[ スマホ版へ (※スマートフォン専用) ]


カテゴリー記事一覧


・同カテゴリーの記事が10記事掲載されます。10記事以上ある場合は「次のページ」をクリックして下さい。



2019年1月 (1/1〜31)

<人気商品ランキング><検索キーワードランキング>
 2019年1月 人気商品ランキング!

※人気商品ランキングは、期間中に頂いたご注文内容で算出しています。

『メタルマクベス』disc3 公演パンフレット

 『ZEROTOPIA』DVD

 『髑髏城の七人 Season月』公演パンフレット

 『ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII』DVD -special edition-

 『Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン!〜』Blu-ray

 『ASTERISK「Goodbye Snow White」新釈・白雪姫』DVD

 『SHIROH』DVD

 『蛮幽鬼』DVD

 『蛮幽鬼 -special edition-』DVD

 『髑髏城の七人2011』CD

 

 

 

 2019年1月 検索キーワードランキング!



 劇団☆新感線

 髑髏城の七人

 メタルマクベス

 チームナックス

 三谷幸喜

 蜷川幸雄

 地球ゴージャス

 ゲキ×シネ

 蛮幽鬼

 蒼の乱

────────────────────────────────────────────

もーいーくつねるとー♪バレンタイン。

この時期、ついついチョコを食べすぎてしまい、後々後悔する筆者ですが、皆さまはいかがでしょうか?

今回は、記事の最後にバレンタインにオススメの作品をご紹介してみましたので、ランキングとあわせてチェックしてみてくださいね。

 

さて、1/18にネット販売を開始した『メタルマクベス』disc3の公演パンフが首位を獲得!

 

豪華な撮り下ろし写真や、キャストのコメントが満載なのはもちろんのこと、演出・いのうえひでのりのメタル愛溢れる対談企画「いのうえ鋼鉄対談」や、原作であるウィリアム・シェイクスピア「マクベス」の翻訳を担当された松岡和子さんへのインタビュー記事など、『メタルマクベス』のバックグラウンドを知ることができ、読み物としても満足感が得られる1冊となっています。

 

 

 

また、3位にランクインした『髑髏城の七人』Season月 公演パンフレット。

こちらは、《上弦の月》が、1/5(土)WOWOWで放送されたこと、《下弦の月》が、3/23(土)に放送決定のニュースを受けて、順位が急上昇したと思われます!

 

《Season月》のパンフレットは、両A面の特殊仕様で、《上弦》&《下弦》両チームの魅力を余すことなく詰め込んだ唯一無二の1冊となっていますが、3月末までの期間限定&数量限定での販売となっています。

 

現在販売中の《Season風》《修羅天魔》も同じく3月末までの販売となりますが、期間内でも在庫がなくなり次第、販売を終了致します。公演会場やライブビューイング会場で買い逃した方をはじめ、少しでも内容が気になる方は、お買い逃がしのございませんよう、お早めにお求めください!

 

  

 

 

そして公演パンフといえば、1/24(木)に販売を開始した『愛犬ポリーの死、そして家族の話』公演パンフレット!

 

2009年の旗揚げ以来、脚本と演出すべてを根本宗子が務める月刊「根本宗子」の第16号公演として、昨年末に上演された『愛犬ポリーの死、そして家族の話』。

先日、第63回岸田國士戯曲賞の最終候補作に選出されたことが発表されたことで、現在熱い注目を集めています。

作品の魅力は、下記ブログ記事でも紹介しておりますので、あわせてご覧くださいませ!

 

岸田國士戯曲賞 最終候補作品!『愛犬ポリーの死、そして家族の話』公演パンフレット本日販売開始!

 

 

 

 

キーワードランキングにうつりまして、4位にランクインした常連の「TEAM NACS」に注目!

 

LOOSER 〜失い続けてしまうアルバム』『COMPOSER 〜響き続ける旋律の調べ』『HONOR 〜守り続けた痛みと共に』『下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。』『WARRIOR 〜唄い続ける侍ロマン』が、3/20(水)にBlu-rayで発売致します!

 

イーオシバイでは、先週の1/31(木)より、NACSの本公演5作品のBlu-rayの予約受付を開始しておりますが、皆さまご確認いただいておりますでしょうか?

 

 

 

現在、DVDでも販売中のこれらの作品ですが、標準画質を高精細化する最新技術でBlu-ray化が実現。

DVDでは表現しきれなかったディティールをお楽しみ頂けます。

既にDVDをお持ちの方も、初めての方も、これらのBlu-rayは要チェックですよ!

 

 

最後は、冒頭で予告しましたバレンタインに是非ご覧いただきたい作品をご紹介!

それは…『シレンとラギ』DVDです!

 

 

演出・いのうえひでのりの「“神様からのギフト”たれ」という祈り、作家・中島かずきの「このラストが書きたい」という願いが結実した本作は、悲劇「オイディプス王」をベースに親子愛、兄弟愛、友人愛、そして男女の愛と様々なアイの形と、運命に翻弄される壮絶な人間の業を描いており、あまーいバレンタインに苦みをきかせた大人な作品といっても過言ではないでしょう。

 

過去のブログ記事では、チョコレートに例えて本作品をご紹介していますので、是非ご覧になって頂きたいです!

 

『シレンとラギ』DVD〜様々な<愛>をチョコレートで解析!〜

 

 

それでは、次回のランキングもお楽しみに!

 

 

────────────────────────────────────────────
(イーオシバイ 関口)

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

 

0



     

    いま、最も注目を集める若手演劇人の一人、根本宗子さん。

    根本さんの作品はポップで波乱万丈でハチャメチャな展開の中、あちこちに散りばめられた心を抉るセリフの数々が観るもの心に少しずつ小さなひっかき傷を残すような、一度見たら忘れられない雰囲気が特徴。

    そんな「ねもしゅー」ワールドに、ハマる人が続出中です!

     

    その根本さんが脚本と演出を務める、月刊「根本宗子」が昨年上演した『愛犬ポリーの死、そして家族の話』*が、この度、第63回岸田國士戯曲賞の最終候補作品としてノミネート*されました!

    選考会は3/12に行われるとのこと、どうなるか楽しみですね!

    *外部サイトに移動します


    イーオシバイドットコムでは、本日よりその『愛犬ポリーの死、そして家族の話』公演パンフレットの販売をスタートしております!

    公演会場で購入できなかった方、舞台は観られなくとも作品の雰囲気だけでも味わいたい方は、この機会をどうぞお見逃しくなく。

     

    『愛犬ポリーの死、そして家族の話』公演パンフレット

    1,500円(税込)

    ※公演会場で販売された性質上、表紙・背表紙等に若干のキズ等の傷みがございますが、商品の仕様となります。予めご了承下さい。

     

    こちらもおすすめ!

    根本宗子関連作品&グッズ一覧

     

     

     

    『愛犬ポリーの死、そして家族の話』

     

    早くに母を亡くした四姉妹の森家。
    四女の花以外はみんな嫁に行き、それぞれの家庭を築いている。

    ある日、家族行事で全員が実家に集まった日。花の愛犬ポリーが突然死んでしまう。

    「これは自殺だ」と言い出す花。
    旦那たちの横暴な態度でポリーはストレスを感じ自殺したのだと。

    愛犬の死をきっかけに完全に心を閉ざした花は、数ヶ月後ポリーにそっくりの男と恋に落ちる。
    しかしそれは花と歳のかけ離れたおじいさんだった――――。

     

     

    主人公の花(藤松祥子)とその愛犬ポリー(村杉蝉之介)を中心に、四姉妹とそれぞれの家庭を巡る家族の再生の物語を描いた『愛犬ポリーの死、そして家族の話』は、劇団公演としては2016年上演の『夢と希望の先』以来、2度目の本多劇場での上演ということで話題となりました。

     

    『愛犬ポリーの死、そして家族の話』公演公式サイト *

    *外部サイトに移動します *2019年1月現在公演は終了しています。


    公演パンフレットは、【キャスト紹介&作文】をはじめ、【劇中歌歌詞&創作秘話】も収録。
    また驚きの【中村七之助×根本宗子・幼馴染対談】や【男女別キャスト座談会】と、舞台の裏側を知ることができる濃密な内容となっています。

     

    『愛犬ポリーの死、そして家族の話』公演パンフレット


     

     

     

    過去の岸田戯曲賞受賞作をはじめ、演劇賞受賞作品一覧

     

    今年の岸田國士戯曲賞 最終候補作品も、根本宗子さんの『愛犬ポリーの死、そして家族の話』をはじめ、どれも話題となった作品ばかり。どの作品が受賞するか、楽しみですね!

     

    第63回岸田國士戯曲賞 最終候補作品(作者五十音順、敬称略)

    坂元裕二『またここか』(リトルモア刊)
    詩森ろば『アトムが来た日』(上演台本)
    瀬戸山美咲『わたし、と戦争』(上演台本)
    根本宗子『愛犬ポリーの死、そして家族の話』(上演台本)
    古川日出男『ローマ帝国の三島由紀夫』(『新潮』2018年10月号掲載)
    松原俊太郎『山山』(『悲劇喜劇』2018年7月号掲載)
    松村翔子『反復と循環に付随するぼんやりの冒険』(上演台本)
    山田百次『郷愁の丘ロマントピア』(上演台本)

     

    第63回岸田國士戯曲賞最終候補作品決定 / 白水社*

    *外部サイトに移動します

     

    イーオシバイドットコムでは、岸田戯曲賞をはじめとする各演劇賞の受賞作で映像化されている作品を一覧でご覧頂けます。

    今年の岸田戯曲賞が決まる前に、過去の受賞作をチェックしてみるのも、面白いかもしれません!

     

    演劇賞・戯曲賞受賞作一覧

     

     

     

    -------------------------------

    JUGEMテーマ:演劇・舞台

    0



      2018年下半期

      <人気商品ランキング><検索キーワードランキング>
       2018年下半期 人気商品ランキング!

      ※人気商品ランキングは、期間中に頂いたご注文内容で算出しています。

      『SHIROH』DVD

       『メタルマクベス -special edition-』DVD

       書籍『演劇プロデューサーという仕事』

       『髑髏城の七人』DVD

       『薔薇とサムライ』DVD -special edition-

       『メタルマクベス』DVD

       『髑髏城の七人』DVD -special edition-

       『蛮幽鬼 -special edition-』DVD

       『メタルマクベス』disc1 公演パンフレット

       『修羅天魔〜髑髏城の七人 Season極』公演パンフレット

       

       

       2018年半期 検索キーワードランキング!



       メタルマクベス

       劇団☆新感線

       髑髏城の七人

       チームナックス

       三谷幸喜

       蛮幽鬼

       ゲキ×シネ

       地球ゴージャス

       薔薇とサムライ

       朧の森に棲む鬼

      ────────────────────────────────────────────

      2017年春に『髑髏城の七人』Season花*でスタートし、昨年末の『メタルマクベス』disc3*大千秋楽で幕を下ろした、新感線の約2年にわたるステージアラウンドでの全公演。*外部サイトに移動します

       

      2018年の後半は、『メタルマクベス』disc1.2.3の上演時期とまるっと重なったということで、キーワードランキングの首位は『メタルマクベス』がトップに。また商品ランキングでも、『メタルマクベス』初演DVDなど、関連商品がランクインする結果となりました。

       

      『メタルマクベス』初演DVD

       

       

      現在イーオシバイでは、『メタルマクベス』disc3公演パンフレットの予約を受付中です。

      明日1/18(金)には販売開始となりますので、公演会場でライブビューイング会場で買い逃した方など、この機会をお見逃しなく!

       

      『メタルマクベス』disc3公演パンフレット

       

       

      そんな勢いに乗る『メタルマクベス』を抜いて、商品ランキングの1位を獲得したのは『SHIROH』DVD!

      「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が、国内では18件目になる世界文化遺産に登録されたことを受けて、新感線版“天草四郎の伝説”『SHIROH』が再び大きな注目を集めました。

       

      ◎『SHIROH』DVD

       

       

      2004年の上演から14年経過しても尚、根強い人気を持つ本作品。

      天草四郎と島原の乱の史実をモチーフに、大胆な創造力で普遍的なテーマにまで昇華した物語を、まさに“神の歌”と言える魂のこもった音楽が壮大なスケールで展開する本作をDVDでご堪能ください。

       

      『SHIROH』DVD予告編 / Youtube

       

       

      商品ランキング3位には、書籍『演劇プロデューサーという仕事』がランクイン。

      レコード会社の会社員から第三舞台のプロデューサー、そして現在は劇団☆新感線のエグゼクティブ・プロデューサーになった細川展裕の初の自叙伝です。

      イーオシバイ独占のインタビュー記事では、本書の中でも語られなかったことも含む裏話が満載となっていますので、こちらもあわせてチェックしてみてください!

       

      『演劇プロデューサーという仕事』発売記念 細川展裕インタビュー

       

       

      ということで、次回のランキングもお楽しみに!


      ────────────────────────────────────────────
      (イーオシバイ 関口)

      JUGEMテーマ:演劇・舞台

       

       

      0



        |< << 前のページ | 2 / 192 ページ | 次のページ >> >|

        ピックアップ特集pick up



        天海祐希関連作DVD
        堺雅人関連作DVD

        ページランキング

        カテゴリーcategory

        アーカイブarchive

        記事を検索search

        コメントcomment

        • 『メタルマクベス』disc3 出演者関連作DVDをチェック! ⇒ by かおり(12/12)
        • 「大☆新感線博」販売グッズを一挙ご紹介! ⇒ by 店長(09/11)
        • 「大☆新感線博」販売グッズを一挙ご紹介! ⇒ by tora(09/11)
        • 2014年8月上旬(8/1〜8/15) 売れ筋ランキング! ⇒ by トム(08/25)
        • 「ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII」DVD&Blu-rayのココがすごい vol.4/五右衛門シリーズはすごい!編 ⇒ by おもっちは八丁座(07/10)
        • 「ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII」DVD&Blu-rayのココがすごい vol.1/ブルーレイがすごい!編 ⇒ by にゃんこ(07/08)
        • 「ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII」DVD&Blu-rayのココがすごい vol.1/ブルーレイがすごい!編 ⇒ by はるひろ(06/19)
        • 「ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII」DVD&Blu-rayのココがすごい vol.1/ブルーレイがすごい!編 ⇒ by にゃんこ(06/19)

        ツイッターTwitter

        フェイスブックFacebook

        RSSフィードfeed

        携帯サイトmobile

        qrcode