐希さんが・・・

2000年版のビデオを持っていたが、悔しくてみれなかった。
そして、やっちゃん(※)のつばきは素敵でした!
変えようと思ったわけじゃないんですけど、
やっちゃんのいいところを吸収させてもらって、
私なりの つばきができたらいいなと思って演じました。
※『阿修羅城の瞳』2000年版では、富田靖子さんがつばき役で出演。)
(※ゲキ×シネ公式ブログのレポート参照/詳細は、下記よりチェック!)


◎市川染五郎、天海祐希登壇!ゲキ×シネ『阿修羅城の瞳2003』舞台挨拶


と、仰られてほど、『阿修羅城の瞳2000』も素晴らしいんです!

戯曲など関連作品も好評!
色んなか角度から楽しめる作品なのです。


◎『阿修羅城の瞳』関連商品一覧




2位は「轟天BOX」DVD!!


劇団☆新感線35周年オールスターチャンピオンまつり「五右衛門vs轟天」の
影響であることは間違いありません!!




「轟天BOX」DVDより

新感線の大人気キャラクター古田新太さん演じる「五右衛門」のお相手は、
新感線ファンから愛される橋本じゅんさん演じるテッパンキャラ「剣轟天」!
ついに帰ってくる橋本じゅんさん演じる「剣轟天」!


◎劇団☆新感線35周年オールスターチャンピオンまつり「五右衛門vs轟天」



剣轟天は、新感線のネタもの傑作「ドラゴンロック」シリーズの主役。
「ドラゴンロック」シリーズは過去に3作上演、
それらを3作を網羅したのが、『轟天BOX』DVD!

「五右衛門vs轟天」を観る前に、「剣轟天」とはなんぞや?!と
チェックされる方、そしてガッツリ「剣轟天」ファンになられている方が
急増中のようです!
頭をからっぽにして、爆笑してもいーんじゃない!?(剣轟天風)



3位は「アテルイ」DVD!!


岸田國士戯曲賞を始め朝日舞台芸術賞・秋元松代賞を受賞するなど、
演劇界に旋風を巻き起こした伝説の舞台『アテルイ』!




「アテルイ」DVDより

市川染五郎さんと劇団☆新感線のタッグ。
2000年8月に上演されて大きな反響を巻き起こした『阿修羅城の瞳』に続く
「Inouekabuki―Shochiku-mix」第二弾として、
中島かずき作、いのうえひでのり演出にて2002年に新橋演舞場で上演。

古典歌舞伎の上演でもあまり頻繁には使用されない
両花道を使ったいのうえ演出は、大喝采を浴び
岸田國士戯曲賞を始め朝日舞台芸術賞・秋元松代賞を受賞するなど、
演劇界に旋風を巻き起こした伝説の舞台『アテルイ』!


そして、13年の時を経て、今年の夏・歌舞伎化決定!

◎2015年7月「アテルイ」が歌舞伎「阿弖流為」として甦る!


阿弖流為役には、『アテルイ』同様市川染五郎さん!
これは、注目されて当然です!


◎『アテルイ』関連商品一覧



五右衛門ロックシーズ関連作品、全てランクイン!!

10位以内に、五右衛門ロックシーズ関連作品である
『五右衛門ロック』、『薔薇とサムライ』、『ZIPANG PUNK』
全てランクイン!!




「五右衛門ロック」DVDより


2008年夏、圧倒的人気を誇る劇団☆新感線が、
東京・大阪を熱狂の渦に巻き込んだ舞台、新感線☆RX『五右衛門ロック』。
「2008年、真夏の奇跡」と称された舞台は、多くの方を虜にしていくのです!




「薔薇とサムライ」DVDより

エンターテインメントを愛する人々が熱狂した『薔薇とサムライ』は!
大ヒット作『五右衛門ロック』のパラレルストーリー。

なんといっても、古田新太 × 天海祐希の顔合わせが実現!

新感線作品2度目の出演となる天海祐希さんは、
勇ましい海賊から華麗な女王まで様々な衣裳をまといながら、
古田五右衛門とともに、舞台を縦横無尽に暴れまわり、
観ている人を歓喜に誘いました!




ZIPANG PUNK」DVDより


お気楽!テキトー!超GOIN!
メイド・イン・ジャパン!の最狂エンターテインメント!
観る者を熱狂させる圧倒的な《エンターテインメント性》で魅了した
シリーズ第3弾『ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII』!

古田新太さん、三浦春馬さん、蒼井優さんをはじめとする
豪華出演陣が勢揃い!
破天荒なストーリーと、迫力の殺陣に歌も踊りもてんこ盛り、
笑いもタップリでとにかく観る者を飽きさせない傑作!

もちろん、全てゲキ×シネ作品です!

◎ゲキ×シネDVD特集ページはコチラ





ゲキ×シネグッズプレゼント!
当選者発表!


A賞 <1名様>
ゲキ×シネ12作品の中からお好きなDVD

--------------------------
☆兵庫県:Y・Sさま
--------------------------


B賞 <2名様>
ゲキ×シネ『蒼の乱』ペアご招待券

--------------------------
☆愛知県:K・Nさま
☆福岡県:O・Hさま

--------------------------


C賞 <2名様>
ゲキ×シネ『阿修羅城の瞳2003』『蒼の乱』B2ポスター(2枚セット)

--------------------------
☆神奈川県:K・Nさま
☆埼玉県:H・Yさま

--------------------------

※イニシャルは、姓・名の順に表記させて頂きます。



おめでとうございます!
商品は発送をもってかえさせていただきます。


-----------------------------------------------------

演劇界隈で話題の作品の関連商品が、ドドドーっとランクイン!


やはり、送料を気にせず1本から注文できるせいか、
「今、もっとも興味がある」作品を、
気軽にお買い物いただけたようです!

あなたの気になる作品は、ございましたか?


JUGEMテーマ:演劇・舞台
0





    (2015年1月6日追記)
    福袋は好評につき完売致しました!ありがとうございました!
    全商品を対象にした《送料無料》は引き続き展開中です!

    そして!この大好評にお応えし、
    キャンペーン期間を1日だけですが、延長させて頂きます!
    <開催期間:1月7日(水)迄 ⇒ 8日(木) 23:59 迄!!>

    どの商品も送料を気にせずに手軽に入手できるチャンスです!
    どうぞこの機会をお見逃しなく!

    ◆  ◆  ◆

    新年あけまして、おめでとうございます!てんちょーです!

    昨年はイーオシバイドットコムをご愛顧頂き、誠にありがとうございました。
    今年も新作・旧作関わらず、皆さまに「面白い!」と言ってもらえる舞台作品を、
    一つでも多くご紹介&ご案内できたらと思っています。
    どうぞ引き続きよろしくお願いいたします。

    と、言うわけで!
    まずは年明け一発目の企画として、
    《新春!お年玉キャンペーン!》が始まりました!

    期間は本日1月1日元日(木・祝)から1月7日(水)1月8日(木)まで
    (好評に付き1日延長が決定いたしました!)
    皆さんの演劇ライフをさらに盛り上げるこの機会を、どうぞお見逃しなく!

    詳しくは以下を御覧ください!


    ☆*:.。.。.:*・☆゜・*:.。.。.:*・☆゜・*:.。.。.:*・☆*:.。.。.:*・☆

    お年玉キャンペーン![第弾]

    全商品 送料無料!

    ☆*:.。.。.:*・☆゜・*:.。.。.:*・☆゜・*:.。.。.:*・☆*:.。.。.:*・☆
    □■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    期間:1月1日元日(木・祝)〜1月7日(水) 1月8日(木)
    備考:通常のご購入手続きで、自動的に送料が無料となります。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

    通常イーオシバイでは、1万以上で送料無料のところ、
    期間中全商品を対象に、送料無料とさせて頂きます!

    500円の商品でも、1,000円の商品でも、何でもかんでも1点から送料無料です!
    「見ようかどうしようか」迷っていた作品&商品があるなら、
    どうぞこの機会にゲットしてくださいね!



    ★とりあえず、一覧から商品を見てみる
     商品一覧ページ

    ★最新作だけ商品を見てみる
     新作一覧ページ

    ★特集ページがある作品を探してみる
     特集ページ一覧

    ★気になる役者さんの出演作を探してみる
     出演者リスト検索



    ☆*:.。.。.:*・☆゜・*:.。.。.:*・☆゜・*:.。.。.:*・☆*:.。.。.:*・☆

    お年玉キャンペーン![第弾]

    イーオシバイの店長(てんちょー)が勝手にチョイス
    てんちょい福袋3連発!!

    ☆*:.。.。.:*・☆゜・*:.。.。.:*・☆゜・*:.。.。.:*・☆*:.。.。.:*・☆
    □■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ☆完売いたしました!☆
    期間:1月1日元日(木・祝)〜1月7日(水)
    備考:数量限定の福袋に付き売切れ御免です!
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

    新しい年、新しい感動&新しい作品との出会いをお届けすべく、
    てんちょーが勝手におすすめ商品をチョイス、
    「てんちょい」と称して、とてもお得な福袋にしました!

    大事な袋はいつでも3つ!ということで福袋は3つ用意!
    あなたのアンテナにビビビッと響いた福袋を、ゲットしてくださいね!
    数量限定なので、無くなり次第終了です!




    てんちょい福袋A
    <はじめての劇団☆新感線>

     商品ページへ(完売しました)
    □■━━━━━━━━《てんちょい福袋Aの中身》━━━━━━━━━

    【ネタもの】から『レッツゴー!忍法帖』DVD
    【音もの】から『SHIROH』DVD
    【いのうえ歌舞伎】から『アテルイ』DVD

    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    通常 ¥20,985(税込) → キャンペーン価格 ¥15,000(税込)
    本数:限定 10本
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

    今年2015年で35周年を迎える劇団☆新感線。
    新感線の作品は大きく
    【ネタもの】
    【音もの】
    【いのうえ歌舞伎】
    という3つのジャンルに別れるのですが、
    各ジャンルから1作ずつ勝手にセレクト。
    劇団☆新感線ってどんなだろう?
    最近の作品は見たことがあるけど過去の作品は未見だ
    という方の為に、おすすめな福袋です!
    これであなたも、新感線通(ツウ)!



    福袋の詳細はコチラから
     商品ページへ(完売しました)






    てんちょい
    福袋B

    <日本演劇の歴史的傑作特選!>

     商品ページへ(完売しました)
    □■━━━━━━━━《てんちょい福袋Bの中身》━━━━━━━━━

    【三谷幸喜作品】から『笑の大学』DVD
    【鴻上尚史作品】から『朝日のような夕日をつれて91』DVD
    【野田秀樹作品】から『赤鬼』DVD

    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    通常 ¥16,083(税込) → キャンペーン価格 ¥12,000(税込)
    本数:限定 7本
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

    80年代から90年代初頭にかけて巻き起こった小劇場ブーム。
    そしてその後に続く演劇業界を語る上で、
    てんちょーがどーしても外せない!と思っている3大巨頭
    【三谷幸喜作品
    【鴻上尚史作品
    【野田秀樹作品
    のお三方の作品から、「絶対にこれは見とけ!」
    という作品を勝手にセレクト。
    日本演劇の歴史的傑作であり、
    これを見ずに演劇ファンは名乗れません。
    今なお感動と興奮を与えてくれる作品ばかりです!



    福袋の詳細はコチラから
     商品ページへ(完売しました)





    てんちょい
    福袋C

    <個人的おすすめセレクト>

     商品ページへ(完売しました)
    □■━━━━━━━━《てんちょい福袋Cの中身》━━━━━━━━━

    『遭難、』DVD
    『パリアッチ』DVD
    『鮫に喰われた娘』DVD

    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    通常 ¥13,883(税込) → キャンペーン価格 ¥9,500(税込)
    本数:限定 7本
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

    「何かおすすめの作品ないですか?」と
    聞かれる事が多いてんちょーですが、
    「あんまり大きな劇場じゃないけど、その分熱量が伝わるヤツ」
    「ストーリーでしっかり楽しませてくれる作品」

    で選ぶならこの3作をチョイスしてます。
    かなり、自信のあるチョイスです!

    もし、あなたがこの3作見たことが無いなら、
    この機会にぜひ!



    福袋の詳細はコチラから
     商品ページへ(完売しました)




    以上です!

    こいつは春からエンギがイイね!ということで、どうぞこのキャンペーンで、
    新たなお気に入りを見つけてみて下さいね!

    それでは今年もよろしくお願いいたします!





    ☆注意
    ・本キャンペーンの内容は、予告なく変更・終了する場合がございます。
    ・イーオシバイドットコムは1月4日(日)まで冬季休業中です。ご注文頂いた商品の発送は1月5日(月)以降随時となります。



    0



       こんにちは!てんちょーです。
      ついに『ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII』BD&DVDが発売しました!

      ◎『ZIPANG PUNK』BD&DVD 特集ページ → コチラ

      既にお楽しみいただいている方も多いようで、ありがとうございます!

      そして、お待たせしました!

      先週、速報でお伝えした・・・
      『ZIPANG PUNK』発売記念!<ZIPANG PUNKレビュー祭り>
      先週、速報でお伝えしてから、早速レビューをご投稿いただいております!
      反響をいただき嬉しい限り!

      ※頂いたレビューはこちらからご覧頂けます。
       ◎BDスペシャルエディション レビュー → コチラ
       ◎DVDスペシャルエディション レビュー → コチラ
       ◎DVD通常版 レビュー → コチラ


      ZIPANG PUNK』BD&DVDの発売を・・・

      イーオシバイのお客様と一緒に楽しみたい!!!
      そして、どうにか感謝の気持ちをお伝えしたい!

      という、スタッフの熱い気持ちが突っ走ったこの企画。
      皆さんと一緒に楽しめたらと思っています!
      では、レビュー祭りの概要を発表します!


      『ZIPANG PUNK』BD&DVD
      発売記念企画 始動!

      《ZIPANG PUNK レビュー祭り開催!》

      レビュー王受賞者には、DVDの他にレア福袋?!
      そして、なんとッ!
      レビューを投稿された方全員にプレゼントあり!


      ------------------------------------------------------------------

      ★ZIPANG PUNKレビュー王★ 1名様 
      お好きなDVD1本+<五右衛門福袋?!>

      ★優秀レビュー賞★ 5名様 
      <ZIPANG PUNK グッズ>
      ☆何が届くかはお楽しみ☆


      ★期間中ZIPANGレビューを投稿された方★ 全員! 
      <ZIPANG PUNK オリジナルポストカード>
      ------------------------------------------------------------------

      対象作品
      『ZIPANG PUNK〜五右衛門ロック3』
      “Blu-rayスペシャルエディション”
      “DVDスペシャルエディション”
      “DVD通常版” 

      のいずれか

      ■募集期間■
      ・8月1日(金) 〜 8月31日(日)締切

      ■応募方法■
      ・対象作品の商品詳細ページにある《レビュー投稿ページ》よりご投稿下さい。

      ◎『ZIPANG PUNK〜五右衛門ロック3』レビュー投稿フォーム
       DVD通常版はコチラ / DVD・SPはコチラ / Blu-ray・SPはコチラ

      ・『ZIPANG PUNK〜五右衛門ロック3』BD、DVDの商品詳細ページ内にある
       「レビュー投稿」フォームよりご投稿ください。
      ・投稿されたレビューの掲載までに、2〜3日お時間を頂く場合がございます。
      ・期間中ご投稿頂いたレビューの中から『ZIPANG PUNK』レビュー王を決定!
      ※受賞レビューは、特集ページ・メルマガなどに掲載させて頂きます。
       予めご了承の上、ご応募ください。

      ■ご注意■
      ・後日ご連絡をさせて頂くためメールアドレス必須です。
      ※アドレス不明の場合には、選考対象外となります。ご注意下さい。
      レビューのタイトルニックネーム内容を掲載予定です。

      ------------------------------------------------------------------




      リピドー溢れる熱意で勝負するも良し、勢いとセンスで勝負するも良し、
      一言だけでも長文でも、とにかく何でもOKです!

      BD&DVDを予約された方も、これから購入される方も、ぜひ一緒に参加して、
      共に『ZIPANG PUNK
      BD&DVDを堪能し尽くしましょう!!
      そして、是非、グッズをゲットしてください!

      ちなみに、イーオシバイのスタッフの溢れる“ジパパン愛”は、
      こちらのブログからご覧頂くことができます。

      『ZIPANG PUNK』BD&DVD魅力紹介更新中!  コチラ


      作品の魅力がギュっと詰まった特集ページも必見!
      ぜひ遊びに来て下さいませ!

      ◎『ZIPANG PUNK』BD&DVD・特集ページ  コチラ

      では、皆さんのアツい素敵なレビューをお待ちしております!
      どうぞよろしくお願いいたします。


      JUGEMテーマ:演劇・舞台
      0




        『ZIPANG PUNK』BD&DVDの発売記念企画始動!

        こんにちは!てんちょーです。
        夏真っ盛りですね!夏休み期間中とあって、元気いっぱいの子供達をよく見かけます!

        元気いっぱいなのは、子供達ばかりではありません!
        ついに、歌って踊って大騒ぎ!猛暑をふっとばす勢いで(笑)
        『ZIPANG PUNK』BD&DVDが発売致しました!

        劇団☆新感線<初>のBDだったり、メイキングがドキュメンタリータッチだったり、
        お楽しみ満載のまさにお祭りのような作品!

        これは、皆さまと一緒に楽しみたい!

        そこで・・・

        イーオシバイ恒例のレビュー王(8月)を
        誠に勝手ながら、、『ZIPANG PUNK』レビュー祭りにしちゃいます!
        今月中に『ZIPANG PUNK』のレビューをご投稿していただいた方には、
        祭りならではの特別プレゼントがあるかもです?!

        詳細は、来週発表しますので、しばしお待ちください!
        あ、レビューの投稿は本日より受け付けてますので、どんどん応募して下さい!

        ◎『ZIPANG PUNK〜五右衛門ロック3』レビュー投稿フォーム

         通常版DVDはコチラ / SP版DVDはコチラ / SP版Blu-rayはコチラ

        『ZIPANG PUNK』発売記念企画!

        レビューで賞品ゲット!
        《ZIPANG PUNKレビュー王》始動!


        ご投稿していただいた方には、
        祭りならではの特別プレゼント?!
        詳細は8月14日(木)発表!

        ◎『ZIPANG PUNK〜五右衛門ロック3』レビュー投稿フォーム

         通常版DVDはコチラ / SP版DVDはコチラ / SP版Blu-rayはコチラ

        『ZIPANG PUNK』DVD 魅力に迫るブログ更新中! → コチラ



        0





          こんにちは、イーオシバイスタッフの糸永です。

          本日6月6日(水)、イーオシバイドットコムは正式開店してから10周年を迎えました!
          ※10周年を迎えるにあたり、店長からのご挨拶はコチラから。

          今回のおすすめブログでは、この10年の歴史を商品やチラシで振り返ってみたいと思います。
          いつもとはちょっと切り口の違う記事ですが、どうぞ最後までお付き合いくださいませ。

          ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆

          ◎オープン当初の自社DVDは0本!?1本!?
          ■出発は『野獣郎見参』&『天保十二年のシェイクスピア』!
          まずはこちらのチラシを御覧ください。
          2002年のオープン当時に配布していたDVD一覧チラシです。

           扱っているDVDの数はまだ数本。
           自社のDVDは『野獣郎見参』が見えるだけ。

           しかしこの『野獣郎見参』は、
           もともとは新感線のグッズの1つとして
           既に販売されていたものでした。

           本当の意味でのイーオシバイブランドのDVDは、
           この後に発売される『天保十二年のシェイクスピア』
           初めの1本となるのです。

          商品ページ
          コチラ
          『野獣郎見参』DVD

          野獣郎見参!
          男は殺す、女は犯す。金に汚く、己に甘い。
          傍若無人の物怪野獣郎!

          【作】:中島かずき 【演出】:いのうえひでのり
          【出演】:堤真一 高橋由美子 古田新太

          → 新感線のDVDとして、イーオシバイ開店前に既にDVDになっていた一番古い作品。
           なんと2001年発売。しばらくは商品番号がイーオシバイのものとは違いました。

          商品ページ
          コチラ
          『天保十二年のシェイクスピア』DVD

          井上ひさしの幻の傑作を舞台化!

          これぞ《完全超悪》!!

          【作】:井上ひさし 【企画監修】:鴻上尚史
          【演出】:いのうえひでのり
          【出演】:上川隆也 沢口靖子 古田新太

          → イーオシバイブランドとして、一番はじめに販売された作品。
           なので、商品番号がEODV001なのです。

           
          ◎初BOXは第三舞台、そして豪華ドクロBOXへ!
          ■初のBOXとなる『第三舞台 VINTAGE BOX』
          昨年10年ぶりに復活、そして解散した第三舞台。
          2002年は鴻上さんの「10年封印!」宣言から1年目の年で、その衝撃がまだ余韻として
          強く残っていました。

          そんな時に、サードステージさんと協力して誕生したのが、
          第三舞台の伝説の舞台7作がぎゅっと詰まったこのBOXです。2002年12月に発売でした。

          商品ページ
          コチラ
          『第三舞台 VINTAGE BOX』DVD

          第三舞台の伝説の名作7本が、DVD-BOXで登場!

          【作・演出】:鴻上尚史
          【収録作】:朝日のような夕日をつれて'91/天使は瞳を閉じて/トランス/リレイヤーIII/朝日のような夕日をつれて'97/ピルグリム

          → 収録作の「ピルグリム」は、単品でも販売していなかったお宝作品です。
           現在も根強い人気を誇る作品で、3年後の05年にはパート2となる
           『第三舞台 VINTAGE BOX 2』DVDも発売されました。


          ■取り扱い商品増加!試行錯誤の一覧チラシ。
          2003年は新作のラッシュとなりました。
          『アテルイ』を皮切りに年末に発売された『阿修羅城の瞳2003』までに、
          その年に発売されたイーオシバイブランドDVDは全部で5作!

          とくに『阿修羅城の瞳2003』は、収録から編集までこだわった作品になり、
          その後《ゲキ×シネ》が生まれる下地となりました。

          作品が増えるにつれ、どんどんチラシのデザインが大変になります。
          カタログ的に全部の作品を入れたい!と思うのですが、その工夫がなかなか大変。
          デザイナーさんと頭をひねります。


           ちょっと珍しい横型で、
           上下に見開き型。

           閉じると横長で目立ちました。




           これまた珍しい縦型。
           「御札みたい」と言われたりも。
           この横型/縦型は共に変わった形で目立っていたのですが、
           欠点が1つ。
           とにかく、公演会場で配布するチラシ束から落ちる!!
           ロビーの床にひらひらと舞うチラシを見て、
           ちょっと反省しました。


          ■豪華、フィギュア付きドクロBOXの登場!
          次の大きなターニングポイントは2005年。
          この夏に、イーオシバイはSo-netの演劇ショッピングモール「シアター・スクエア」から独立し、
          大きくリニューアル、店長も2代目となります。

           リニューアルに合わせて予約を開始した
           『ドクロBOX』
           この時はなんとオリジナルフィギュアを
           つけたバージョンも登場!
           かなり熱い展開となりました。

          ←当時のチラシより


          フィギュア自体は予約・数量限定でしたので、今ではかなりレアモノになっているかも?
          『ドクロBOX』は未だ大人気商品で、昨年の「ワカドクロ」公演時には一時的に品薄になるほど。
          ※その節はご迷惑をおかけしました。

          商品ページ
          コチラ
          『ドクロBOX』

          新感線の代表作「髑髏城の七人」を堪能しつくせるコンプリートボックス!

          【作】:中島かずき 【演出】:いのうえひでのり
          【収録作】:髑髏城の七人1997/髑髏城の七人〜アカドクロ/髑髏城の七人〜アオドクロ/特典ディスク


           
          ◎充実のスペシャルエディションが登場!
          ■初のSP版は『メタルマクベス』!
          その後は劇団、本谷有希子シリーズの取り扱い開始をはじめ、
          毎年着実にラインナップが充実していきます。

          そして、06年にイーオシバイブランドとして初の「スペシャルエディション」が、
          『メタルマクベス』で登場しました。

          メタルマクベスSD
          商品ページ
          コチラ
          『メタルマクベス -special edition-』DVD

          鋼鉄のロックスペクタクル!
          クドカン×劇団☆新感線×シェイクスピア。
          衝撃の《新・マクベス》誕生!

          スペシャルエディションでは、通常版には収録しきれない特典映像の数々を楽しめるだけでなく、
          まさに「宝物」として喜んで頂けるよう、より満足度の高い、凝った装丁を目指しました。

          このスペシャルエディション路線はとても好評で、
          この後、多くの商品からスペシャルエディションが誕生していく事になります。


          ■チラシは冊子の時代へ。新てんちょーアヒルの活躍

           『メタルマクベス』の発売に前後して、
           店長近影のキャラとして使用していたアヒル、
           “通称てんちょーアヒル”が代替わりします。
           というわけで、新旧比較画像です(笑)。


          新てんちょーアヒルは、今もサイトやチラシのあちこちに顔を出すので、
          見覚えのある方も多いと思います。
          そのてんちょーアヒルの大活躍の場が、新一覧チラシでした。

          もはや一枚チラシでは収まりきらなくなっていた商品ラインナップに対応するため、
          「どうせなら派手に行こう!」と登場したのが、こちらの新一覧チラシ。

           三枚の見開きに加え、
           ペラを一枚挟み込みました。
           チラシというよりも、
           ちょっとした小冊子並み。
           演劇DVDをこれだけ集めた冊子も、
           珍しいのでは?


          このチラシの表紙に、新てんちょーアヒルが出演。
          というわけで、その後10号に渡り繰り広げられる表紙の展開です。


           ※gifアニメです。

           ・はじめは仲間が増えていく。
           ・途中でスペースが無くなってきたので、
            新てんちょーアヒルにコスプレさせてます。

           この形の一覧チラシは長く続きます。
           09年に3代目店長、そして10年には4代目店長(私ですね)と、
           全部で三代の店長を見守るチラシとなりました。
           
          ※ちなみに、この新てんちょーアヒルとその友達は時間のある時にねちねちと粘土で作りました。

          ◎イーオシバイドットコムのこれから〜
          ■最新チラシは新聞型!広い紙面で見やすいのが特徴です!
          現在、演劇DVDのセレクトショップ《イーオシバイドットコム》では、
          さらにどんどんと取り扱い作品が増えています。

          一覧チラシも、とうとう冊子型でも掲載スペースが限界。
          今の最新号は、通称新聞型になりました。

           「とにかく見やすくいっぱい載せる!」
           を合言葉に作成。
           畳むと小さくなるのもステキ。
           
           こちらチラシは、只今「シレンとラギ」の
           公演会場B1Fの物販会場でも
           置きチラシ中です。


          ■これからも、どうぞよろしくお願いいたします。
          昨年の夏に大きなリニューアルを行ったイーオシバイドットコム。
          リニューアルと同時に、『薔薇とサムライ』の予約を開始。
          この時はアクセスが集中し、大変なご迷惑をおかけしました。

          1年経ちましたが、まだまだサービスが行き届かない部分もあり、
          少しでも使いやすい、新たなお気に入り作品に出会える、
          楽しいサイトとしてご利用頂けるよう、スタッフ一同日々邁進中です。

          DVD製作のイーオシバイブランドとしても、今年に入り『港町純情オセロ』を発売。
          『薔薇とサムライ』『港町純情オセロ』ともに、現在大変ご好評を頂いております。
          これも、皆様のご愛顧の賜もの、本当にありがとうございます。
          今後もさらに見て楽しい、買って楽しい作品を作ってお届けできたらと思います。

          商品ページ
          コチラ
          『薔薇とサムライ』DVD

          これぞ娯楽超大作!!
          歌あり!ダンスあり!笑いあり!アクションあり!

          → 絶大な人気を誇る、通称「バラサム」。人気ランキング1位を邁進中!

          商品ページ
          コチラ
          『港町純情オセロ』DVD

          真っ直ぐすぎた男がはまった、
          嫉妬という名の黒い罠。
          愛はホンマにやっかいや。!

          → 新感線シェイクスピアシリーズ第二弾。新感線のオセローは現代任侠悲喜劇!

          ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆

          以上です。
          私達の紹介する演劇DVDが、ちょつとでも皆様の演劇ライフを豊かにできたら、
          こんなに嬉しいことはありません。

          これからも、どうぞイーオシバイドットコムをよろしくお願いいたします。
          それでは!

          0



            イーオシバイスタッフの糸永です。
            突発企画 “『蛮幽鬼』DVDの次に観るなら?” にご協力いただきまして、
            ありがとうございました!

            急な企画だったにも関わらず、twitterやfacebook、メールなどで本当に多くの方々から
            様々なご意見を頂きました。

            頂いたご意見を読んでいて面白かったのが、
            誰もが「自分なりのオススメの言葉」を持っているということ。
            オススメする作品は同じなのに、とても説得力ある理由を挙げる方がいれば、
            逆に独自のマイルール(!)を展開される方もいます。

            共通しているのは、とにかくその作品に対する愛と熱さは変わらないということ!
            せっかく頂いたご意見ですし、このまま眠らせるのはもったいないので、
            ご意見の一部を抜粋させていただき、集計結果と一緒に紹介させていただきますね!

            さあ、それではご報告させて頂きます!

            オススメ1位・・・『SHIROH

            1位に輝いたのは『SHIROH』
            『蛮幽鬼』と同じく、上川隆也さんが主演ということもあり、強く支持されました。
            『SHIROH』はいわゆるRシリーズという、生バンドが舞台で演奏する「音モノ」の舞台。
            新感線が初めて本格的なロック・ミュージカルに挑戦した、記念碑的作品でもあります。

            “いのうえ歌舞伎”の『蛮幽鬼』とはちょっと毛色が違うかな?と思ったのですが、
            そんなジャンルの違いなど吹き飛ばして、多くの方からオススメされ1位を獲得しました。

            もし『蛮幽鬼』を楽しんでいただいた方で『SHIROH』を未見の方、
            この機会にぜひチェックしてみてくださいね!
            ☆「SHIROH」詳細ページコチラ

            皆さんからのオススメコメントをちょっとだけ紹介
            ※一部修正させて頂いてる場合があります。予めご了承ください。
            (緑の文字はスタッフの感想です)

            ・上川(隆也)つながりで「SHIROH」 〜莉緒さん(twitter)
            →主役つながりはやはり理由としては大きいようです。

            ・土門&飛頭蛮関係ならSHIROHかな。 〜ゆきんこさん(ブログコメント)
            →こちらも主役の上川さんつながり。一番多い意見でした。

            ・上川さんつながりでもありますし、蛮幽鬼に感動されたのなら、
            「SHIROH」のあの切ない感じにもきっと共感されるはず!
            また、音モノの入門編としてもいいと思います 〜メルマガ読者さん(メール)
            →「SHIROH」で音モノ好きになってもらえれば次の作品につながりますね!

            ・上川隆也さんが苦悩する役で出演されている「SHIROH」を、おすすめします。〜くろさん(メール)
            →「SHIROH」の上川さんも素敵です。

            ・上川さんつながりでもありますが大好きな作品だからです。
            再演の際にはぜひ、主役はまた上川さんと中川晃教くんにやっていただきたいです。
            アッキーの、パンチのきいたクリスタルボイスが忘れられませんね。あのまるちり〜!!
            〜メルマガ読者さん(メール)
            →上川さんだけでなく、中川さんの歌声もSHIROHの見所の一つです。

            ・朧(の森に棲む鬼)でぐっと世界観ひたってもらっって、五右衛門(ロック)、
            薔薇サム(薔薇とサムライ)でウキウキしてもらってからの、SHIROH ! 〜akiraさん(twitter)
            →なるほど!流れは大事!

            ・よくよく見ればもう一度練り直して削ってもっと完成品を見たい!と思いますが、
            初めて初日を見た時の感動は今も残っています。
            幕開きから、どんどん引き込まれてゆく客席の空気に興奮したものです。
            その場に共に居る自分に感動すら覚えました。
            本職の歌の素晴らしさ、楽曲の素晴らしさ、そして殺陣の群衆の素晴らしさ、
            四郎の苦悩の芝居、全てが旨く盛り上がって完璧な未完成作品だったのではないでしょうか。
            ゲキ×シネでのコピー「神の声を持つ男」と「神の声を待つ男」には鳥肌が立ちました。
            二人のシローの思いをシンプルに対比させながら、最後の最後に、ただただ胸を熱くさせる
            …。この2本はセットです。
            「阿修羅城の瞳」も含めて、この前後にもいくつかの作品が
            素晴らしいゲストを
            迎えて上演されましたが、
            エンターテーメント性の高いものとして是非<SHIROH>を
            お勧めします。
             〜メルマガ読者さん(メール)
            →まるでレビューのような素晴らしいオススメコメント!ありがとうございました!
            ※本当はもっと長文で頂いたのですがスペースの関係で一部省略させて頂きました


              オススメ2位・・・『五右衛門ロツク&『薔薇とサムライ

            2位は、なんと同数になりました!しかも続きモノというか、同シリーズ。

            というわけで、まずは『薔薇とサムライ』
            舞台としてはもちろん、ゲキ×シネとしても非常に多くの方々から好評のこの作品、
            作風はガラッと変わりますが、『蛮幽鬼』とはまた別の魅力にあふれた、
            これもまたある意味とても「新感線らしい」作品です!
            その「新感線」らしさがオススメされている大きな要因のよう。

            そして『五右衛門ロック』
            『薔薇とサムライ』の前作的作品ですが、歌あり踊りあり笑いあり涙ありで
            まるでお祭り騒ぎのような作品。
            『蛮幽鬼』がシリアスな魅力としたら、この『五右衛門ロック』は、
            弾ける陽気さが魅力です。

            実はこの2作を両方いっぺんに名前を挙げている方も多く、
            そういう意味では、同数2位も当然かもしれません。
            どちらか一方ではなく、ぜひまとめて楽しんで頂きたい作品です!

            ☆「薔薇とサムライ」特集ページコチラ
            ☆「五右衛門ロック」詳細ページコチラ

            皆さんからのオススメコメントをちょっとだけ紹介
            ※一部修正させて頂いてる場合があります。予めご了承ください。
            (緑の文字はスタッフの感想です)

            『薔薇とサムライ』で場外ホームラン級のスッキリ感を。
            上演時期的にも『蛮幽鬼』'09秋→『薔薇サム』'10春で連続していて
            同じ新感線の同じ中島脚本なのにこんなにも違うテイスト!?と驚いてしまったら
            もう新感線スパイラルから抜け出せまい←経験談?(笑) 〜牡丹さん(twitter)
            →新感線スパイラル!(笑)。
            中島さんが書かれる他の作品も気になってきますよね。


            『五右衛門ロック』をオススメします
            ガンガンにお祭り騒ぎなのですが、時々じーんとさせる部分もありのオススメ作品です
            これを生舞台で観て新感線を知り、はまりました 〜メルマガ読者さん(メール)
            →『五右衛門ロック』は今は無き新宿コマ劇場で上演されました。
            その圧倒的なお祭り感が、映像で見ても伝わって来ます!


            五右衛門ロック→薔薇とサムライのコンボ。
            ゴエロクもバラサムも別ベクトルで蛮幽鬼とテイストが似てると思う。 〜巽谷 @ お前は飛べるさん(twitter)
            →この両作品は、やはり連続して見たいですよね!

            新感線の、中島さんの世界観にはまって、舞台で見たかった。。。
            と思って手にしたのが「五右衛門」です

            「五右衛門」の次には「薔薇サム」が待っていますよ! 〜etsukoさん(ブログコメント)
            →中島さんの脚本の幅広さは、ぜひ体感してほしいですね!

              オススメ3位以降をまとめてご紹介

            3位以降はまとめてご紹介。

            3位・・・朧の森に棲む鬼
            4位・・・レッツゴー!忍法帖
            5位・・・アテルイ』『アカドクロアオドクロ
            6位・・・髑髏城の七人1997阿修羅城の瞳2003轟天
            7位・・・
            メタルマクベス
            8位・・・吉原御免状野獣郎見参』『蜉蝣峠』『花の紅天狗
            ※9位以下は、1票ずつ集まるという混沌とした状況でした。作品名のみ記載します。
            『Susanoh』『天保十二年のシェイクスピア』『ANJIN』『阿修羅城の瞳 2000』『Cat in the Red Boots』『IZO』『七芒星』『お気に召すまま』『ろくでなし啄木』『バンパイアストライクスロック』『ジキルとハイド』『下谷万年町物語』『悩殺ハムレット』

            皆さんからのオススメコメントをちょっとだけ紹介
            ※一部修正させて頂いてる場合があります。予めご了承ください。
            (緑の文字はスタッフの感想です)

            「人間の暗いところ」を描く緊迫感と厚い世界観が観たいなら「朧の森に棲む鬼」もオススメ。
            映像のカットも美術も素晴らしい。〜サキヤユリ@L'20 テツマニ。さん(twitter)
            →『朧の森に棲む鬼』はその映像の美しさもオススメポイントです!

            流血と惨殺と負の連鎖を更に堪能すべく
            『IZO』へ行くのもいいんじゃないかと思いました(`・ω・´) 〜ゆゆこさん(twitter)
            →そしてとても切ない物語なんですよね、『IZO』は。

            ズバリ『いのうえ歌舞伎第2章』の口火を切った『吉原御免状』ではないでしょうか。
            (中略)それまで笑いあり涙ありの“THE新感線”に魅せられていた私達を見事に裏切り、
            その上で大きな感動を与えてくれたこの作品は、忘れられない思い出の作品です。〜メルマガ読者さん(メール)
            →より人間ドラマを深く描く“いのうえ歌舞伎第二章”。
            そのスタートとなった『吉原御免状』は必見ですよね!


            でも、私の一押しは「レッツゴー忍法帖」です!!
            これを超えるものは、まだ無いです! 〜メルマガ読者さん(メール)
            →そうなんですか!(笑)

            蛮幽鬼が好きな方なら次は☆朧の森に棲む鬼☆です
             「悪」を「かっこいい」までに引き上げた作品だからです
            蛮幽鬼のどの辺が好きポイントなのかにも寄りますがラストシーンの決意の熱い感じが
            好きなのであればライの悪の熱気も気にいるはずです 〜メルマガ読者さん(メール)
            →『朧の森に棲む鬼』のラストシーンは、
            新感線の作品のでも屈指の名場面だと思います!


            青髑髏→赤髑髏→97年髑髏→90年髑髏→吉原御免状→天保(2002年版)→
            朧→メタルマクベス→
            五右衛門ロック→薔薇とサムライ→蜻蛉峠→野獣郎見参→
            阿修羅城の瞳(2000)→アテルイか?

            でもこの途中に忍法帖、轟天boxも入れて見るなぁ私。〜kumix_jpさん(twitter)
            →おおお!なんというストーリー的オススメ。
            徐々に「新感線好き」の深み?にはまっていく感じです・・幸せな深みだ(笑)

            ちょっと前の作品になりますが『アテルイ』男の友情いいですね 〜ゆかちさん(twitter)
            →『アテルイ』は今回、前半でかなり票を集めました。
            後半ちょっと勢いが落ちてしまいましたが、もちろん面白さには遜色ない傑作です!

            逆に、レッツゴー!忍法帖 or 轟天。
            シリアス→おポンチ→シリアス→おポンチ… のループに誘い込みたいですねw 〜ぎんぽめさん(twitter)
            →まるで、辛い〜甘いのコンボで食欲が止まらない!みたいな。素晴らしい!
            ※ぎんぽめさんのコメントは2つにわかれていたのをまとめて表記させて頂きました。


            「朧の森に棲む鬼」か「アテルイ」か「阿修羅城の瞳」あたりですかね。
            中島さん作品の中でも濃厚な人間ドラマ路線の作品群だと思います。 〜ERIKさん(twitter)
            →イーオシバイでも人気の3作です!

            感動ポイントがどこらへんか、ですが・・『SHIROH』かなあ。。。
            音楽劇系がダメな人も居るから悩むわw 〜pigrina☆さん(twitter)
            →「感動ポイント」なるほど。次回の参考にさせて頂きます。

            髑髏box→五右衛門→メタマク(メタルマクベス)→薔薇サムくらいで安定してきた頃に
            レッツゴー(レッツゴー!忍法帖)辺りをそっと薦めたい 〜海治さん(twitter)
            →なんだか素直に『レッツゴー!忍法帖』を進める方が少ないのは気のせい?

            いのうえ歌舞伎といえば97(髑髏城の七人1997)です。はい。
            アオアカドクロのがスケールデカいけど。97のが好き。〜莉緒さん(twitter)
            →良いですよね『髑髏城の七人1997』。若さと勢いがあります!

            七芒星もいいな〜と思います。何度見ても聖子さんの高笑いは素敵です。〜facebookより
            →私は七人の英雄が高らかに歌い上げるシーンが大好きです!

            お話の時代がなんとなく遣唐使とか遣隋使っぽいから、さらに時代を遡って『Susanoh〜魔性の剣』がいいかなぁ。蛮幽鬼の救われなさを考えると、明るめの話で中和させたい。おポンチ系轟天もいいけど、花の紅天狗もいいじゃない。〜べーたんさん(twitter)
            →『Susanoh〜魔性の剣』は『劇団☆新感線 20th Century BOX』に収録。
            個人的には『花の紅天狗』を多くの人に見てもらいたいです!




            ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

            いかがでしたか?
            順位の方は同位が多いことからもわかる通り、実はかなり接戦でした。
            ただやってみて分かったのですが、大切なのは順位ではなくて、実はみなさんから頂いた、
            一つ一つのオススメコメントなんですね。
            心惹かれるオススメコメントがあれば、その作品に興味を持っていただけるわけで、
            「次に見る作品」をどれにするかを判断する、大きな指針になったような気がします。
            皆さんのご協力に、改めてお礼申し上げます!

            そのコメントですが、今回ご紹介したのは、ほんの一部。
            スペースの都合上、全部掲載できなくてすいません!

            また機会があれば同様の企画を再びできればとおもいます。
            もし皆さん、あるいは皆さんの周りに、「次何見ようかな?」
            「こっちの作品とあっちの作品、どちらが私に合うかな?」等と悩んでいる方がいれば、
            メールやtwitter、facebook等でお気軽にイーオシバイまでお問い合わせください!
            ★その時は、また皆さんにご協力をお願いさせて頂きたく…!

            それでは今後もよろしくお願いいたします!


            ※今回議題となった『蛮幽鬼』の詳細はコチラ/未見の方はチェックしてみてください!
            詳細ページ
            コチラ
            『蛮幽鬼』DVD

            復讐が、その男のすべてだった―――
            「モンテ・クリスト伯」をモチーフに、
            豪華キャスト&新感線でお送りする復讐譚の傑作舞台がDVDで登場!




            0




              ※「蛮幽鬼の次に見るなら」のご意見募集は、4/15をもちまして終了いたしました。
               たくさんのご意見ありがとうございました!
               頂いた結果は近日中に集計し、本ブログで発表させて頂きますのでどうぞお楽しみに!


              -------------------------------------------------------------


              イーオシバイスタッフの糸永です。
              突然ですが、新企画です!

              本日配信のメールマガジン「E!マガ」にも記載させて頂きましたが、
              ぜひ皆さんの経験と知識とセンスのお力をお貸し頂ければ……という、
              ちょっと他力本願企画を実施いたします。
              どうぞ、よろしくお願いいたします!


              ◎お知恵拝借!『蛮幽鬼』DVDの次に観るなら?

              さて、イーオシバイのお客様窓口には「オススメ作品は何?」といったご質問が
              よく寄せられます。

              作品の好みは千差万別で、そもそも《正解》は存在しないとは思います。
              とはいえ、せっかくのご質問ですし、少しでもその意に沿ったご返答をさせて頂きたいと、
              毎回スタッフは頭を捻っています。


              そんな中、先日も『蛮幽鬼』DVDをご覧頂いたお客様より、

                 『蛮幽鬼』を観てとても感動したので、
                 この機会にぜひ他の作品もDVDで観たいのだが、

                 どれを観たらよいかわからない。オススメ作品はあります?

              という質問をいただきました。
              今回もお返事させて頂くにあたり、スタッフ間で意見交換をしてみました。
              すると、まあ出るわ出る。

              ・作風から似たものをすすめるジャンルオススメ派
              ・出演者の関連作ですすめるのが王道と言うキャスト主流派
              ・新感線なら音モノも見てほしい!という個人の思いで押し切るオレが好きなのが一番派
              ・時代劇作品として他の劇団・演出家の有名どころを勧めてみるという浅く広く派
              などなど。

              この時は「ひとつの意見として」作品をいくつかご案内させて頂きましたが
              少ない人数でも様々な作品が飛び出して面白かったです。

              でも、もしかしたら私達が見落とした作品があるかもしれません。
              あるいは、別の見方で、さらにその作品をオススメする理由があったかもしれません。

              そのあたりを、もっと掘り下げられたらな、と思いました。
              そこで!この機会に皆さんにも、ご協力をお願いできればと思いました。


              皆さんなら『蛮幽鬼』をご覧になった方から、
              同様のご質問をされた場合どのようにお返事されますか?
              どんな作品をオススメしますか?

              ぜひ、ご意見をお寄せください!


              ◎投稿方法

              このブログのコメント欄に記入していただいてもOK。
              公式twitterやfacebookでこの件を投稿しますので、そちらに返信&コメントして頂いてもOKです!
              あるいは、ご自身のブログ等に記載される方は、本ブログにトラツクバックを貼って頂くか、
              そのURLを私どもまでお知らせ下さい。
              E!マガを購読されてる方は、そのメールに直にご返信いただいてもOKです。

              ・twitter  → こちら ※本件に関するハッシュタグ「#蛮幽鬼DVDの次に観るなら」
              ・facebook → こちら
              ・メール → お届けしたE!マガにそのままご返信ください。

              ★締め切り 4/15(日)まで


              ◎投稿内容

              投稿は、どなたでもOK!
              舞台しか見てない方、逆にDVDしか見てない方、あるいは両方見てないけど、
              どーしてもオススメしたい作品がある方、いろいろな視点で作品を紹介してください。

              オススメの作品と、できれば、その作品を選んだ理由も添えてくれると嬉しいです。

              −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

              頂いたメッセージは、メルマガやブログ、twitter、facebook上などで
              是非ご紹介させて頂きたいと思ってます。
              最終的は、このブログで集計結果などもご報告させて頂ければ。

              どんな作品が飛び出すか、どんな切り口が飛び出すか、楽しみにしてます。
              皆さんのナイスなチョイス&レコメンドを、お待ちしております!
              ご協力、どうぞよろしくお願いいたします!


              ◎「蛮幽鬼」の詳細は以下より
              詳細ページ
              コチラ
              『蛮幽鬼』DVD

              復讐が、その男のすべてだった―――
              「モンテ・クリスト伯」をモチーフに、
              豪華キャスト&新感線でお送りする復讐譚の傑作舞台がDVDで登場!



              0



                |< << 前のページ | 2 / 2 ページ | 次のページ  

                ピックアップ特集pick up



                天海祐希関連作DVD
                堺雅人関連作DVD

                ページランキング

                カテゴリーcategory

                アーカイブarchive

                記事を検索search

                コメントcomment

                • 『髑髏城の七人』花鳥風月極Blu-rayBOX 追加予約のご案内 ⇒ by 阿部肇(11/13)
                • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by ばる(08/31)
                • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by ものりす(08/26)
                • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by かな(08/26)
                • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by mimieimi(08/26)
                • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by mimieimi(08/26)
                • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by ダヤン(08/26)
                • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by 桜(08/26)
                • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by 桜(08/26)
                • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by いねここ(08/25)

                ツイッターTwitter

                フェイスブックFacebook

                RSSフィードfeed

                携帯サイトmobile

                qrcode