[ スマホ版へ (※スマートフォン専用) ]


カテゴリー記事一覧


・同カテゴリーの記事が10記事掲載されます。10記事以上ある場合は「次のページ」をクリックして下さい。



こんにちは店長です!

 

“歌舞伎NEXT”と名付けられ、昨年2015年の7月に新橋演舞場で幕を開けた『阿弖流為』。

その『阿弖流為』が、シネマ歌舞伎として今週末より全国の映画館で上演が始まります。

 

本日はこのシネマ歌舞伎『阿弖流為』をご紹介すると共に、その元となった新感線版『アテルイ』の魅力にも迫っていきたいと思います!
 

◎シネマ歌舞伎『阿弖流為』公式ページ → コチラ

 

新橋演舞場を興奮の渦に巻き込んだ『阿弖流為』。
今までに無かった新しい歌舞伎の形“歌舞伎NEXT”。

市川染五郎さんが新感線の『アテルイ』に出演したのが2002年。

 

それから13年の時を経て、その『アテルイ』が昨年『阿弖流為』という歌舞伎に生まれ変わりました。
その名も歌舞伎NEXT『阿弖流為』。

染五郎さんが「今までになかった歌舞伎」を目指す“歌舞伎NEXT”シリーズの第1弾となります。

 

市川染五郎さん、中村勘九郎さん、中村七之助さんをはじめとする歌舞伎界のそうそうたるメンバーと、劇団☆新感線のいのうえひでのり、中島かずきがタッグを組んで生まれたこの作品。

新感線のいのうえさん自身も本格的な歌舞伎への参加はこれがはじめて。

かつて“いのうえ歌舞伎”として喝采を浴びたこの作品を、本格的な歌舞伎という伝統芸能の中にどんな形で落とし込むのか、また本作品を“歌舞伎NEXT”と位置づけた染五郎さんの意気込みがどう反映されるのか、個人的にも大変興味がありました。

 

結果。

初日のカーテンコールはスタンディングオベーションが沸き起こり、「その喝采の声に新しい何かが誕生したことを実感しました(中島)」と言わしめるほどの興奮を呼び起こしました。

 

私も新橋演舞場で生で観劇したのですが、歌舞伎役者の圧倒的なパフォーマンス力に、ただただ驚かされたのをはっきりと覚えています。

初めは“歌舞伎NEXT”の名を関している作品とはいえ、そこはやはり歌舞伎。the伝統芸能。普段あまり歌舞伎を見慣れてないこともあり、幕が上がるまでは多少の緊張と不安(この場合はちゃんと自分が「歌舞伎」を楽しめるかという不安です)があったのは事実です。

 

ですが、始まってしまえばそんな不安はなんのその。 “歌舞伎NEXT”はちゃんと歌舞伎でありながら、新感線が目指す王道エンターテイメントであり、「良いものを、新しいもの作りたい」という作り手側の意欲・熱量がひしひしと伝わる最高の舞台作品でした。

 

その歌舞伎NEXT『阿弖流為』が、全国の映画館に《シネマ歌舞伎》として登場。

これはもう、期待せずにはいられません!

 

◎シネマ歌舞伎『阿弖流為』公式ページ → コチラ

 

 

市川染五郎vs堤真一の両雄がぶつかる新感線版『アテルイ』!

2002年の新感線版『アテルイ』は、市川染五郎さんと新感線がタッグを組んだ《Inouekabuki-Shochiku-Mix》の第2弾として上演。

 

商品ページへ

 

第1弾であった2000年の『阿修羅城の瞳(2000年版)』の好評を受け、次に上演する作品として、染五郎さんが長年温めてきた“阿弖流為”の物語を、いのうえひでのり&中島かずきのコンビが舞台化。

アテルイ役の染五郎さん、そして歌舞伎NEXT『阿弖流為』では勘九郎さんが演じた坂上田村麻呂役の堤真一さんが、新橋演舞場に設けられた両花道に立ち、はっしと睨み合う様はまさに“お美事!”

思わず鳥肌が立ってしまうくらい、格好良いのです!

 

また、歌舞伎NEXT『阿弖流為』で七之助さんが演じた立烏帽子は、これが新感線初出演となる水野美紀さんが熱演。七之助さんの可憐(男性なのに!)な立烏帽子と水野さんの気の強気の立烏帽子、見比べて観るのも面白いと思います。

 

歌舞伎NEXT版よりも、笑いや歌等従来の新感線ファクターが多く詰まっている本作。

今なお、根強い人気を誇る作品ですので、これからシネマ歌舞伎で『阿弖流為』をご覧になる方、未見の方は、この機会にぜひDVDでチェックしてみてください!


アテルイ (2002年公演)

作:中島かずき l演出:いのうえひでのり
出演:市川染五郎 堤真一 水野美紀 西牟田恵 植本潤 橋本じゅん 粟根まこと 金久美子 渡辺いっけい

矢印 商品ページへ

 

 

シネマ歌舞伎&市川染五郎出演作を振り返る

シネマ歌舞伎は、演劇界の雄・松竹が進める歌舞伎作品を映画館で見る試み。

現在は月イチ歌舞伎と称し、数多くの映画館で様々な作品が上映されています。

 

“ 「美」と「臨場感」に徹底的にこだわり、劇場で生の歌舞伎を観ているかのような感覚を再現することを目指しています。2003年春より開発に着手し、 2005年に第1作『野田版 鼠小僧』が公開、これまでに20作品以上にも及ぶ作品を公開しています。”

(シネマ歌舞伎公式サイトより)


イーオシバイではシネマ歌舞伎のDVD&BLU-RAYを取扱い中です。

歌舞伎を見たことが無い方、もう一度舞台の感動を体感したい方は、どうそご利用ください!

 

◎イーオシバイ/シネマ歌舞伎DVD&BLU-RAY・一覧ページ → コチラ

 

 

また、劇団☆新感線には、市川染五郎さんが多数出演。

『阿弖流為』で染五郎さんにクラクラ来たら、ぜひ他の作品もチェックしてみてください!

 

◎イーオシバイ/劇団☆新感線&市川染五郎出演作・一覧ページ → コチラ
 

-------------------------

JUGEMテーマ:演劇・舞台

0



    [コメント]
    コメントする








       

    ピックアップ特集pick up



    天海祐希関連作DVD
    堺雅人関連作DVD

    ページランキング

    カテゴリーcategory

    アーカイブarchive

    記事を検索search

    コメントcomment

    • 『髑髏城の七人』花鳥風月極Blu-rayBOX 追加予約のご案内 ⇒ by 阿部肇(11/13)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by ばる(08/31)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by ものりす(08/26)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by かな(08/26)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by mimieimi(08/26)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by mimieimi(08/26)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by ダヤン(08/26)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by 桜(08/26)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by 桜(08/26)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by いねここ(08/25)

    ツイッターTwitter

    フェイスブックFacebook

    RSSフィードfeed

    携帯サイトmobile

    qrcode