[ スマホ版へ (※スマートフォン専用) ]


カテゴリー記事一覧


・同カテゴリーの記事が10記事掲載されます。10記事以上ある場合は「次のページ」をクリックして下さい。



こんにちは!てんちょーです!

今週末からいよいよ劇団☆新感線2016年春興行
いのうえ歌舞伎《黒》-BLACK-『乱鶯(みだれうぐいす)』が始まります!
 


《黒》という新たな展開を見せる「いのうえ歌舞伎」が、
果たしてどんな形で生まれ変わるのか、楽しみですね!!

ということで今回は、『乱鶯』を心待ちにしている皆様へ、この《黒》へと至る
“「いのうえ歌舞伎」の進化をDVDでチェック!”と称して
関連DVDをご紹介して行きます!

どうぞ最後まで御覧ください!
 

全てはここから始まった。
いのうえ歌舞伎の《源流》を見よ!

まずは、映像化されている作品で最も古い「いのうえ歌舞伎」をチェック!
紹介するのは、『劇団☆新感線 20th Century BOX』DVD!

『劇団☆新感線 20th Century BOX』
 
[収録作品] 『星の忍者〜Stranger in a StrangeStar』/『BEAST IS RED〜野獣郎見参!』/『SUSANOH〜魔性の剣』/
『PSY U CHIC─西遊記〜仮名絵本西遊記より〜』/『LOST SEVEN』/『大江戸ロケット』

矢印商品ページへ
 
新感線の20世紀の軌跡を綴る、充実のDVD-BOX。
こちら収録されている6作品のうち、『LOST SEVEN』を除く
『星の忍者〜Stranger in a StrangeStar』『BEAST IS RED〜野獣郎見参!』
『SUSANOH〜魔性の剣』『PSY U CHIC─西遊記〜仮名絵本西遊記より〜』
『大江戸ロケット』が「いのうえ歌舞伎」の冠を持っています。

しかししかし、古さで言えば、特典ディスクに収録されている
『スサノオ 神の剣の物語(1989)/武流転生(1994)ダイジェスト』が最も古い。
ダイジェストなので、本編まるっと楽しめるわけではありませんが、
現在まで脈々と連なる「いのうえ歌舞伎」のエキスは十分見てとることができます。

まさに「いのうえ歌舞伎」の源流ここにアリ!ですね。

 

ストイックな新感線が登場!
《いのうえ歌舞伎第二章》!

21世紀に入り、爆発的に観客動員を伸ばす新感線。
その中でも「いのうえ歌舞伎」は、音モノ、ネタものと並び、
新感線の人気演目・ジャンルとして、さらに人気を博して行きます。

商業演劇の雄・松竹と組んだ「Inouekabuki Shochiku-Mix」の登場や、
「いのうえ歌舞伎」の人気演目『髑髏城の七人』を同年に配役を入れ替えて
『アカドクロ』『アオドクロ』として上演した2004年のドクロイヤーなど、
一口に「いのうえ歌舞伎」と言っても様々な作品が登場しました。

そんな中、大きな転機となったのが、こちら。
『吉原御免状』の登場です!

『吉原御免状』

原作:隆慶一郎 脚色:中島かずき 演出:いのうえひでのり
出演:堤真一 松雪泰子 古田新太 京野ことみ 梶原善 橋本じゅん 高田聖子 粟根まこと 藤村俊二

矢印商品ページへ
 
上演は2005年。
奇しくも劇団☆新感線の旗揚げから25年目であり、
「いのうえ歌舞伎」誕生から20年目という節目の年でした。

これまでの「いのうえ歌舞伎」をさらに進化させるべく、
作家の中島かずきは初めて小説を原作に舞台の台本化に挑み、
演出のいのうえひでのりは「ストイックな新感線」を意識した作品作りを行い、
人間描写を深めたその作風は「いのうえ歌舞伎第二章の幕開け」と称されました。

より大人な新感線という路線を語る上でまさに必須の作品。
実はゲキ×シネにもなっていない作品なので、
未見の方はぜひDVDでチェックしてみて下さい!

 

新感線×森田剛×青木豪!
《いのうえ歌舞伎☆號》登場!

ある意味、完成の域に到達しつつあった「いのうえ歌舞伎」。
そしてもちろん新感線はそんな状態をヨシとするはずもなく、
「いのうえ歌舞伎」に新風を呼び込みます。それがこちら『IZO』!

『IZO』

作:青木豪 演出:いのうえひでのり
出演:森田剛 戸田恵梨香 田辺誠一 千葉哲也 粟根まこと 池田鉄洋 山内圭哉 木場勝己 西岡徳馬

矢印商品ページへ
 
上演は2008年。
これまで座付作家でもある中島かずきが手掛ける作品が主であった「いのうえ歌舞伎」に、
若手人気劇作家である青木豪氏が参戦!
また2005年の初主演舞台「荒神〜AraJinn」以来、3年ぶりに劇団☆新感線出演となった
森田剛氏が幕末に実在した“人斬り以蔵”こと岡田以蔵を熱演。

中島節とはまた一味違う新たな「いのうえ歌舞伎」の登場は、
進化を続ける新感線を象徴する作品として、注目を集め話題となりました。

 

いのうえ歌舞伎をぶっ壊す!
《いのうえ歌舞伎☆壊<PUNK(パンク)>》!

舞台・映画・ドラマの脚本、役者やバンド活動など、
マルチな才能で注目を集める宮藤官九郎氏が「いのうえ歌舞伎」に参戦!
既存の「いのうえ歌舞伎」をぶっ壊す、という意味を込めて
「いのうえ歌舞伎☆壊<PUNK(パンク)>」と名付けられた『蜉蝣峠』が登場!

『蜉蝣峠』

作:宮藤官九郎 演出:いのうえひでのり
出演:古田新太 堤真一 高岡早紀 勝地涼 木村了 梶原善 粟根まこと 高田聖子 橋本じゅん

矢印商品ページへ
 
上演は2009年。
その名の通りいろいろな意味で型破りの作品となった本作。
寂れた宿場町を舞台に、登場人物は、記憶を失った流れ者の主人公をはじめ、皆アウトロー。
そんな設定なのに、宮藤官九郎流の毒と笑いが盛り込まれ、
非常にパンクで、デタラメで、エンターテイメントな作品となりました。

新感線が得意とするロック感溢れる怒濤の世界観や見る者を圧倒するド迫力の殺陣と、
宮藤官九郎の笑いの中にも綿密な計算された物語が見事に融合、
これまでにない新しい“いのうえ歌舞伎”を創り上げました。

当時、演出のいのうえひでのりをして、
「これまでで最も映像化に向いた作品かもしれない」と言わしめた本作。
どうぞDVDでその「壊れっぷり」をお楽しみ下さい。

 
◆  ◆  ◆

いかがだったでしょうか。
「いのうえ歌舞伎」と一言で言っても、作品数も多くどれも面白い作品ばかり。
チョイスに悩んだら、このブログを参考にしてみて下さい!


ちなみに「いのうえ歌舞伎」を冠する作品はコチラで一覧をご覧いただけます。
皆さんはもう全部ご覧になってますか?

◎劇団☆新感線「いのうえ歌舞伎」シリーズ一覧 → コチラ

それでは!

---------------------------------
JUGEMテーマ:演劇・舞台
 
0



    [コメント]
    コメントする








       

    ピックアップ特集pick up



    天海祐希関連作DVD
    堺雅人関連作DVD

    ページランキング

    カテゴリーcategory

    アーカイブarchive

    記事を検索search

    コメントcomment

    • 『髑髏城の七人』花鳥風月極Blu-rayBOX 追加予約のご案内 ⇒ by 阿部肇(11/13)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by ばる(08/31)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by ものりす(08/26)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by かな(08/26)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by mimieimi(08/26)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by mimieimi(08/26)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by ダヤン(08/26)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by 桜(08/26)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by 桜(08/26)
    • みなさまからの質問大募集!〜『髑髏城の七人』花鳥風月極について、かずきさん&いのうえさんに色々聞いてみよう! ⇒ by いねここ(08/25)

    ツイッターTwitter

    フェイスブックFacebook

    RSSフィードfeed

    携帯サイトmobile

    qrcode