[ スマホ版へ (※スマートフォン専用) ]


カテゴリー記事一覧


・同カテゴリーの記事が10記事掲載されます。10記事以上ある場合は「次のページ」をクリックして下さい。



シネマ歌舞伎最新作・歌舞伎NEXT『阿弖流為』
初日舞台挨拶で見た《シネマ歌舞伎》と《歌舞伎NEXT》の可能性!

 

 

シネマ歌舞伎では初めてグッズを作ったという『阿弖流為』のTシャツを着た

中島かずき、いのうえひでのり、市川染五郎(左から)

 

 

こんにちは!店長です!

 

先週の土曜日(6/25)に初日を迎えたシネマ歌舞伎・歌舞伎NEXT『阿弖流為(アテルイ)

シネマ歌舞伎のメッカ・銀座の東劇では、初日舞台挨拶が行われましたので、 私もイーオシバイとして取材に行ってまいりました!

 

 

登壇は、 歌舞伎座の出番を終えていらっしゃったという市川染五郎さんに、ただ今『Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン!〜』の稽古真っ最中のいのうえひでのり氏&先日発表された来年の『髑髏城の七人』で大忙しの中島かずき氏。

 

多忙の三人がこうして一堂に会するのも中々ない機会。

しみじみと歌舞伎公演中の思い出話等に花が咲くのかな?と思いきや……。

 

冒頭から

「公演中は色々思い出もあるけど、今見てるとシネマ歌舞伎の方が面白い!?(笑)(染五郎氏)」

「役者の皆さんに負荷がかからない形でいくらでも見られるシネマ歌舞伎に生まれ変わって、本当に良かったなと人事ながら思っております(中島)」

「 ゲキ×シネでもアップが多すぎると批判を受けるんですが、あの歌舞伎役者さんの顔を観ていたらやっぱり寄っちゃいますよね!(いのうえ)」

などなど、いきなりハイテンションな言葉がポンポン飛び交う舞台挨拶になりました!

 

◎シネマ歌舞伎『阿弖流為』公式ページ → コチラ

 

 

いのうえ歌舞伎『アテルイ』が歌舞伎NEXT『阿弖流為』へに至った経緯。

染五郎さんと新感線がタッグを組んで、新橋演舞場にていのうえ歌舞伎『アテルイ』を上演したのが2002年。

そして、2015年に歌舞伎NEXT『阿弖流為』が生まれた。


市川染五郎(以下染五郎)

『阿修羅城の瞳』(2000年)を新感線さんとやらして頂いた当時は、もしかしたら「いのうえ歌舞伎」という名前は付けられないかもしれないという時代でした。

 

阿修羅城の瞳 (2000年公演)

作:中島かずき l演出:いのうえひでのり
出演:市川染五郎 富田靖子 古田新太 江波杏子 加納幸和 平田満 森奈みはる 渡辺いっけい

矢印 商品ページへ

 

それが16年位経って、「六本木歌舞伎」はあるわ「超歌舞伎」ってのはあるわ「滝沢歌舞伎」はあるわ(笑)、もう色んな歌舞伎がある時代になって(笑)、それだけでも時代が変わったなと思っています。

 

『阿弖流為(アテルイ)』は元々自分としても歌舞伎にしたいなと思っていた作品。『阿修羅城の瞳』の後、次の作品の話になった時に、新感線さんのテイストでこの作品でできたら格好良いだろうなと思ってお話しして、2002年にいのうえ歌舞伎『アテルイ』が誕生しました。


アテルイ (2002年公演)

作:中島かずき l演出:いのうえひでのり
出演:市川染五郎 堤真一 水野美紀 西牟田恵 植本潤 橋本じゅん 粟根まこと 金久美子 渡辺いっけい

矢印 商品ページへ

 

それから本当にいろんな作品をやらせて頂いた後、この本当にかけがえのない出会いが次どういう展開になるんだろうかというのは自分としても考えてまして。そこに《歌舞伎》があるんじゃないかと思っていました。そこからそういう方向になっていった感じですかね?

 

 

いのうえひでのり(以下いのうえ)

そうですね。

『朧の森に棲む鬼』(2007年)をやったところで何となく一区切りした新感線と染ちゃんのコラボレーション。

その後しばらく空いたんですが、でもその時に何となく次やる時は《歌舞伎》だろうと。新感線の作品をやるよりは《歌舞伎》をやっていくべきだろうと何となく思っていて。

 

朧の森に棲む鬼 (2007年上演)

作:中島かずき 演出:いのうえひでのり
出演:市川染五郎 阿部サダヲ 秋山菜津子 真木よう子 高田聖子 粟根まこと 小須田康人 田山涼成 古田新太

矢印商品ページへ

 

そこでじゃあ何だという時に最初に浮かんだのが『アテルイ』だったんですね。

公演パンフなんかにも書いてますが(市川)猿翁さん、前の猿之助さんが2002年の『アテルイ』をご覧になった時に「これはギャグを抜けばすぐ歌舞伎になるよ」とおっしゃって「そうなんですか!」と(笑)。

 

 

染五郎

猿翁のおじさんが僕が出てるお芝居を見に来るなんてことなんて無いだろうと思っていた(笑)。

2002年の公演当時、おじさんが見に来てると言われて、舞台の後半、その辺りの席を見たら空いてたんですよね(笑)。「うわ、帰っちゃった!何がいけなかったんだろう。芝居がいけなかったのか?ギャグが多すぎた?」なんて思ってたんですけど、カーテンコールの時に見たらおじさんが拍手して居て。それはもう、鳥肌が立ちました。

 

おじさんはスーパー歌舞伎を作られましたが、この『アテルイ』はいのうえ歌舞伎を経て、歌舞伎NEXTを作るそういう作品でもあったんだなと。今思うと、こうなるようになっていたのかなという気がします。

 

 

中島かすぎ(以下中島)

歌舞伎にする時に全部ギャグは抜くと決めました。全部ギャグ抜いたら本が半分くらいになって(笑)。『アテルイ』って真面目な芝居のような気がしていたんだけど、こんなくだらないことをやっていたんだと(笑)改めて思いまして。

 

その中で勘九郎さん、七之助さんと言うキャスティングになったところで、もうちょっと人情話的なものを入れようと。中村屋の味として。でやっぱりそうすると歌舞伎になっていった。自分の中では納得のいく本にどんどん精度が上がっていたような気がして。非常に面白かったですね。

 

 

『アテルイ』と『阿弖流為』

 

いのうえ

演出としては、勘三郎先輩が「歌舞伎役者がやれば歌舞伎になるんだよ」とおっしゃっていたんで(笑)、歌舞伎NEXT『阿弖流為』でも、いつもと同じような作り方にしました(笑)。

歌舞伎役者の肉体を通すと、やっぱり歌舞伎になるんだなってことは稽古中に色々感じました。

 

 

中島

意外とね。もっと歌舞伎にするかと思ったら、そうでもなかったよね。

 

 

染五郎

2002年『アテルイ』で一番印象に残っているのは、堤さんと両花道で相対して名乗り合う場面。

新橋演舞場で両花道は基本的に「できません」って言われてたのがやっちゃった(笑)。

毎日、自分でも興奮している場面だったんですけど、それが今回の『阿弖流為』で勘九郎くんとできるという事が、何よりすごく嬉しかったですね。

 

 

中島

ただ二人名前言っているだけなのに。なんでこんなに高揚するんだろう。不思議ですよね(笑)。

あの時は支配人が「ここは両花道ができるんだよ」と教えてくれて。そんな事聞かしてもらったらね(笑)

 

 

いのうえ

あれは歌舞伎の魅力だよね。

 

 

歌舞伎役者の《凄さ》

 

いのうえ

歌舞伎NEXT『阿弖流為』のキャスティングとして、勘九郎さん七之助さんの二人は死守してもらった。

 

 

中島

そう。その三人で無ければ!てね

 

 

染五郎

二人も、初めてのいのうえさん演出だったので、稽古場からいちいち面白がってましたね。

 

 

いのうえ

他の歌舞伎役者さん達も、これが(新感線的演出は彼らに)合ってるんですね。段取りじゃないけど、こうしてこうしてここに立って、という事にすごく慣れていて。僕の演出は形を作って、そこから色々繰り広げていくというのがパターンなので、そういう意味では先に段取りを入れて芝居を作っていくというところでは、歌舞伎役者さんは初めから身に付けているんですね。

 

歌舞伎ならではの《技》みたいのも「歌舞伎で良くみるけど、こういうのって、どうなの?」ってやってもらったら「あ、これはカッコイイね」と入れて行くみたいな感じでしたよね。

 

それこそ《飛び六方》にしても、2002年の「アテルイ」の時はちょっと遊び的に入っていたものを、今回は一番盛り上がる所に入れていて、そこに(ギターの)岡崎さんがディストーションが効いたギターを乗せて。そうするまた「ただ飛んで去っていく」のがこんなカッコイイんだと(笑)。それも歌舞伎の醍醐味の一つだと思うんですよね。

 

 

シネマ歌舞伎としての『阿弖流為』の魅力

 

染五郎

ホント面白い、スゴイ面白いですね!

舞台というのは残らないものなんですが、それが「舞台って残る方法があったんだ」って感じましたね。

これは去年やった作品ですが10年後くらいに見ると不思議な錯覚をするのでは。10年前の作品でありながら、それを生で観ているかのような。そんな感覚になりそうな気がします。

 

 

中島

僕らも(本番は)後ろの方からしか観てないんでアップとかわからないんですよね。

それがシネマ歌舞伎では、「彼はこんな芝居してるんだっ」ていうのが手に取るようにわかるし、あと、所作の綺麗さがクローズアップした時に活きたり。 萬次郎さんの爪とかね、スゴイよね(笑)。

 

 

いのうえ

スゴイこだわってますよね。あれ、毎日変えていたそうで(笑)。

それから、アラハバキの正体を明かすシーン、このお芝居の見せ場の一つだと思うんですが、あのシーンは自分で作ってて見事だな、と(笑)。

それは役者がきちんとハマってやってくださっているのもあるんですけど、映像で見た時にその時の皆さんの顔、七之助さんの顔とかもう、こんな顔してるんだ!っと。

改めてこうやってシネマ歌舞伎で観てその迫力をもう一度感じています。

 

中島

あれは神様の顔になるんだね。

あそこの三人はカッコイイ。それぞれの表情含めて。

 

 

皆さんへのメッセージ

 

中島

シネマ歌舞伎としての歌舞伎NEXTはこれがスタートです。ぜひこれが二弾、三弾と続いていけるように皆さんの応援、よろしくお願いいたします!

 

 

いのうえ

実際の舞台だと価格が1万円超えと、なかなか二度三度、それからお友達も初めて見る人は誘いにくい状態だったと思うんですけど、このシネマ歌舞伎『阿弖流為』なら2100円。それに多分見る度に色んな発見があると思うんですよ。ぜひお友達を誘いながら二度三度観ていただけるしていただければと思います。

 

 

染五郎

僕にとって本当に思い入れの強い作品が、こうやってまた新たに《シネマ歌舞伎》として皆さんの前にお見せすることができことを本当に喜んでおります。

まずは沢山の方に観てもらいたい。正直、観てもらわないとわからないと思うので(笑)。舞台を映像で映す。それだけだと説明が足りないんですけど、表現する言葉がないんです。というのも、今まで無かったものなんですから。

今まで無かったものが誕生したので、それを沢山の方に観て頂きたいと思います。

まずは今日が初日です!ぜひ多くの方にご覧にいただければと思います。よろしくお願いいたします。

 

 

 

◆  ◆  ◆

 

以上です!

お三方とも、『阿弖流為』と言う作品に、とても強い愛着を持っているのが伝わる舞台挨拶でした。

ただいま絶賛公開中のシネマ歌舞伎『阿弖流為』。

どうぞ皆さんも、映画館の大スクリーンでこの感動と興奮を体験してみてください!

 

 

本ブログではシネマ歌舞伎『阿弖流為』の公開を記念し、その魅力に迫る記事もアップ中です。

よろしければそちらもチェックしてみください!

 

シネマ歌舞伎最新作『阿弖流為』上映間近!その魅力と見所を新感線版『アテルイ』と併せて紹介!

 

 

また、この会見の模様は、演劇動画サイト「エントレ」で5分間の動画でも配信中。
宜しければそちらもチェックしてみてください。

◎演劇動画ニュースサイト「エントレ」   【動画5分】市川染五郎主演 シネマ歌舞伎「阿弖流為」が全国公開! 初日舞台挨拶レポート!
 

 

上映情報

 

シネマ歌舞伎 『歌舞伎NEXT 阿弖流為〈アテルイ〉』

一般料金  2,100円(税込) 学生・小人 1,500円(税込)
※特別興行につきサービスデー、レディースデーなど各種割引料金の設定はございません。

上映時間:185分

詳細は公式サイトで。
シネマ歌舞伎 『歌舞伎NEXT 阿弖流為〈アテルイ〉』 公式サイト



 
関連DVD紹介


◎イーオシバイ/市川染五郎×劇団☆新感線 関連DVD一覧   商品一覧ページへ
 

◎イーオシバイ/シネマ歌舞伎DVD&BLU-RAY・一覧ページ → コチラ

 



(文:イーオシバイ店長・糸永伸)

 

 

----------------------------------

JUGEMテーマ:演劇・舞台

0



    [コメント]
    コメントする








       

    ピックアップ特集pick up



    天海祐希関連作DVD
    堺雅人関連作DVD

    ページランキング

    カテゴリーcategory

    アーカイブarchive

    記事を検索search

    コメントcomment

    • 『髑髏城の七人』花鳥風月極Blu-rayBOX 追加予約のご案内 ⇒ by 阿部肇(11/13)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by ばる(08/31)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by ものりす(08/26)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by かな(08/26)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by mimieimi(08/26)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by mimieimi(08/26)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by ダヤン(08/26)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by 桜(08/26)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by 桜(08/26)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by いねここ(08/25)

    ツイッターTwitter

    フェイスブックFacebook

    RSSフィードfeed

    携帯サイトmobile

    qrcode