[ スマホ版へ (※スマートフォン専用) ]


カテゴリー記事一覧


・同カテゴリーの記事が10記事掲載されます。10記事以上ある場合は「次のページ」をクリックして下さい。







こんにちは!
お初にお目にかかります。イーオシガイスタッフのねこ間(ねこま)です。


明日はいよいよ、愛のバレンタインデー
そして… 『シレンとラギ』DVD 発売日!!


ということで、イーオシバイスタッフ内の自称“シレン”こと、ねこ間が
“衝撃の愛チョコ”を作ってみました〜。





桜に見立ててふりかけた粉砂糖が弾丸で打ち抜いたみたいになってますが…
結果、衝撃の愛っぽい感じになったということにしておいてください





バレンタイン前ですが、日頃お世話になっているてんちょーに早速プレゼント







そしてスタッフのみんなにも





てんちょーをはじめ、スタッフみんな喜んでくれました!


みなさんは、明日のバレンタインは吟味を重ねて選んだチョコで愛を伝えますか?
それとも、手作りのチョコで日頃の想いを贈りますか?

まだ全く準備していないけど、手作りのものを渡したいという方は
非常に簡単で時短な“ねこ間レシピ”をご参考にしてみてください。




衝撃の愛チョコ” レシピ

【材料】
・板チョコ  2〜3枚 (150g位)
・牛乳  50cc位
・クッキーやビスケット 適量 ※チョコの半量位(固くないものがよいです)
・100均で売っているチョコペン


【作り方】
1.クッキーかビスケットを細かくくだく。
2.板チョコが溶けるまでレンジでチン
3.2に牛乳をいれてさらに1分レンチン
4.3に1のクッキーを入れてよく混ぜる
5.よく混ざったら型に流し込んで固まるまで冷蔵庫で冷やす
6.固まったら方から外し、チョコペンでメッセージを書く。以上!





ちなみに、まだチョコデビューをしていない1歳半の我が家のラギ用に
作った“豆腐とヨーグルトのレアチーズケーキ”はコチラ。
(20年後には、禁断の愛が待ってるかもなんて。ウフフ)




豆腐とヨーグルトのレアチーズケーキ レシピ

【材料】
(A)
・絹ごし豆腐   1丁(200g位) ※水切りしたもの
・無糖ヨーグルト 200g位  ※水切りしたもの
(B)
・ハチミツ 適量
・きなこ  適量
・レモン汁 適量
・フルーツ 適量 (今回は細かくしたイチゴを使用)
・ゼラチン 5g
・水  大さじ1
(C)
・クッキーやビスケット 適量 ※細かくすりつぶしておく


【作り方】
1.(A)の材料を目の粗い茶こしなどで裏ごししてよく混ぜます。
2.(A)を味見しながら、適当な甘さになるまで(B)の材料を混ぜ込みます。
  ※レモン汁は豆腐の臭み消しなので、自分が気にならない程度でOK。
  ※フルーツは今回イチゴを使いましたが、旬のものならすり潰したリンゴやバナナでもOK。
3.(C)を底に敷き詰めた容器に(A)(B)を方に容器に流し込み
  さらに残った(C)で表面を埋めて冷蔵庫で一晩 → 固まれば完成!

※今回フルーツは中に混ぜましたが、表面に飾ってもキレイです。

チョコが苦手な方やまだチョコが食べられない小さなお子様向けにも






そしてそして、メインディッシュは…、 シレンとラギ』DVD


『蛮幽鬼』の流れを汲む、衣装や舞台演出の美しさが際立つ本作品。
ゲキ×シネの映像技術の進化にともなって
今回のDVDの映像は、過去最高の美しさといっても過言ではありません

観終わった後にズーンとくる、テーマの重い作品であることに違いはありませんが
ぜひDVDで観ていただきたい!


明日は、あなたのラギに愛のこもったチョコを贈って、一緒に 『シレンとラギ』DVD を観る
というバレンタインはいかがでしょうか?


◎『シレンとラギ』DVD特集ページはコチラ



明日はまた積雪の予報がでているので、ホワイトバレンタインになるかもですね



今回のブログはどうでしたか?
0



    んにちは、てんちょーです

    絶賛予約受付中の『シレンとラギ』DVD。
    いよいよ、本日<1月30日(木)>予約締切日となりました!

    衝撃的な愛憎劇として、多様な愛を描き出した本作。
    先週は、本作に託された<愛>についての魅力を語らせていただきました!

    ○『シレンとラギ』DVDの魅力を紹介!〜その託された<愛>とは〜


    そんな劇団☆新感線としても特別な作品である『シレンとラギ』DVD。
    当然ながら、それを具現化させたのは、出演者の方々の力量と魅力があってこそ!

    そこで、本日は、『シレンとラギ』で魅せる<役者の魅力>について考察!
    劇団☆新感線のファンならずとも、作品に対するプロフェッショナル意識には、
    驚愕すること間違いなしです!


    「役者の本領発揮。迫真の演技は圧巻」



    ラギ役に藤原竜也さん、シレン役に永作博美さんのダブル主演となった本作。

    苦悩する若者を演じさせたら、圧倒的存在感を放つ「藤原竜也」さん。
    かわいらしい容姿とは裏腹に、女優として確かな実力で引きつける「永作博美」さん。

    そんな藤原さんと永作さんは、なんとなく顔つきが似ている・・・。
    そこから、悲劇「オイディプス王」をベースに、
    今までより一歩踏み込んだ<愛>が次々と生み出され、
    シレンとラギ』は誕生します。


    暗殺者として生きることを宿命づけられた永作さん演ずる<シレン>は、
    藤原さん演ずる<ラギ>の強い愛によって心を動かされていく。

    永作さんは、<シレン>役を演ずるにあたって、
    「技という技がない。武器は女であることしかない」と、仰られており、
    当初とても苦悩されたそうです。

    <ラギ>役の藤原さんは、そんな永作さんだからこそ、
    すんなり役に入り込めたと語っておられます。

    藤原さんと永作さんは、様々な<愛>に翻弄され地獄とも言える状況下、
    <愛>によって変貌する男女の生き様を見事に演じられており、
    その瞬間の目つきや表情を観ることができるのは、DVDの醍醐味です!









    加えて、シレンに暗殺されたはずの南の王ゴダイ役に、高橋克実さん。

    普段、お茶の間に見せる優しい人柄とは打って変わり、
    民衆の絶対的な教祖として、シレンとラギを追い詰める悪役を
    身震いするほどの迫力で魅せてきます。






    そして、そのゴダイ暗殺を企てる北の国の重臣役には、
    新感線の看板役者!我らが古田新太さん。





    藤原さんは、古田さんについて、

    「古田さんが合わせてくれることによって、一つ一つ成立させることができた。」


    「立ち回り、表現、間の取り方にしても、細かく指摘してもらった。
     劇団員にも助けられた作品だった」


    と、特典映像に収録されたインタビューで、語られております。
    映像での迫力はもちろん、改めて、俳優・古田新太の凄みを存分に感じさせてくれます!




    北と南。二つに裂けた国を今また一つにせんとする野心と裏切りが、
    二つの孤独な心をなぶり、翻弄してゆく。
    果たして罪にまみれた「愛」を待ち受けるものは、
    無限に続く「コロシアイ」の生き地獄か。
    それとも累々たる死体の山に光をかざす、希望に満ちた救済か。




    舞台上の緊迫感や臨場感。
    中島の想いをいのうえが演出し、出演者の気概を、セットや衣裳、ダイナミックな音響。
    スタッフ総動員で具現化した舞台を、ハイクオリティで収録。

    観るたびに、また違った見所が出てくる『シレンとラギ』DVD。
    その<奥深さ>たるや必見ですよ!


    ◎『シレンとラギ』 特集ページはコチラ



    0



      んにちは、てんちょーです
      1月も後半に突入ですね。

      さて、現在絶賛予約受付中シレンとラギDVD。
      予約締切日<1月30日(木)>まで、残すところあと1週間となりました!
      発売日は2月14日(金)バレンタインデー!

      バレンタインデーと言えば、愛を伝える日!ですね。
      シレンとラギは、これまでの劇団☆新感線作品とは一味違う、
      衝撃的な愛の形が描かれたことでも話題となりました。

      というわけで本日はシレンとラギの魅力をさらに皆さまにお伝えすべく、
      作品に託された<愛>の魅力に迫りたいと思います。





      『シレンとラギ』の公演時のコピーは「アイはコロシアイ」


      陰謀、裏切り、そして愛。
      待ち受ける抗えない宿命に翻弄される二人。
      登場人物の愛と心の葛藤を深く描いた切なすぎる愛憎劇








      本作では、男女の愛、親子の愛、友との友愛など、様々な形の愛が登場します。
      時にそれをストレートに表現し、またある時には、深く昏い人間の業を
      躊躇なく抉り出すことで
      その愛の形を描きだしています。

      これまでの作品同様に迫力あふれる殺陣、ケレン味あふれる演出など、
      新感線流エンターテインメントの魅力はもちろん健在ですが、
      劇団☆新感線の作品を多く見て来たファンの方の中には、
      いつもの新感線とは少し違ったテイストに、驚きを隠せない方もいらっしゃったようです。

      本作の根底に流れる人間の業や愛を描く様は、
      スペシャルエディションに収録されている特典映像の中で、
      演出のいのうえひでのりがいみじくも語っているように、
      新感線としても背伸びしたテーマだった」のかもしれません。
      ただ、見る者の心に強く印象を残す作品であることは、間違いありません。

      賛否両論、作品に対して何を感じるか。どう受け止めるか。
      イマジネーションの自由を得られることは、演劇の醍醐味でもありますよね。





      『シレンとラギ』DVDから見えてきたもの


      私自身、『シレンとラギ』という作品に携わるにあたって、
      舞台を観終わった時、ゲキ×シネとして鑑賞したとき、
      それぞれ衝撃の受け方も、感想も異なりました。

      ただ、もっとも衝撃を受けたのは、この
      DVDを見た時でした。

      それは、上記の特典映像
      「シレンとラギ 偲びの連歌~メイキング」の中で、
      作品に込められた想いを語る藤原竜也さん、永作博美さん、演出・いのうえひでのり
      作家・中島かずきのインタビューをチェックした時です。

      そこには、
      いのうえ歌舞伎第二章として、
      演出・
      いのうえひでのり「神様からのギフトたれ」と祈りを込め、
      作・
      中島かずき「このラストが書きたい」という願いを込めて世に送り出した想い、
      その作品に役者としてどのように挑んだのかが語られていたのです。

      未曾有の天災を経験し、私達を取り巻く状況は混沌としているようにも見えます。
      だからこそ、中島が「作家として避けては通れない」と語ったテーマを、
      いのうえは
      「曖昧に見えても仕方ない、真っ向からやろう」と腹を据えて挑んだという本作。

      それは、劇団☆新感線としてもチャレンジ。


      「チャレンジは続けていかなければならない。」と語るいのうえの想いを聞いた時、
      私にとっては、劇団☆新感線の1ファンとして、なくてはならない
      特別なDVD作品となりました。


      もちろん、作品自体をあるがままに受け入れること。
      それ自体を楽しむことがエンターテインメントです。

      ただ、その作品に込められた作り手側の想いを知ることで、
      作品の見え方も物語も、自分へ吸収されていくものが異なる作品へと
      変化する作品もある。

      大きなうねりの中にあっても、常に希望を見出す精神を忘れない。
      それは、私達が先人達から受け継いできた
      DNAなのかも知れません。
      その想いを知って本作を観ることで、改めて痛感させられました。

      舞台、ゲキ×シネとはまたひと味違う、DVDならではの『シレンとラギ』

      その魅力を、是非ご堪能ください!


      ◎『シレンとラギ』 特集ページはコチラ
      ◎《いのうえ歌舞伎》特集ページはコチラ

      0



        本日、劇団☆新感線の春興行、
        いのうえ歌舞伎「蒼の乱」の上演決定のお知らせがありました!

        今朝の情報番組やスポーツ新聞などで、
        天海祐希さんや松山ケンイチさんのお姿を観られた方も
        多いのではないでしょうか?

        ◆劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎「蒼の乱」公式サイト

        ここで発表されているスタッフとキャストは・・・

        [作]中島かずき
        [演出]いのうえひでのり
        [出演]天海祐希 松山ケンイチ 早乙女太一/梶原 善 森奈みはる 粟根まこと 高田聖子 橋本じゅん/ 平 幹二朗ほか

        おおー、今回もすごいメンバーがそろいましたね〜!

        ということで!
        このイーオシバイおすすめDVDブログでは、
        「蒼の乱」に出演される方々が活躍されている
        演劇DVDについてご紹介します!

        是非、「蒼の乱」を観る前に、
        予習がてら、こちらのDVDを観てみてはいかがでしょうか?



        ■『阿修羅城の瞳 2003』 (2003年上演) 

        まずは天海祐希さんの阿修羅城の瞳(2003年版)。
        天海祐希さんが初めて劇団☆新感線に出演された作品です。



        恋をすると鬼になる
        というキャッチフレーズの通り、
        鬼、阿修羅が登場する物語。

        特に2幕の美しさにクラクラさせられる作品ですよ!


        『阿修羅城の瞳 2003』DVD





        ■『薔薇とサムライ』 (2010年上演) 

        続いては、大人気の五右衛門ロックシリーズの第2弾、
        「薔薇とサムライ」です!

        天海さんはなんと、女海賊「アンヌ・ザ・トルネード」として、
        古田新太さん演じる石川五右衛門と大暴れします!


        派手なアクション、華麗なダンスシーン、
        そしてウットリするような天海さんの歌が堪能できる作品です!
        イーオシバイの売れ筋ベスト10の常連作品。
        「天海祐希×新感線」の予習には是非オススメしたい一本です!


        『薔薇とサムライ』DVD





        ■『蛮幽鬼』 (2009年上演)

        続いては、早乙女太一さんの出演作、蛮幽鬼!

        早乙女太一さんは、
        狼蘭族という暗殺者の一族の役で登場され、
        上川隆也さん演じる土門や、
        堺雅人さん演じるサジとも大立ち回りを披露されます。



        一幕冒頭では、
        女形に扮しての舞いのシーンもあり、
        早乙女太一さんの魅力を堪能できる作品です!


        『蛮幽鬼』DVD



        ■『髑髏城の七人』 (2011年上演)

        さらに早乙女太一さんの出演作、髑髏城の七人!

        小栗旬さん、森山未來さんなど、
        そうそうたるメンバーで上演された
        劇団☆新感線の代表作とも言われる舞台。

        早乙女太一さんは、無界屋蘭兵衛という役で登場されます。
        そして、立ち回りが蛮幽鬼の時よりもさらにパワーアップされていて、
        速い!強い!美しい!
        本当に「息を飲む演技」というのはこのことかと
        思わされます。



        是非、ご覧ください!


        『髑髏城の七人』DVD

        ちなみに、

        梶原善さん出演の演劇DVD
        森奈みはるさん出演の演劇DVD
        平幹二朗さん出演の演劇DVD

         これらも、イーオシバイでは多数取り扱っておりますので、
         合わせてチェックしてみてくださいね!

        ※松山ケンイチさんは「遠い夏のゴッホ」という舞台が初舞台、「蒼の乱」が2回目の舞台出演です。
        NHK・BSプレミアムでは放送されたことがありますが、DVD化はされていないようです。


        ちなみに、「蒼の乱」のタイトルの前についている
        「いのうえ歌舞伎」って何?歌舞伎なの?
        ・・・と思われた方、
        こちらの特集ページにまとめてみましたので参考までにご覧ください!

        ◆劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎 第二章 特集ページ


        0






          こんにちは、てんちょーです!
          「髑髏城の七人」DVDの一般店頭販売が始まりました!

          皆さんにご協力頂きました「最高のコピー&レビューで店頭を盛り上げよう!」で、
          最終的にスタッフが独断と偏見で選んだコピー&レビューも無事にPOP化されました!


           ※↑こんな感じです。

          このPOP、お店のスタッフの方々にも、とても好評です!
          参加していただいた皆様、ありがとうございました!

          POPに掲載されたレビュー&皆さんから頂いたレビューは、
          こちらからご確認頂けます。ぜひ御覧ください!

           ☆「髑髏城の七人」レビュー王!→コチラ
           ☆「髑髏城の七人」レビュー一覧 →コチラ


          店頭発売日当日に、イーオシバイのスタッフが通勤途中にあるDVDショップで
          「髑髏城の七人」DVDの販売&展示の様子を覗いて来ましたので、ちょっと報告。


          こちらは、渋谷のQ-FRONTにあるTSUTAYAさん。
          1Fの新作コーナーに、どーんと展開しています!
          お、例のレビューPOPも貼ってありますね!
          このブログの一番上に張ってある写真、このショップさんのもの。
          すごく凝った展示です!



          続いて紀伊國屋書店新宿本店のDVDアイランドさん。
          入って直ぐの正面で展開してくれています!


          この紀伊國屋書店新宿本店さんではドビーがこんなコスプレを!
          お店の方によると「天魔王バージョン」とのこと。

          このショップのドビーは、
          毎回色んな扮装させられていて楽しいですね。
          働き者さんです。
          他にも全国各地のDVDショップさんで販売が始まりました。
          各店舗さん、色々と目立たせてくれているとの情報もあり、うれしい限りです。
          各地のおもしろ情報が入りましたら、また報告させて頂きますね。

          そして、お近くのショップさんで「髑髏城の七人」DVDを見かけたら、
          ぜひ手にとって見てみてくださいね!


          ◎もちろんイーオシバイドットコムでも販売中です!
          「髑髏城の七人」DVD特集ページ → コチラ


          --------------------------------
          JUGEMテーマ:演劇・舞台
           
          0



             みなさん、こんにちは!
             イーオシバイてんちょーです。
             

            さて、いよいよ本日はGW最終日。東京は、何だかぽかぽかで良い天気。
            遊びに、お出かけにナイスな日ですが、皆さん、夜まで体力取っておいてくださいね。
            そう。今日は、『髑髏城の七人』DVD発売記念企画、

            「みんなでワイワイ!同時にドクロを見てつぶやこう!」

            の実施日です!!(※企画の詳細はリンク先を御覧ください)


            現在てんちょーは、DVDの再生確認をしつつ、19時のスタートに向けてのんびり準備中です。
            と言いながら、特典映像とか、見ちゃってるのですが・・・。

            さて、実際にTwitterで感想をつぶやく際は、ハッシュタグ「#dokuro7dvd」を付けて下さい。
            #dokuro7dvd」ハッシュタグを付けてつぶやいたメッセージは、以下のエリアに自動的に反映されます。

            もちろん、ご自身のクライアントソフトやアプリをご利用頂いてもOKです。
            それでは、開始まで今しばらくお待ち下さい。


            みんなでワイワイ!同時にドクロを見てつぶやこう!

            5月6日(月・祝) 19時より本編1幕(DISC1)を再生開始!
            ※第2幕(DISC2)は、1幕終了後にちょっと時間をおいて再生します。そのタイミングは、イーオシバイの公式Twitterでリアルタイムでお知らせしていきます。




            ◎『髑髏城の七人』DVD 作品紹介&見どころ → コチラ


            ---------------------------------
            JUGEMテーマ:演劇・舞台
             
            0



               こんにちは!てんちょーです!
               本日は髑髏城の七人DVDの発売日です!
               

              ご予約頂いた方々には、すでにお手元に届き始めていると思います。
              舞台、ゲキ×シネのコウフンをまるっと詰め込んだ自信の作品です。
              どうぞお楽しみ下さい!

              もちろんDVDの購入は現在も可能です。
              興味のある方、予約しそびれた方、作品の魅力がギュっと詰まった特集ページに、
              ぜひ遊びに来て下さいませ!

              ◎『髑髏城の七人DVD・特集ページ  コチラ

              ◆   ◆   ◆

              さて!
              そんな髑髏城の七人DVDの発売を、
              ぜひイーオシバイのお客様と一緒に楽しめたらと思いまして、
              こんな企画を考えてみました!

              DVDを予約された方も、これから購入される方も、
              ぜひ一緒に参加して、共に『髑髏城の七人DVDを堪能し尽くしましょう!!


                企画1.最高のコピー&レビューで店頭を盛り上げよう!

              髑髏城の七人DVDのイーオシバイでの先行販売は本日スタートですが、
              一般店頭での販売は、5月24日(金)からとなります。
              (※一般店頭とはDVDショップなど各地にある実店舗となります。)

              いつもイーオシバイでは、DVDの一般店頭販売に向けて、
              店頭に飾るPOPを作成します。

              このPOPは、その作品を知らない人に向けたアピールであり、
              商品の魅力を語る、大切な宣伝材料です。
              毎回、そこにどんな文言を入れようか・・と悩むのですが、
              今回はこのPOP作成に、ぜひ皆さんにもご協力を頂きたく!

              題して、
              《皆さんの考えた『髑髏城の七人DVDのおすすめコメントや紹介文が、
               
              POPになって全国のDVD販売店の店頭でお披露目!》企画。

              ちょっと長いので、

              《最高のコピー&レビューで店頭を盛り上げよう!》
              企画と称しましょう!

              他力本願?いえいえ。
              皆さんの『髑髏城の七人DVDを見て感じたパトスにあふれた言葉が、
              きっとどんな宣伝文句よりも、購入を検討されている方の背中を押してくれると
              信じているからこその企画です!!

              コメントが採用されて方には、ちょっとした副賞もご用意しました。
              ぜひこぞって、ご参加ください!

              ■□■企画詳細■□■

              ■企画名:

              最高のコピー&レビューで店頭を盛り上げよう!


              ■企画の概要:
              髑髏城の七人DVDを見て、感じたおすすめコメントを送って下さい。
              その中からイーオシバイのスタッフが「これだ!」と思ったコメント1点を、5月24日からの一般店頭販売に合わせて、店頭POPのコピーとして使用させて頂きます。

              また副賞としてイーオシバイで取り扱い中のDVDの中からお好きな作品をプレゼントいたします!(1万円以下の商品に限る) 詳しくは以下をご参照下さい。  


              応募に関して:
                 【応募方法】
                 ・『髑髏城の七人DVD、または『髑髏城の七人 -special edition-』DVD
                   商品詳細ページにある《レビュー投稿ページ》より、投稿して下さい。
                    髑髏城の七人DVD 商品詳細ページレビュー投稿
                    髑髏城の七人 -special edition-』DVD 商品詳細ページレビュー投稿

                 【応募内容】
                 ・通常のレビュー募集とは違いメールアドレスは必須とします。
                  ※後日ご連絡をさせて頂くため。
                 ・POPにはレビューのタイトル/ニックネーム/内容を掲載予定です。
                 ・レビュー本文は長すぎると入りきれない可能性がありますので、
                  300文字〜400文字くらいまでに納めて下さい。
                 ・イメージとしては、レビュータイトルがPOPの見出しになり、
                  その下に本文として内容が掲載されるイメージです。

                 【募集期間】
                 ・4月25日(木)〜5月12日(日)

                 【発表に関して】
                 ・POPに掲載させて頂くレビューの執筆者の方には、締め切り後にスタッフから
                  メールにてご連絡をさせて頂きます。
                  また5月23日にイーオシバイのメルマガや本ブログ等でも発表致します。

                  店頭での展示するPOPはA4サイズを予定しています。
                  また展示は一般販売日である5月24日からを予定してますが、
                  各店舗の状況によりずれ込む可能性がありますのでご了承下さい。
                  ※なお全ての店舗でPOPが掲載されるわけではありませんので、予めご了承下さい。

                 【副賞に関して】
                 ・今回『髑髏城の七人DVDのコメント&感想を送って頂いた方は、
                  自動的に5月の《レビュー王》企画にも参加された形になります。
                  従いまして、本企画で採用された方は必然的に5月《レビュー王》にもなり、
                  副賞といたしまして、
                  「イーオシバイドットコムで販売している1万円(税込)以下のDVDの中から、
                  お好きなDVDを1点プレゼント!」
                  の権利を有します。ぜひ気になるDVDをゲットしてくださいね!

                  ※5月期間に『髑髏城の七人DVD以外のレビューを投稿された方は、
                   翌6月のレビュー王企画で一緒に審査させて頂きます。

                 【ご注意】
                 ・頂いたレビューは、POPだけでなく『髑髏城の七人DVDの宣伝の為に
                  使用させて頂く場合がありますので、あらかじめご了承下さい。
                  また掲載にあたっては、誤字・脱字など細かい部分をこちらで修正させて
                  頂く場合がありますので、こちらもご了承下さい。



              企画会議の時に、スタッフが書いたメモがありました。
              なんとなく、こんなイメージになるぞーという雰囲気が伝われば。


              ※噂ではパウチするそうです。あと、フルカラーの予定です。



                企画2.みんなでワイワイ!同時にドクロを見てつぶやこう!

              続いて、もう一つ企画を!

              皆さんからコメント&感想を頂くのなら、スタッフも参加しよう!
              そして、どうせならみんなで見たいよね。という話しになりました。

              とはいえ、世は花のGW。
              中には地元に戻っている者もいたり、スタッフのスケジュールもなかなか合いません。

              でもそこでヘコタレないのが、イーオシバイクオリティ。
              皆でDVDを見る!でも、それぞれの自宅で!
              そしてTwitterとかでコメントしあう!なんて話しになりました。
              そうすれば、家族も一緒に楽しめてなおよしですしね。

              で、どうせなら既に『髑髏城の七人DVDをお持ちの皆さま方にも、
              この企画に参加してもらえたら……なんて思いました。

              そこで、企画第二弾!題して、
              《『髑髏城の七人DVDをせーの!でタイミング良く再生して、皆でツイッターでワイワイ感想を呟きながら見ようぜ!》企画。

              これもちょっと長いので、

              《みんなでワイワイ!同時にドクロを見てつぶやこう!》
              企画と称しましょう!

              お手元に届いたDVDをいつ見ようかな?と思っていた方々、
              どうせなら友達と一緒に見たいな、と思っていた方々、
              他人がどんな感想を抱いているか気になる!という方々、
              かるーい気持ちで、一緒にDVDの再生ボタンを押してみませんか?

              事前の参加表明など一切不要。
              途中参加&退場も、もちろんあり。
              お友達同士が集まる自宅上映会にぶつけて頂いてもOKです。

              舞台ともゲキ×シネともちょっと違う、
              肩の力を抜いたお楽しみ企画になればなーと思っています。

              詳しくは、以下を御覧ください!


              ■□■企画詳細■□■
              ■企画名:
              みんなでワイワイ!同時にドクロを見てつぶやこう!


              ■企画の概要:
              参加されたい方々が、ご自宅などで、タイミングを合わせて『髑髏城の七人DVDを再生開始!後はもうただひたすら見ます。
              自宅なので、どんな見方もOK。寝転がったり、お菓子を食べたり。
              そして見ながらその感想やコメントを、Twitterでハッシュタグを付けて、どんどんつぶやいて下さい!
              みんなの感想を見ながら、新しい発見や見どころが見つかると楽しそう!


              ■企画実施日
              5月6日(月・祝) 19時より本編1幕(DISC1)を再生開始!
              ※第2幕(DISC2)は、1幕終了後にちょっと時間をおいて再生します。そのタイミングは、イーオシバイの公式Twitterでリアルタイムでお知らせしていきます。


              ■Twitterのハッシュタグ
              Twitterで感想をつぶやく際は、ハッシュタグ「#dokuro7dvd」を付けて下さい。
              当日は、「#dokuro7dvd」ハッシュタグが付いたつぶやきを自動的に表示させるパーツを、このブログに用意しておく予定です。

              ※こんなイメージです。

              こちらのウインドを見ながらつぶやいもOKですし、ご自身のクライアントソフト等を用いられても、もちろんOKです。

              まだイーオシバイのTwitterをフォローされていない方は、企画の参加前にぜひフォローしておいて下さいね!

              ◆イーオシバイ公式Twitter  http://twitter.com/#!/eoshibai



              ◆   ◆   ◆

              というわけで、イーオシバイドットコムがお送りする『髑髏城の七人DVD発売企画2連発。
              皆さまのご参加を心からお待ちしております。

              どうぞよろしくお願いいたします!!

              ------------------------------
              0



                 
                 どうも、てんちょーです!
                 いよいよ3月!春ももう間近ですね!

                 
                さて今年の演劇ラインナップを見ていて、個人的に気になる作品が二つ。
                4月5日より上演の『今ひとたびの修羅』と、6月14日より上演の『断色』です。

                前にこちらのブログでも紹介している舞台ですが、
                この二作、ともに演出が新感線のいのうえひでのりさん、
                主演が堤真一さんなんですよね。なので、とても気になってます。

                『今ひとたびの修羅』は、堤さんをはじめ宮沢りえさん、岡本健一さん、小出恵介さん、
                小池栄子さん、風間杜夫さん、村川絵梨さん、鈴木浩介さん、浅野和之さん、そのほかにも
                多数の出演陣を揃えた豪華布陣。

                ◎『今ひとたびの修羅』 → 公式サイト 


                それに対して『断色』は、堤さん、麻生久美子さん、田中哲司さんの3人しか出演しない、
                逆にとてもシンプルそうな作品。

                ◎『断色』 → 公式サイト


                同じ演出家と俳優が、まったく違うベクトルでどんな作品を作り上げるか、
                ちょっとワクワクしてきませんか?

                というわけで今回は、そんなお二人に注目。
                お二人がこれまでに共に作り上げた作品を紹介します!

                どの作品も魅力にあふれた作品ばかりです!
                今年の注目2作に向けて、ぜひ今から予習(笑)してみてはどうでしょうか。
                それでは最後までよろしくお願いいたします!


                堤真一×いのうえひでのり 紹介作品1
                『野獣郎見参』DVD
                堤さんが新感線に初めて出演された作品!
                上演が2001年ですから、今からなんと12年前!!堤さん若い!

                最近は映画やドラマで貫禄のある男性の役が増えてきている堤さんですが、
                本作では「男は殺す、女は犯す。金に汚く、己に甘い」まるで悪ガキのような魅力を振りまく、
                何とも言えずチャーミングな野獣郎という役を演じています。

                新感線の看板役者、古田新太さんとの迫力あるキレっキレな殺陣シーンも見どころですが、
                全編に散りばめられたちょっとコミカルな演技が、またステキなんです!


                堤真一×いのうえひでのり 紹介作品2
                『アテルイ』DVD
                歌舞伎役者・市川染五郎さんと堤さんが新橋演舞場で対決!
                と2002年の上演当時、大いに話題になった作品です。

                染五郎さんが北の雄・アテルイを、堤さんが征夷大将軍・坂上田村麻呂を演じています。
                この時の染五郎さんは20代、堤さんは30代。
                まさに「竜虎相搏つ」という名に相応しい、イイ男二人の対決は見どころ満載です!

                本作は
                岸田國士戯曲賞と朝日舞台芸術賞 秋元松代賞も受賞。
                ファンだけでなく、幅広い層から支持をされた、
                完成度の非常に高い作品です!


                堤真一×いのうえひでのり 紹介作品3
                『吉原御免状』DVD
                根強い人気を誇る隆慶一郎さんの傑作時代劇を新感線が舞台化!
                ということで大変話題となった作品。

                出演も、堤さんをはじめ
                豪華絢爛な吉原の街を舞台にした作品に相応しい
                超豪華メンバーがズラリと揃いしました。
                堤さん演じる
                松永誠一郎は、田舎者という設定ながらもまっすぐな気質で、誰からも好かれる好漢。
                その上、天下無双な剣の腕を持つという、まさに「主人公!」という感じの若者です。
                その誠一郎を、堤さんがとてもステキに演じられいます。

                まるで絵画のように美しく、儚いシーンが沢山で、
                思わず引き込まれてしまうこと、間違いなしの作品です。


                堤真一×いのうえひでのり 紹介作品4
                『蜉蝣峠』DVD
                脚本に、舞台はもちろん映画やTV等での活躍も著しい宮藤官九郎さんを配し、
                いのうえ歌舞伎・壊<PUNK!>と称して上演された舞台。
                これまでのいのうえ歌舞伎をぶっ壊す!という作り手のエネルギーに満ち溢れた作品です。

                これこそ、まさに堤さんファンに見てほしい1本!
                流れるような長髪、着崩した着流しで、まるで舞うように刀を振り回す天晴。
                ニヤリとニヒルに笑う堤さんは本当にカッコイイ!
                と言いながら、冒頭に登場する××先輩。これも実は・・・。
                ちょっとだけネタバレすると、堤さん、着ぐるみで卵産んだりします。(え!?)

                問答無用のクドカンワールドを、いのうえさんがうまーく料理して、
                色んな堤さんを楽しめる、まさに色んなものを「ぶっ壊す」作品。必見ですよ!

                ◆   ◆   ◆

                以上です!
                さて今回は、堤さん出演×いのうえさん演出の作品ばかり集めてみましたが、
                皆さんが見逃した作品はありませんか?
                どれも見応えがある傑作ばかりですので、未見の方はぜひこの機会にチェックしてみて下さい!


                そして!
                なんと!

                このブログを書いている時に「堤さんご結婚!」の情報が!
                わぁお!おめでとうございます!
                この場を借りて勝手に御祝い申し上げます!
                おめでとうございます〜!!

                -------------------
                JUGEMテーマ:演劇・舞台
                0




                   こんにちは!てんちょーです!

                  現在、一ヶ月限定で販売中の舞台版「シレンとラギ」パンフレット。
                  おかげ様で、大変好評を頂いております。

                  公演パンフの単品販売はなかなか機会がありませんので、
                  この機会をどうぞお見逃しなく。


                  ¥2,500 (税込)
                  舞台版『シレンとラギ』パンフレット

                  舞台版「シレンとラギ」パンフレット販売終了いたしました。
                   ☆一ヶ月(
                  7/5〜8/5)の期間限定販売!
                  【作】:中島かずき 【演出】:いのうえひでのり
                  【出演】:藤原竜也 永作博美 高橋克実
                   三宅弘城 北村有起哉
                       石橋杏奈 橋本じゅん 高田聖子 粟根まこと 古田新太



                  こちらの「シレンとラギ」公演パンフレットですが、
                  劇場に行けず実物を手に取れなかった方々から、どんな内容?というお問い合わせを頂きました。

                  せっかくの機会なので、もう少し細かく内容をご紹介します!


                  おすすめPoint(1)/豪華仕様70ページを超すフルカラー!

                  超絶に綺麗な写真の数々ですが、
                  その写真撮影の様子が「シレンとラギ」の
                  公式ブログでご覧いただけます。

                  出演者の方々のコメント付きで、必見です!
                  「シレンとラギ」公式プログ 撮影レポート



                  私も何度か撮影時のスタジオをお邪魔したことがあるのですが、
                  一枚の写真を撮るまでに、大勢のスタッフが試行錯誤を繰り返す現場は、
                  独特の緊張感に包まれています。
                  そこから生まれる素晴らしい写真の数々を、どうぞパンフでご堪能下さい。

                  ちなみに今回のビジュアルイメージについて、
                  新感線の小道具担当インディ高橋さんの言葉をお借りすると、
                  「ぱっと見は南北朝時代、良く見ると中世ヨーロッパで、北欧な感じでイギリスだったりとか、
                  それと、アジアではなく、南ヨーロッパというか中近東、もしくはペルシャな感じっぽい」
                  との事。うーん・・?

                  この辺りのウンチク?とアイディア溢れる制作物の詳細に関しては、
                  現在発売中の雑誌「演劇ぶっく」の"Patchy小道具研究所"ページをご参照頂くと、
                  さらに良く理解できますよ!


                  おすすめPoint(2)/読み応えたっぷりのインタビュー&コメント!

                   出演者の方々へのそれぞれ1ページ丸々使った
                   インタビューは、とても読み応えがあり充実!

                   しかし、今回私があえてオススメしたいのは、
                   冒頭のご挨拶部分。
                   

                  演出のいのうえひでのりさん、作家の中島かずきさんお二人からご挨拶を頂いているのですが、
                  この中身が楽しい。

                  いのうえさんが、来日した敬愛するロックバンド「JUDAS PRIEST」に直接会った興奮と
                  これからの展開に思いを馳せれば、

                  中島さんは、メインライターを務める「仮面ライダーフォーゼ」を通じて感じた
                  創作への思いを語ります。

                  30年を超える歴史を持つ劇団☆新感線という枠組みにとらわれず、
                  自らの趣味や「好きなもの」をも飲み込んでさらに進化・深化して行こうとするお二人の姿勢は、
                  驚きを通り越して感動すら覚えます。
                  ぜひ皆さんに読んでほしい一文です!


                  おすすめPoint(3)/作品をさらに楽しめる特集記事も充実!

                   新感線の公演パンフの特徴の一つに、
                   作品の設定や背景等をより深く理解できる
                   特集企画の記事があります。

                  今回も「シレンとラギ ―― アナザーワールド」と題された特集を展開。
                  その興味深い内容は以下。

                    ・《特集1》動乱の南北朝時代。その中心人物こそ、後醍醐天皇。
                     彼から派生する主要人物たちを網羅する。
                     同時収録は、座付き作家・中島かずきに聞いた「物語の鍵となるキャラクターの名付け」。

                    ・《特集2》今すぐ見たくなるアサシン映画をがっつり紹介!
                     同時収録は、演出家・いのうえひでのりが語る「劇団☆新感線フリークになるための
                     必修科目映画」。

                  新感線独自の世界観わ生み出す「作り手の顔」を、
                  いつもとは少し違う角度から見て頂ける特集で、必見ですよ!


                  「シレンとラギ」関連作DVDも紹介!
                  合わせてチェックしてみて下さいね!

                  ◎おすすめブログ →「シレンとラギ」上演記念★関連DVDの紹介!

                  ◎《いのうえ歌舞伎》特集はコチラから!


                  -----------------------------------
                  JUGEMテーマ:演劇・舞台

                  0



                     

                    「シレンとラギ」関連作DVDを紹介!
                     → 目次
                     → 「シレンとラギ」関連DVD ・PART1 「いのうえ歌舞伎 第二章」(1) ・・「吉原御免状」
                     →
                    「シレンとラギ」関連DVD ・PART2 「いのうえ歌舞伎 第二章」(2) ・・「朧の森に棲む鬼」「IZO」
                     →
                    「シレンとラギ」関連DVD ・PART3 「いのうえ歌舞伎 第二章」(3) ・・「蜉蝣峠」「蛮幽鬼」
                     → 「シレンとラギ」関連DVD ・PART4 「豪華キャスト関連作」(1) ・・藤原竜也さん/永作博美さん
                     → 「シレンとラギ」関連DVD ・PART5 「豪華キャスト関連作」(2) ・・高橋克実さん/三宅弘城さん
                     → 「シレンとラギ」関連DVD ・PART6 「豪華キャスト関連作」(3) ・・北村有起哉さん/石橋杏奈さん
                     → 「シレンとラギ」関連DVD ・PART7 「豪華キャスト関連作」(4) ・・古田新太さん
                    ★7/5(木)〜8/5(日)の期間限定で舞台版「シレンとラギ」パンフレットを販売中!
                                                                                     ※舞台版「シレンとラギ」パンフレット販売終了いたしました。

                    こんにちは、イーオシバイスタッフの糸永です。

                    長きにわたりお届けしてきた、劇団☆新感線の新作舞台「シレンとラギ」関連DVDのご紹介。

                    PART1の公開が3月8日だったので、約三ヶ月に渡る企画となりましたが
                    いよいよ今回のPART7を持ちまして最終回となります!

                    今回は超豪華キャスト関連作DVDをご紹介する4回目。
                    劇団☆新感線の看板役者・古田新太さんの関連作をご紹介!

                    ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆

                    ◎古田新太さん関連DVD
                    多数の出演作がある古田さん。
                    どの作品を紹介するか悩んだのですが・・・。結局、本企画でまだ紹介されてない作品で、
                    かつ、私が好きな古田さんを堪能できる作品を独断と偏見で2つ選びました!

                    「シレンとラギ」では、藤原竜也さん演じるラギの父であり、
                    北の国の重鎮・キョウゴクを演じられています。
                    このキョウゴクが、敵と味方・父と男という、なんともややこしい二面性を持つ男で、
                    そんな難しい役を、古田さんは硬軟自在な演技で魅せてくれます。

                    ということで、今回選んだ2作品は、そんな古田さんの二面性を(個人的に)楽しめる作品を
                    選んでみました。


                    商品ページ
                    コチラ
                    『野獣郎見参』DVD

                    野獣郎見参!
                    男は殺す、女は犯す。金に汚く、己に甘い。
                    傍若無人の物怪野獣郎!

                    ■血沸き肉踊る、伝奇チャンバラサイキックアクション!
                    劇団☆新感線の人気作。初演は96年。その5年後に再演されたのが本作。
                    主人公は・・・頭は単純、気性は短気、男は殺す、女は犯す。
                    金に汚く己に甘い、傍若無人の物怪野獣郎!
                    まさに《愛すべき悪役キャラ》と言えるこの役を、堤真一さんが熱演されたことでも
                    話題になった作品。

                    21世紀になり一発目の《いのうえ歌舞伎》となった本作は、
                    数年前から巻き起こっていた新感線×商業演劇の正当な流れを組む、
                    時代活劇シリーズの決定版とも言える作品になりました。

                    陰陽師やら、妖怪やら、謎の秘術やら、陰謀策略やらが入り乱れ、
                    まさに少年漫画的王道エンターテインメントの魅力がたっぷりつまった大作です。

                    ■敵か味方か!?キーマンとなる長髪の古田新太さんに注目!
                    本作では、謎の魔事師・芥 蛮嶽(あくたばんがく)を演じる古田新太さん。
                    敵か味方か、なかなかその本性が見えない蛮嶽。
                    彼の考えと行動が、物語を大きく動かしていくのです。

                    蛮嶽の、登場時の物腰柔らかい丁寧で品のある風情から、
                    後半は一転して抑え込んだ気持ちが溢れ出てくる所は、見ていてゾクゾクします。
                    また長い髪をたなびかせる華麗な太刀さばきは、昨今の重厚な殺陣とはまた違った魅力があり、必見です。

                    最近の古田さんしかしらない人に、ぜひ見てほしい一本です。


                    商品ページ
                    コチラ
                    『レッツゴー!忍法帖』DVD

                    ギリギリ限界、爆笑忍者活劇!

                    忍術使いの阿部サダヲに、
                    妖術使いの古田新太が立ちはだかる。
                    抱腹絶倒、劇団☆新感線“ネタもの”初DVD化!

                    ■これぞ新感線《ネタもの》舞台の真骨頂!
                    劇団☆新感線の魅力の一つ「笑い」。
                    ただただその「笑い」を追求したシリーズは《ネタもの》と呼ばれ、
                    《いのうえ歌舞伎》や《Rシリーズ》とはまた別の人気を博しています。

                    その《ネタもの》の中から数少ないDVD化された作品が本作。
                    04年に発売された作品ですが、今なお根強い人気を誇り、
                    年間のランキングでも必ず上位に顔を覗かせる、隠れたヒット作です。

                    内容は・・これはもう見てもらうしかないのですが、
                    忍者です。お姫様です。妖術使いです。変態です。
                    大の大人が、しかもこんな豪華なメンバーが、真面目にここまで「バカ」を追求できるのは、
                    いろんな意味で尊敬に値します!

                    ■悪役!ヘンテコ妖術大爆発の古田新太さん!
                    以前、《ネタもの》公演を「自分たちへのご褒美」とおっしゃっていた古田さん。
                    その言葉の通り、古田さんをはじめ出演者の皆さんが、本当に楽しそうなのが伝わってきます。

                    股間にヘビ(マムシ)がくっついている妖術使いを、こんなに違和感なく演じられるのは、
                    演劇界広しといえど、古田さんくらいではないでしょうか!(ホメてますよ?)

                    この作品の魅力は、言葉では中々伝わらいないと思うので、ぜひ予告編を御覧ください!↓


                    ■古田新太さんのその他出演作
                    この他にも、古田新太さん出演作は数多くあります!
                    ぜひコチラからチェックしてみてください。

                    ◎古田新太さん出演作一覧 →コチラ

                    ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆

                    いかがでしたか?
                    さて、これをもちまして「シレンとラギ」関連作DVDの紹介は最終回です!

                    「シレンとラギ」の公演は7/2までとまだまだ続きます。
                    舞台をご覧になった方も、まだの方も、興味が沸いた作品があれば、
                    この機会にぜひチェックしてみてください。

                    また、もし「これもオススメ!」的なご意見があれば、
                    どしどしイーオシバイまでお知らせくださませ。参考にさせて頂きます!
                    それでは!

                    「シレンとラギ」上演記念★関連DVDの紹介!TOPページに戻る

                    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
                    「シレンとラギ」公式サイトはコチラ

                    0



                      |< << 前のページ | 2 / 5 ページ | 次のページ >> >|

                      ピックアップ特集pick up



                      天海祐希関連作DVD
                      堺雅人関連作DVD

                      ページランキング

                      カテゴリーcategory

                      アーカイブarchive

                      記事を検索search

                      コメントcomment

                      • 『髑髏城の七人』花鳥風月極Blu-rayBOX 追加予約のご案内 ⇒ by 阿部肇(11/13)
                      • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by ばる(08/31)
                      • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by ものりす(08/26)
                      • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by かな(08/26)
                      • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by mimieimi(08/26)
                      • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by mimieimi(08/26)
                      • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by ダヤン(08/26)
                      • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by 桜(08/26)
                      • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by 桜(08/26)
                      • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by いねここ(08/25)

                      ツイッターTwitter

                      フェイスブックFacebook

                      RSSフィードfeed

                      携帯サイトmobile

                      qrcode