[ スマホ版へ (※スマートフォン専用) ]


カテゴリー記事一覧


・同カテゴリーの記事が10記事掲載されます。10記事以上ある場合は「次のページ」をクリックして下さい。



2016年7月の舞台とあわせて観たいDVDリスト!

 

ミュージカル「ジャージー・ボーイズ」
7月1日(金)〜7月31日(土)<東京・シアタークリエ>


[翻訳] 小田島恒志 [訳詞] 高橋亜子 [演出] 藤田俊太郎
[出演] 中川晃教 藤岡正明 中河内雅貴 海宝直人 矢崎広 福井晶一 吉原光夫 太田基裕 戸井勝海 阿部裕ほか


全世界で2200万人が熱狂!
フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズ
実話に基づいた感動のストーリー




『SHIROH』

 

天草四郎と島原の乱の史実をモチーフに、

大胆な創造力で普遍的なテーマにまで昇華した物語である本作。

 

主人公である二人のSHIROHのうち、神の声を持つ男・シローを演じる

中川晃教さんの澄みきった歌声は、天から降り注ぐように神々しさに満ちており

観るもの全ての心に染みわたっていきます。

 

そのほかにも、聴いただけで涙が流れてしまいそうな楽曲が多々あるSHIROH。

未見の方は、予告編で神の声のごくごく一部を是非体感してみください!

 

 

 

 

母と惑星について、および自転する女たちの記録
7月7日(木)〜31日(日) <東京・パルコ劇場>

 

[作] 蓬莱竜太 [演出] 栗山民也
[出演] 志田未来 鈴木杏 田畑智子 斉藤由貴


パルコ劇場“クライマックス・ステージ” シーズン2
現パルコ劇場での最後の新作舞台!

蓬莱竜太と栗山民也が“生きる”意味を問う問題作。
志田未来、鈴木杏、田畑智子、斉藤由貴が舞台初共演!




『木の上の軍隊』

日本を代表する劇作家、井上ひさし氏の手により上演される予定だったが

井上氏の急逝により幻となった「木の上の軍隊」。

 

戦争時、沖縄県・伊江島で、戦争が終わったのを知らぬまま、2年もの間、
ガジュマルの木の上で生活をした2人の日本兵の実在のエピソードを元に

蓬莱竜太さん脚本で、3年後に上演が実現ししました。

 

「健康」の花言葉をもつ、沖縄に自生する樹木ガジュマルの木の上で、

新兵を演じる藤原竜也さんと上官を演じる山西惇さんが、

異なる価値観で対峙し、また入り乱れる感情が複雑に入り混じる様子は

観ている側も飲み込まれそうになるほど、つくりこまれた作品とっています。

 

また、山西惇さんを「相棒」でご存知の方も多いといらっしゃいますが、

劇団ダンダンブエノなどの舞台作品にも多数出演されていらっしゃるので

この機会に触れてみてはいかがでしょうか?

(ちなみに、山西さん出演の作品は、このページの後半にも登場します。)

 

 

ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン
7月7日(木)〜31日(日) <東京・Bunkamuraシアターコクーン>

 

[作・演出] 松尾スズキ

[出演] 阿部サダヲ 岡田将生 皆川猿時 池津祥子 宍戸美和公 村杉蝉之介 顔田顔彦
近藤公園 平岩紙 岩井秀人 阿部翔平 井上尚 掛札拓郎 高樹京士郎 中智紀 古泉葵 伊藤ヨタロウ

松尾スズキ 吹越満 寺島しのぶ

 

国境も性別も生死も越えて“居場所とは何なのか?”を問う、
戦場ボーイズラブ(BL)道中譚(ロードムービー)が誕生!!

少年の危険な美しさと、異国のアクシデントに惑わされ、決して出会えない夫婦を描く―。

 

 

『キレイ〜神様と待ち合わせした女〜 2005』

 

大人計画の松尾スズキさんが、2000年にシアターコクーンに初進出した本格的ミュージカルであり、

2000年、2005年、2014年と、これまでに三度上演されている本作。

新感線の橋本じゅんさんほか、『朧の森に棲む鬼』で共演の阿部サダヲさん、秋山奈津子さんも出演。

初演(2000年)と、再々演(2014年)もDVD化されていますが、

各々また違った魅力を持つ作品となっているので、ぜひあわせてご覧いただきたいです!

 

 

 

BENT ベント
7月9日(土)〜24日(日) <東京・世田谷パブリックシアター>

 

[作] マーティン・シャーマン [翻訳] 徐賀世子 [演出] 森新太郎
[出演] 佐々木蔵之介 北村有起哉 新納慎也 中島歩 小柳友 石井英明 三輪学 駒井健介 藤木孝

ナチスドイツの支配によって、絶望と暗闇だけに覆われていた強制収容所。
そんな過酷で救いのない状況下においても、人間の愛と尊厳を失わずに生きた男たちの物語。




『狭き門より入れ』



佐々木蔵之助さんが主宰の  ユニット「TEAM申」第3回公演として

イキウメの前川知大さんがタッグを組んで2009年に上演された本作。

どこにでもあるような1軒のコンビニでストーリーが展開します。

 

このコンビニ、ディティールまでかなり細かく作りこまれており、

まず美術さん凄いなぁと思ってしまうのですが、

物語が進むにつれて、あまりにも我々に身近で日常間溢れるコンビニだからこそ

前川さんが繰り広げるSFの世界観がより現実的に感じられ

もし自分が彼らの立場になったらどうするだろうと、深く考えさせられた作品です。

 

実力俳優6人揃い踏みで安心して観られるのも本作の魅力。

蔵之助さんファンの私筆者が大プッシュさせて頂きたい作品の一つです(笑)

 


 

レディエント・バーミン Radiant Vermin
7月12日(火)〜31日(日) <東京・シアタートラム>

 

[作] フィリップ・リドリー [翻訳] 小宮山智津子 [演出] 白井晃

[出演] 高橋一生 吉高由里子 キムラ緑子

 

フィリップ・リドリー(作)×白井晃(演出) 本邦初演の新作は、 不思議でブラックなコメディー !
シアタートラムで、高橋一生、吉高由里子、キムラ緑子が仕掛ける、 刺激的な三人芝居 !

 

『9days Queen〜九日間の女王〜』

 

16世紀のイングランド。

若干15歳でイングランド史上初の女王として即位するも、

在位僅か9日間で王位を奪われ、大逆罪で処刑された女王がいた。

権力闘争と宗教対立という時代の荒波に翻弄され、

「9日間の女王」の異名を持つ悲劇の女王、ジェーン・グレイを題材に

青木豪作×白井晃演出のタッグにより描かれた作品。


悲劇の女王ジェーンを演じるのは、初舞台「ジャンヌダルク」に続き

白井さんの演出を受ける堀北真希さん。

堀北さんの魅力が十二分に引き出されており、結末がわかっているにも関わらず

前のめりになって魅入ってしまう作品となっています。

 

そしてDVDのジャケットにもなっているこのヴィジュアル。

思わずジャケ買いしたくなるような美しさだと思いませんか?

 

 

 

わかったさんのクッキー
7月16日(土)〜21日(木) <神奈川・KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオ>

 

[原作] 寺村輝夫 (『わかったさんのクッキー』/あかね書房刊)
[台本・演出] 岡田利規
[出演] 椎橋綾那 古屋隆太 山崎ルキノ 笠木泉 佐々木幸子

 

おしばいは まほうのちから。
まほうをつかって ふしぎなたのしいおはなし
「わかったさんのクッキー」が おいしいおかしいおしばいになります。

 

 

『スーパープレミアムソフトWバニラリッチ』

作・演出の岡田利規さんが主宰をつとめるチェルフィッチュ。

2005年に第49回岸田國士戯曲賞を受賞した「三月の5日間」をはじめ

視覚的にも聴覚的にも非常にスタイリッシュでありながら、登場人物が独特な動きをします。

そして、はじめに登場する役者が「はじめます」と宣言して物語が始まるので

初めて体験する人は違和感を覚えるかもしれませんが、

この独特の世界観に癖になる人は多く、日本国内のみならず海外でも高い評価を受けています。

 

本作品も、ドイツ・マルハイム、横浜、イギリス・ロンドン、ポルトガル・リスボン、

スイス・バーゼルの世界5都市国際共同製作作品と非常にワールドワイドですが、

とにかく、コンビニで、ソフトクリームで、バッハなんです。

 

よくわからない部分もあるけど、とにかく面白い。

そんなチェルフィッチュの最新作。

ジャケもかわいいので騙されたと思ってみてみてください。

 

 

 

名なしの侍
7月16日(土)〜24日(日) <東京・サンシャイン劇場>

 

[作] 丸尾丸一郎 [演出] 菜月チョビ

[出演] 菜月チョビ 丸尾丸一郎 オレノグラフィティ 橘輝 鷺沼恵美子 浅野康之 近藤茶 峰ゆとり
有田杏子 椙山さと美 メガマスミ 木村さそり 玉城裕規 鳥越裕貴 谷山知宏(花組芝居) 堂島孝平
piggy 奥泰正 辰巳裕二郎 池田海人 石川湖太朗 長田典之 ちゃこ 中島ボイル 前川孟論 矢尻真温

 

劇団鹿殺し、活動15周年最大の挑戦作。

最強キャスト×全編オリジナル楽曲×生バンド×吹奏楽による

「怒パンク時代劇」で過去最大劇場に挑む。

 

 

舞台『ライチ☆光クラブ』

残酷歌劇『ライチ☆光クラブ』

 

もともと1980年代に東京グランギニョルにより上演された「ライチ光クラブ」ですが、

上記2作品は、古屋兎丸さん原作の漫画「ライチ☆光クラブ」を舞台化した作品。

 

玉城裕規さんが出演の2012年上演版(舞台『ライチ☆光クラブ』)は、

毛皮族主宰の江本純子さんが、原作に忠実に脚本・演出を手掛け、

原作ファンにも熱狂的に迎えられた作品。

 

一方、 2015年上演の残酷歌劇『ライチ☆光クラブ』では、

鹿殺しの丸尾丸一郎さんが脚本、元「HIGHLEG JESUS」総代の河原雅彦さんが演出し

まったく新しい作品へと再生させた作品。

 

両作品ともに、原作をご存じない方も楽しめる内容になっているので、

違いは是非ご自身で体感してみてください。

 

 

 

「檀」〜もう一度、妻になれたら〜
7月19日(火)〜24日(日) <東京・草月ホール>

 

[原作] 沢木耕太郎 [企画・台本・演出] 合津直枝

[出演] 中井貴一 宮本信子

 

舞台にあるのは、ふたつの椅子。
上手から、ひとりの俳優が、下手から、もうひとりの俳優が、
それぞれテキストを持って登場し、椅子にすわります。
やがて、繰り広げられるのは、著名作家が紡いだ、至高の物語―。

 

 


『グッドナイト スリイプタイト』

30年に渡る夫婦の物語を2人芝居で描いた

三谷幸喜作・演出のドラマチックなラブストーリー。

 

本作品の面白いところは、50代の夫婦の別れからはじまり

再度は20代の出会いでエンディングを迎えるところ。

時間を遡るからことで見えてくる数々のエピソードが物語るお互いの絆の深さ。

 

実は、実際の舞台を観たときは独身だった私筆者、

その当時も非常に面白いとは思ったのですが、

結婚後に改めてDVDで観たところ、いわゆる結婚あるあるも多分に含まれていて

また違った感慨というか、面白みと作品の温かさを感じることができました。

 

そして、中井貴一さんと戸田恵子さんの組み合わせが、やはり絶妙です。

 

若い時に観てももちろん良い作品ですが、さらに大人としての月日を重ねてから観るのもオツかと思います。

 

 

 

ミュージカル「キンキーブーツ」
7月21日(木)〜8月6日(土) <東京・新国立劇場 中劇場>

 

[脚本] ハーヴェイ・ファイアスタイン [音楽・作詞] シンディ・ローパー
[演出・振付] ジェリー・ミッチェル [日本版演出協力・上演台本] 岸谷五朗 [訳詞] 森雪之丞
[出演] 小池徹平 三浦春馬 ソニン 玉置成実 勝矢 ひのあらた 飯野めぐみ 白木美貴子 施鐘泰(JONTE)

穴沢裕介 森雄基 風間由次郎 森川次朗 遠山裕介 浅川文也 佐々木誠 高原紳輔 中村百花 丹羽麻由美 舩山智香子 清水隆伍 加藤潤一

2013年のトニー賞で作品賞をはじめとする6部門を受賞する快挙を成し遂げた
大ヒットミュージカルのオリジナルスタッフ陣が集結し、
人気と実力を併せ持った日本人キャストで贈る最高傑作『Kinky Boots』




『ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII』DVD&BD

 

前回(6月)にも、 浦井健治さん、蒼井優さん出演舞台にあわせてご紹介した本作、

三浦春馬さんも出演されているのは、皆さまもご存じとのところかと。

三浦さん演じた明智心九郎、台詞量が大いに関わらず、キレっキレつの滑舌に

歌も踊り、殺陣までキレっキレっ!そしてキラッキラッ!

と、天は二物を与えずというけど、与えるんだなぁ…と冷静に思いながらも

観るたびに目がハートになってしまうのは何故でしょうね(笑)

 

 

 

 

ヒトラー、最後の20000年〜ほとんど、何もない〜
7月24日(日)〜8月21日(日) <東京・本多劇場>

 

[作・演出] ケラリーノ・サンドロヴィッチ

[出演] 古田新太 成海璃子 賀来賢人 大倉孝二 入江雅人 八十田勇一 犬山イヌコ 山西惇

 

詳しくは覚えてないが、「ヒトラー〜最期の12日間〜」といったような題名の映画があって、

これをもっとスケール・アップしてみたのである。20000年と言ったら相当膨大な時間だ。

私自身、時間が経ち過ぎていて、その頃のことはあまり覚えていない。

靄のかかった記憶の中から、必死に「今、語るべきドラマ」を紡いでいければと強く思う。

もっとも、出来上がった舞台には、ドラマなんて皆無だろうが。なにしろ、ほとんど、何もないのだ。

作・演出 ケラリーノ・サンドロヴィッチ

 

 

『犯さん哉』

最高のコンビ?最悪の組み合わせ?
ケラリーノ・サンドロヴィッチと古田新太が贈る
構想10年のデタラメ演劇!

 

「ヒトラー、最後の2000年〜」を観るご予定でしたら、

必ず「犯さん哉」を観てから臨んでください。

免疫がないと受けるダメージが大きいのではないかと。。。

 

 


気になる舞台の予習&復習のご参考にしていただければ幸いです!
(イーオシバイ・関口)

 

 

0



    [コメント]
    コメントする








       

    ピックアップ特集pick up



    天海祐希関連作DVD
    堺雅人関連作DVD

    ページランキング

    カテゴリーcategory

    アーカイブarchive

    記事を検索search

    コメントcomment

    • 『髑髏城の七人』花鳥風月極Blu-rayBOX 追加予約のご案内 ⇒ by 阿部肇(11/13)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by ばる(08/31)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by ものりす(08/26)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by かな(08/26)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by mimieimi(08/26)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by mimieimi(08/26)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by ダヤン(08/26)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by 桜(08/26)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by 桜(08/26)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by いねここ(08/25)

    ツイッターTwitter

    フェイスブックFacebook

    RSSフィードfeed

    携帯サイトmobile

    qrcode