[ スマホ版へ (※スマートフォン専用) ]


カテゴリー記事一覧


・同カテゴリーの記事が10記事掲載されます。10記事以上ある場合は「次のページ」をクリックして下さい。



 

彼らが戦わなければ

北海道が二分されていたかもしれないー
“忘れられた戦場”を舞台に、

無名の兵士たちが紡いだ
歴史群像エンターテインメント巨編!

DVD&Blu-ray 予約受付中!

 

 

2018年春、“日本一チケットが取れない演劇ユニット”とも称されるTEAM NACSの3年ぶりの舞台となった第16回本公演『PARAMUSHIR〜信じ続けた士魂の旗を掲げて』

 

チケット80,000枚が即完、全国6ヶ所56ステージ、さらに全国122館の映画館でライブ・ビューイング上映され、NACS史上最大規模のTOTAL11万人を動員!

各界で大絶賛され興奮と感動の嵐を巻き起こした、本作のDVD&Blu-ray発売が決定!本日から予約を開始しています。

 

[予約期間]

2018年8月2日(木)〜9月13日(木)

[発売日]

2018年9月26日(水)

DVD&Blu-ray一覧はこちら

 

ということで、今回は本作の魅力を改めてご紹介です!

 

 

TEAM NACSだからこそ描くことのできた、今の日本人のほとんどが知らない戦争のあとの“戦争”。

1945年8月15日。日本はポツダム宣言を受け無条件降伏、終戦が訪れました。

しかし、はるか北の地では、その後にも続く戦いがありました。

 

「彼らが戦わなければ北海道が二分されていたかもしれないー」

 

このコピーにある通り、本作で描かれるのは、終戦後に突如、千島列島に攻め入って来たソ連兵に立ち向かった名もなき兵士たちの“生き様”です。

千島列島や北方四島といった、今なお続く領土問題の発端ともなったこの出来事をモチーフにした舞台を、北海道で育ったTEAM NACSが真正面から描きます。

 

戦争ものということで暗くシビアになりがちな題材ですが、そこはNACS。

重めのテーマながら、きっちりとエンターテイメントとして昇華させ、見る者の心を強く揺り動かす感動群像劇となりました。

 

北海道で育ち、北海道を愛し、そして、様々な作品で数多くの観客から支持されてきたNACSだからこそ描くことができた“戦争”の物語。ぜひ多くの方々にご覧頂きたい作品です。

 

 

3年ぶりの本公演は、ファン待望のリーダー・森崎博之による原案・演出作品!

本作の原案・演出は、NACSのリーダーである森崎博之さん。

森崎さんが演出を務めるのは、2012年上演の『WARRIOR〜唄い続ける侍ロマン』以来、6年ぶり。

 

公演前の森崎さんへのインタビューなどでは、メンバーの故郷である北海道への愛着や、20年を超える活動などを経て「こういう話を語り継いでいくことをやってもいいんじゃないか」と思われたこと。

巧みな音楽の使い方や丁寧な人間描写にも定評がある森崎さんの演出は、重いテーマの作品を見事に“NACS色”に染め上げました。

 

なお、公演当時、初見でほとんどの人が「なんて読むんだろうか?」と思ったであろう『PARAMUSHIR』というタイトルにルビを振らなかったのも演出の一つとか。

名前すら知られていない島で、果たして何が起こったのか……。未見の方は、ぜひDVD(またはBlu-ray)でその答えを探してみてください。

 

また、脚本には映画『永遠の0』や『ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜』など話題作を多数手掛けた林民夫さんが参加。そしてこちらも6年ぶりとなるアンサンブルキャストの出演も話題となりました。

 

 

通常のDVD&Blu-rayに加え、豪華版(Blu-ray/初回生産限定)をリリース!

商品ラインナップは、通常のDVDとBlu-rayに加え、TEAM NACSの本公演のバッケージとしては初となる初回生産限定のBlu-ray豪華版を用意!

 

通常のDVDとBlu-rayには、本編ディスク(各DVDとBlu-ray)に加え、特典ディスク1枚、ステッカーが付属。

 

豪華版には、本編ディスク(Blu-ray)に加え、特典ディスクが2枚付属。さらに豪華アウターケース、特製ブックレット、ステッカーを封入した豪華スペシャル仕様です!

 

全商品に付属する特典ディスク1には、稽古初日から千秋楽まで、全56ステージを戦い切ったメンバーの苦悩と奮闘を存分に楽しめる「the making of PARAMUSHIR〜」が収録。

 

そして、豪華版に付属する特典ディスク2には、長い公演を終えて新たな進化を遂げたメンバー5人が、舞台『PARAMUSHIR』を振り返った撮り下ろしインタビューを収録です!

 

豪華版は初回生産限定!どうぞこの機会をお見逃しなく!

 

TEAM NACS 第16回公演​

『PARAMUSHIR〜信じ続けた士魂の旗を掲げて』

 

 

★こちらもオススメ!

TEAM NACSの全商品一覧へ

0



    2018年7月(7/1〜31)

    <人気商品ランキング><検索キーワードランキング>
     2018年7月の人気商品ランキング!

    ※人気商品ランキングは、期間中に頂いたご注文内容で算出しています。

    『SHIROH』DVD

     『薔薇とサムライ』DVD-special edition-

     『修羅天魔〜髑髏城の七人 Season極』公演パンフレット

     『髑髏城の七人 Season月』公演パンフレット

     『髑髏城の七人』DVD-special edition-

     『髑髏城の七人 Season風』公演パンフレット

     『髑髏城の七人 Season鳥』公演パンフレット

     『阿修羅城の瞳2003』DVD

     『髑髏城の七人』DVD

     『メタルマクベス』DVD-special edition-

     

     

     2018年7月の検索キーワードランキング!



     メタルマクベス

     劇団☆新感線

     髑髏城の七人

     チームナックス

     地球ゴージャス

     ゲキ×シネ

     蒼の乱

     アオドクロ

     三谷幸喜

     阿修羅城の瞳

    ────────────────────────────────────────────

    いつも前半・後半で分けているランキングですが、7月はまるっとひと月でのランキングを発表します!

     

    さて、商品ランキングでは、今回も『髑髏城の七人』花鳥風月極シリーズの公演パンフレットや『薔薇サム』などのランキング常連作品が、上位を占めていますが、首位を勝ち取ったのは何と『SHIROH』DVDです!

     

    メルマガ(E!マガ)や、イーオシバイのSNSでもご紹介しておりますが、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が、国内では18件目になる世界文化遺産に登録されたことを受け、新感線版“天草四郎の伝説”『SHIROH』にも多くの注目が集まりました。

     

    『SHIROH』は、2004年に劇団☆新感線がミュージカルの殿堂・帝国劇場で初めて挑んだ本格ロック・ミュージカル。

    “島原の乱”をモチーフに、「天草四郎は二人いた」という大胆な仮説のもと、理想と現実、争いと自由、愛することと信じること、様々なテーマを、音楽の力とロックの魂で作り上げられた本作は、10年以上前の作品でありながら、今も尚、根強い人気を誇っています。


    「神の声を持つシロー」を演じる中川晃教さんの圧巻の歌声と、「神の声を待つ四郎」を演じる上川隆也さんの苦悩と葛藤に満ちた姿は、見る者の心を強く揺さぶります。

     

    公演時はもとより、ゲキ×シネでもリーピーターの数が非常に多い本作ですが、DVDでは映像特典に加えて、音声特典として"キャスト&スタッフによる副音声コメンタリー"も収録されていますので、1度ならず何度でもご堪能頂きたい!

     

     

     

    検索ワードランキングでは、7/23に『メタルマクベス』disc1が開幕したこともあり、これまで長い間1位に君臨していた『髑髏城の七人』に替わり、『メタルマクベス』が1位を獲得!

     

     

    12年ぶりに復活した『メタルマクベス』について、下記のブログ記事でも紹介しておりますので、あわせて是非チェックしていただみてください!

    『メタルマクベス』disc1 関連作DVDをチェック!《その1》

     

     

    また4位の"TEAM NACS"は、最新作『PARAMUSHIR〜信じ続けた士魂の旗を掲げて』DVD&Blu-rayが9/26(水)に発売されますが、イーオシバイでも本日より予約受付をスタート致しました!

     

     

    NACSの新作が今後のランキングにどのように影響してくるかが非常に楽しみですね!

    本日アップの下記ブログ記事で、新作の魅力について是非チェックするのをお忘れなく!!

     

    TEAM NACSだからこそ描くことのできた“戦争”。DVD&Blu-ray最新作『PARAMUSHIR〜信じ続けた士魂の旗を掲げて』予約開始!

     

     

    それでは、次回のランキングもお楽しみに!

     


    ────────────────────────────────────────────
    (イーオシバイ 関口)

    JUGEMテーマ:演劇・舞台

     

     

    0



      いよいよ開幕したONWARD presents 新感線☆RS『メタルマクベス』disc1 Produced by TBS!

      ドクロの次はメタルが回る!ということで、12年ぶりに復活した『メタルマクベス』が、2年めの夏を迎えるIHIステージアラウンド東京で、生バンドのビートとシャウトにのせて、今日も元気にぐるぐる回っています!

       

      ONWARD presents 新感線☆RS『メタルマクベス』disc1 Produced by TBS 公式サイト *外部サイトに移動します

       

      イーオシバイでは、『メタルマクベス』disc1をさらに楽しんでもらうべく、その関連作を2回に分けてご紹介してまいります。

      今回は、これが元祖!2006年に上演された初演版『メタルマクベス』の魅力に迫ります!

       

      『メタルマクベス』DVD 特集ページ

       

       

      はじめての宮藤官九郎作品、はじめてのシェイクスピア、はじめて尽くしの鋼鉄のロック・スペクタクル!

       

       

      『メタルマクベス』

       

       

      舞台だけでなく、ドラマ・映画などでも活躍し、今最も注目を集める作家の一人・宮藤官九郎さん。

      今でこそ、様々な形ての新感線とのコラボ作も生まれていますが、その記念すべき第一作目となったのが、2006年の『メタルマクベス』でした。

       

      新感線がはじめて挑むシェイクスピア。

      初演当時、決まっていたのは『メタルマクベス』というタイトルだけ。

      メタルでマクベスってかっこいいじゃん、と何とも新感線的発想のバトンを渡されたのは、これまた当時「シェイクスピアはほとんど読んだことが無い」という宮藤さんでした。

       

      そこから生まれた鋼鉄のロック・スペクタクル!

      80年代のメタルバンドとマッドマックス的近未来が交錯する、斬新な構成な物語!

      物語全体は二つの世界を行き来しつつ、しかし、骨格は見事なまでに「マクベス」で、 それは、翻訳者である松岡和子氏をして「しっかりマクベスしている」という完成度でした。

       

      音楽にこだわり続けた新感線と、自身も音楽活動を広く続ける宮藤さんのぶつかり合いからは、数々の名曲が誕生。

      当時、暴走?した舞台チームは、なんと劇中に登場するメタルバンド「メタルマクベス」のPVまで作ってしまうという力の入れようで、ついには舞台の本番が幕を開ける数ヶ月前に、その前哨戦として「メタルマクベスLIVE」というライブまで敢行してしまうという盛り上がり!

      ※このPVのメイキングやライブの模様は、DVDスペシャルエディションエディションの特典映像に収録されています。

       

      『メタルマクベス -special edition-』DVD

       

       

      鳴り響くロック!バラード!そして演歌!?

      ありとあらゆる要素を飲み込んだ過激な化学反応は、ついにはこれまで誰も観たことのない《新・マクベス》を誕生させました。

       

      これらの『メタルマクベス』の楽曲は、新感線×岡崎司のベストCD第2弾『岡崎司[WORKS]ベスト・オブ・ザ・劇団☆新感線 II』CDにも、3曲を収録。興味のある方はDVDだけでなく、こちらもチェックしてみて下さい!

       

      『岡崎司[WORKS]ベスト・オブ・ザ・劇団☆新感線 II』CD

      新感線の音楽に担う岡崎司さんが手がけた楽曲の数々!

      『メタルマクベス』の他にも『港町純情オセロ』『蜉蝣峠』『リチャード三世』『牡丹燈籠』など、2006〜2011年の公演でCD化されていない4作品からの楽曲を含む、全37曲を収録! 

       

       

      『メタルマクベス』の後、新感線×宮藤官九郎は、『蜉蝣峠』『犬顔家の一族の陰謀 〜金田真一耕助之介の事件です。ノート』『Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン!〜』といった、傑作・迷作?を生み出して行きます。

       

      この『Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン!〜』上演時には、本ブログで新感線×宮藤官九郎作品の紹介記事もアップ。

      そちらもチェックしてみて下さい!

       

      VBB上演記念!宮藤官九郎×劇団☆新感線〜その《衝撃》と《破壊》を体感 せよ!!! *2016年8月9日公開

       

       

       

      こちらもはじめて尽くし!最高のキャストが集結!

      主役のランダムスター(マクベス)夫妻を演じるのは、初新感線であり、ミュージカルからストレートプレイまで幅広く活躍される内野聖陽さんと松たか子さん。

       

      小心者で見えっ張りなランダムスター(=マクベス)を演じる内野聖陽さんと、傲慢だけど内向的なランダムスター夫人(=マクベス夫人) を演じる松たか子さんの熱演には注目です!

       

      また、『髑髏城の七人』Season鳥*にも出演、今では“準劇団員”として新感線には馴染みの深い森山未來さんや、『シレンとラギ』での熱演も記憶に新しい北村有起哉さん、数々の新感線の“音モノ”作品でその絶品シャウトを響かせてくれている“冠くん”こと冠徹弥さんも、この作品が初新感線。個性的な面々が結集した舞台でした!*外部サイトに移動します。

       

       

       

      新感線DVDシリーズ初の“スペシャルエディション”が登場!

      『メタルマクベス』初演版の初めて尽くしは舞台だけにはとどまりません。

       

      本編だけの通常版DVDに加え、ここでしか見ることのできない特典映像が満載のスペシャルエディション版DVDが登場したのも、本作から。

       

      “はじめてのスペシャルエディション”ということで、DVDスタッフも暴走!?

      力加減がわからず、2時間を超える映像を詰め込んでしまったのは、良い思い出です。

       

      また、副音声として出演者の方々のコメンタリーが収録されているのも本DVDの魅力の一つ!

      こちらは通常版&スペシャルエディション版、双方共に収録されています。

       

      通常版で本編だけをシンプルに楽しむも良し、スペシャルエディション版で本編に加え特典映像の数々で更に深く『メタルマクベス』の世界を楽しむも良し、新たに生まれ変わった新生『メタルマクベス』をお楽しみ頂けたら、ぜひこちらの初演版もDVDでお楽しみ下さい!

       

      DVDの購入はこちらから↓

      『メタルマクベス』DVD 特集ページ

       

       

       

      ------------------------------------

      JUGEMテーマ:演劇・舞台

       

      0



        |< << 前のページ | 2 / 185 ページ | 次のページ >> >|

        ピックアップ特集pick up



        天海祐希関連作DVD
        堺雅人関連作DVD

        ページランキング

        カテゴリーcategory

        アーカイブarchive

        記事を検索search

        コメントcomment

        • 「大☆新感線博」販売グッズを一挙ご紹介! ⇒ by 店長(09/11)
        • 「大☆新感線博」販売グッズを一挙ご紹介! ⇒ by tora(09/11)
        • 2014年8月上旬(8/1〜8/15) 売れ筋ランキング! ⇒ by トム(08/25)
        • 「ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII」DVD&Blu-rayのココがすごい vol.4/五右衛門シリーズはすごい!編 ⇒ by おもっちは八丁座(07/10)
        • 「ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII」DVD&Blu-rayのココがすごい vol.1/ブルーレイがすごい!編 ⇒ by にゃんこ(07/08)
        • 「ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII」DVD&Blu-rayのココがすごい vol.1/ブルーレイがすごい!編 ⇒ by はるひろ(06/19)
        • 「ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII」DVD&Blu-rayのココがすごい vol.1/ブルーレイがすごい!編 ⇒ by にゃんこ(06/19)

        ツイッターTwitter

        フェイスブックFacebook

        RSSフィードfeed

        携帯サイトmobile

        qrcode