[ スマホ版へ (※スマートフォン専用) ]


カテゴリー記事一覧


・同カテゴリーの記事が10記事掲載されます。10記事以上ある場合は「次のページ」をクリックして下さい。



劇団☆新感線の旗揚げ39周年をお祝いし、2019年から2020年にかけて“サンキュー(39)興行と銘打って公演された『偽義経冥界歌』《ゲキ×シネ》の最新作としてスクリーンに帰って来ます!

 

2020年10月24日(土)より全国公開!

 

 

10月24日(土)の全国公開に先駆け、21日(水)に丸の内ピカデリー・ドルビーシネマにて先行上映&舞台挨拶が開催されましたので、イーオシバイも取材にお邪魔しました!

 

 

 

主人公・奥華玄九郎国衡(偽義経)役の生田斗真さん、弟の奥華次郎泰衡役の中山優馬さん、大陸渡りの歌うたい・静歌役の藤原さくらさんが登壇。

稽古場&上演当時の裏話や、完成したゲキ×シネを観ての感想などを和気あいあいと語って盛り上がりました!

 

 

注目のイベントということで、マスコミも多く訪れる中、まずはそのドルビーシネマの説明からイベントはスタート!!

そして、いよいよ舞台挨拶が開始です。

 

「本日は偽義経・鬼〇の刃にご来場頂き…」


と始まった生田さんのご挨拶に、すかさず
 

「違うよ!ちゃんと読んで!」


と突っ込む中山さん、そんな軽妙なやりとりから始まった舞台挨拶。

新感線には4度目の出演で準劇団員とも呼ばれ、そんな中、座長となった生田さんからは公演を振り返りながら
 

「(コロナの影響で)三万人近くの方が観られずに悔しい思いをされた。ゲキ×シネで全国の皆様にお届けできるのは本当にミラクル!今日は世界初上映ですからね!」

 

という感慨深げな言葉がもれました。

初新感線となった中山さんが
 

「毎日笑いながら稽古が進んで行った記憶が鮮明に残っているので、今考えても幸せな時間だったなと思っています」


とにこやかに伝えると、初舞台でもあった藤原さんからは


「舞台に出ることが初めてで、劇団☆新感線の舞台はお客さんとして毎回観に行っていたので、自分が出るという想像が全然ついていなかったんですけど、今まで観ていた劇団員の皆さん含めスタッフの方が本当に優しくて、舞台の初歩の初歩から教えていただいて、ありがたかったです」


と感謝の言葉を述べられました。

MC(司会)から「お二人のそのお気持ちはセンターにいる生田さんの力も強かったんじゃないでしょうか?」という質問には、誰よりも早く生田さんから

 

「まぁ、そうですね!」


という力強い返事が返され、会場は笑いに包まれました。

それでも、そんな座長はみんなを陰から支え続けたようで、中山さんが


「斗真くんは稽古でもまったく手を抜くことがなくて、いつも全力でやられている姿を見て、自分ももっと頑張らなきゃなっていう思いには駆られていましたね」


と言えば、藤原さんも


「斗真さんが私のアクションを先に覚えてしまって教えていただいたりとか、助かりました」


と、実はしっかり座長をしていた生田さんの姿を教えてくれました。

 


その後も色々な話題で盛り上がった舞台挨拶ですが、その中からいくつかピックアップ、登壇者の方々のお言葉をご紹介します!
 

 

★今だから笑える? ハプニングエピソード★

 

■奥華秀衡役、橋本さとしさんがややこしい役名に混乱!?

生田さん

橋本さとしさんは俳優として大好きな方で尊敬している方です。

(劇中では)さとしさんの濃さ、僕の濃さ、優馬の濃さで、ものすごい濃さの家族になっていると思います。
本当にチャーミングな方で、天然な感じもあって。ハンサムでカッコよくて渋い役者さんなのにちょっと隙があって、かわいらしい人だなと思っています。
そのさとしさんが、今回なかなか、役名が覚えられなかったらしくて(笑)。
さとしさんが“秀衡(ひでひら)”、僕が”国衡(くにひら)“、優馬が”泰衡(やすひら)“。
その優馬に向かって、「泰衡〜!」って言わないといけないのに、“何ひら“だったかわからなくなってしまったらしく、「うぉぉ〜、ひらひら〜!」って叫んだ(笑)。可愛いなと思って(笑)
 

 

 

■八百屋舞台で転倒

生田さん

舞台が少し斜めに傾いていて、その上に階段があったんです。優馬、ちょいちょい転んでたよね?

 

中山さん

そんなにコケるか!? ってくらいコケました…

 

生田さん

りょうさん演じる黄泉津(よもつ)の方に、「お母様、落ち着いて!」って声を掛けるときに、「お母様、あぁ〜!」って(笑)

 

中山さん

そのまま、「落ち着いて!」ってセリフをつなげたんですけど、全員が「お前や」っていう顔をしていましたね(汗)

 

 

■セリフを噛んだ藤原さんを、生田さんが見事にカバー!

藤原さん

私が斗真さんとのシーンでパッとセリフを失ってしまって「どうするんだろう…」と思っていたら、生田さんは何事もなかったように続けてくださいました。

 

生田さん

生だから、セリフを忘れたり噛んでしまうことは誰でもあることなので全然OKなんですけど、さくらちゃんは本当に1番最後の大事なセリフを噛んでしまって、その後に「あ!」って言っちゃって(笑)。お客さんにも「あ!って言った…」みたいな空気が流れるちょい前にセリフを入れました。バレバレだったけどね(笑)

 

そんなかわいらしいハプニングエピソードを持つ藤原さんですが、舞台中に小道具のギターの音がずれていることに気がつき、チューニングを合わせながら芝居をしたこともあったのだとか!

それには思わず、生田さん、中山さん、そして会場からも「すごい!」の声が上がっていました。

 

 

 

★博多座の思い出★

 

新型コロナウイルス感染拡大防止の影響で、2020年の東京公演は一部中止、福岡公演は全公演が中止となってしまった本作。

 

生田さん

博多座に現地入りして舞台稽古をしている途中で中止のアナウンスがありました。

でも、演出のいのうえ(ひでのり)さんが、「このまま何もせずに帰るのは悔しいし、うかばれないから、最後に無観客で通し稽古をしよう!」と言ってくださって、普段なかなか舞台を観ることが出来ない劇場のスタッフの皆様に客席に座っていただいて通し稽古をしました。

 

すべてのお芝居が終わってカーテンコールのときに、2階席か3階席のところから“のぼり”が上がったんです。本当は劇場の周りに立てるはずだった“のぼり”を劇場の中に入れて僕たちに見せてくださって。すごく忘れられない公演になりましたし、いつか必ずリベンジしたいです。

 

中山さん

中止になってしまって、切なかった以外の言葉が見つかりませんが、(通し稽古を)やれるかやれないかでは全然違いますし、「僕らはこの作品で博多座にいたんだぞ!」というのを刻みつけた時間でした。

 

藤原さん

博多は地元だったので、観ることが出来なかった知り合いがたくさんいて悔しいなと思っていたら、いのうえさんが通し稽古に「家族を呼んでいいよ」ってくださったんです。

ずっと楽しみにしてくれていたばぁちゃんを呼んだら、1番前の席に座っていて、ずっとばぁちゃんが視界をよぎって…(笑)。すごく見つけやすかったです。

 

 

★ゲキ×シネを見て★

 

生田さん

今のゲキ×シネのシステムって本当に凄くて、生の舞台では観られないような汗とか涙とか空気みたいなものが全て臨場感として伝わってくると思うので、生で観てくださった方も、ご覧になれなかった方も楽しめるようなものになっているのではと思います。
(ドルビーシネマに関して)音が凄いです!右から矢が飛んでくるんじゃないか、左から斬られるんじゃないかっていう臨場感なので、ぜひ楽しんでください

 

藤原さん

この前試写会で観させていただいたときに細部の細部まで、舞台でやっていても気がつかなかったような皆さんの細かい顔の動きがよくわかって、自信を持ってみんなに観てもらいたい舞台っていうものを映画館で観ていただけるのでうれしい気持ちです。

演出や動きがスローモーションになって、より戦いの臨場感が出るような編集がしてあったりとか、舞台をここまで映画作品として完成させるのは大変だろうなと思いました。おもしろかったので、楽しんでください!

 

中山さん

僕はまだ観てないんですけど…(笑)。楽しみです。舞台の作品は舞台じゃないとなかなか見れないので、カット割りがはいったりすると思うので、観てないですけど…(笑)。楽しんでください!この公演は殺陣が多くて素晴らしい迫力で見所です!

 

 

★ゲキ×シネをご覧になる方へのメッセージ★

 

藤原さん

初めて新感線さんの作品を映画館で観させていただいたんですけれども、音の迫力だったり、素晴らしいものを観た!という感覚になると思います。楽しんでください。

 

中山さん

この作品をやっているときに体力的にはしんどいこともたくさんあったんですけど、すごく元気になる作品なんですよね。元気をもらえる迫力と照明、衣装、いろんなものが合わさって素晴らしい作品になっていると思うので、映画館で楽しんでいただきたいと思います!

 

生田さん

昨今、舞台の中をテレビで観られたりとか、DVDで観られる機会が増えているとは思うんですけれども、ゲキ×シネはレベルが違います!とんでもないクオリティで演劇をお届け出来る新しい体験が映画館で出来ると思うので、ぜひご覧いただきたいと思います!

 

◆   ◆   ◆

 

約20分、あっという間だった舞台挨拶。

公演当時を振り返り、熱いトークが繰り広げられる場面はもちろん、生田さんのユーモアあふれるコメントに中山さんが素早くツッコミを入れる姿は漫才を見ているようでほっこり。さすが兄弟役、息がぴったりだなぁと(笑)。

 

そして、そんな2人をにこやかに見守る藤原さん。カンパニーとしての仲の良さを感じると共に、劇中の玄九郎、泰衡、静歌がそのまま飛び出してきたかのようで懐かしさを覚えました。

 

公演当時、劇場で観劇出来た方も出来なかった方も、すべての方に“ゲキ×シネ”という形でお届け出来ることが決定した『偽義経冥界歌』

 

俳優たちの細かい表情や、こだわり抜かれた衣装やセット、小道具など劇場では確認しきれなかった新たな発見が出来るのも、大スクリーンで観る醍醐味!

 

今は、鬼と戦うアニメが人気ですが、

「アニメも面白いけど、演劇はもっと面白いぞ!」と、力強いコメントをしてくれた生田座長。

ゲキ×シネでは人間がバンバン戦います。

映画でしか味わえない、圧倒的臨場感をぜひ映画館で!

 

◆   ◆   ◆

 

上映会が行われたのは日本に7箇所かないドルビーシネマの一つ、丸の内ピカデリー!

黒を極限まで黒く。パワフルな映像と音で、完全に没入する究極のシネマ体験を実現!

鑑賞された皆様、大迫力の冥界はいかがだったでしょうか!? 

◆   ◆   ◆

 

イーオシバイでは、『偽義経冥界歌』ゲキ×シネ上映を記念して、本日より舞台公演時に販売していた、公演グッズの再販をスタートしました!

ゲキ×シネと併せて、こちらもヨロシクお願いします!

 

『偽義経冥界歌』公演グッズ取り扱い開始!

 

0



    [コメント]
    コメントする








       

    ピックアップ特集pick up



    天海祐希関連作DVD
    堺雅人関連作DVD

    ページランキング

    カテゴリーcategory

    アーカイブarchive

    記事を検索search

    コメントcomment

    • 『髑髏城の七人』花鳥風月極Blu-rayBOX 追加予約のご案内 ⇒ by 阿部肇(11/13)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by ばる(08/31)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by ものりす(08/26)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by かな(08/26)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by mimieimi(08/26)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by mimieimi(08/26)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by ダヤン(08/26)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by 桜(08/26)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by 桜(08/26)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by いねここ(08/25)

    ツイッターTwitter

    フェイスブックFacebook

    RSSフィードfeed

    携帯サイトmobile

    qrcode