[ スマホ版へ (※スマートフォン専用) ]


カテゴリー記事一覧


・同カテゴリーの記事が10記事掲載されます。10記事以上ある場合は「次のページ」をクリックして下さい。




小林賢太郎演劇作品
『ノケモノノケモノ』

小林賢太郎ソロパフォーマンス
『ポツネン氏の奇妙で平凡な日々』
DVD&Blu-ray 取扱い開始!




小林賢太郎作品としては10作品目となり、
TEAM NACSの音尾琢真とお笑トリオ フラミンゴの高橋良輔を新たに迎え、
2014年5月〜7月全国8カ所で上演された『ノケモノノケモノ』

広いステージにたったひとり"ぽつねん"とたたずむその姿から名付けられ、
初のソロ公演『POTSUNEN』&『○〜maru〜』(2005年)より10年、
2014年末に下北沢で生まれ、パリとロンドンでの上演を経て、
2015年夏に日本でツアーが行われた『ポツネン氏の奇妙で平凡な日々』

公演のたびにチケットが即完となる程の人気を誇る
小林賢太郎演劇作品“ポツネン”シリーズの最新作が
DVD&Blu-ray(ブルーレイ)で登場!

数々の斬新な手法と洗練された笑いで織り成す小林賢太郎ワールドを
存分にご堪能ください!


特別だと思われたくて、人と違うと不安。どっちなんだ。

小林賢太郎演劇作品としては10作目の本作。
脚本・出演のほか、美術も小林賢太郎氏が担当し、
余すところなくこだわり抜いた、集大成的な作品。

小林賢太郎演劇作品
『ノケモノノケモノ』


【作・演出・美術】小林賢太郎
【出演】音尾琢真 辻本耕志 高橋良輔 小林賢太郎

DVD商品ページへ
Blu-ray(ブルーレイ)商品ページへ




ポツネン、10年、集大成。

作・演出・出演すべてを一人で手掛け、
数々の斬新な手法と洗練された笑いで織り成す小林賢太郎ワールド。
観る者すべてを魅了した圧巻の傑作舞台。

小林賢太郎ソロパフォーマンス
『ポツネン氏の奇妙で平凡な日々』



【作・演出・美術・出演】小林賢太郎
DVD商品ページへ
Blu-ray(ブルーレイ)商品ページへ



◎小林賢太郎作品特集ページ → コチラ


JUGEMテーマ:演劇・舞台

0





    小林賢太郎プロデュース<K.K.P.>作品好評発売中! 
    愛される理由とは?!Vol.4





    小林賢太郎プロデュースの演劇作品、K.K.P.>作品!
    毎公演、プラチナチケットとなるほど大人気です。

    そこで、小林賢太郎さんが手掛ける作品が愛される理由と、
    魅力をお伝えしているブログも、今回で4回目!

    第7弾『
    ロールシャッハ』、
    小林賢太郎演劇作品『振り子とチーズケーキ』をご紹介!

    ---------------------------------------------------------------------
    ※第1弾『good day house』、第2弾『SWEET 7』についてはコチラをチェック!
    小林賢太郎プロデュース<K.K.P.>作品愛される理由とは?!Vol.1

    ---------------------------------------------------------------------
    ※第3弾『PAPPER RUNNER』、第4弾『LENS』についてはコチラをチェック!
    小林賢太郎プロデュース<K.K.P.>作品愛される理由とは?!Vol.2

    ---------------------------------------------------------------------
    ※第5弾『TAKEOFF〜ライト三兄弟〜』DVD』、
    第6弾『TRIUMPH』BDについてはコチラをチェック!

    小林賢太郎プロデュース<K.K.P.>作品愛される理由とは?!Vol.3

    ---------------------------------------------------------------------


    小林賢太郎が描く「正義」とは…
     
    全国6都市で公演され、全公演のチケットが即ソールドアウト。
    2012年には全国9都市での再演され、話題沸騰となった作品!




    K.K.P.#7『ロールシャッハ』BD&DVD
    【作・演出】小林賢太郎
    【音楽】徳澤青弦
    【出演】久ヶ沢徹 竹井亮介 辻本耕志 小林賢太郎

    BD商品ページへ DVD商品ページへ 




    小林賢太郎が描く「正義」とは…。

    その好評ぶりに、早々に再演されたことでも話題となった作品。
    このフレーズだけでも、気になります!

    その国は、国土を広げるために島から島へと開拓を続け、
    ついには「世界の果て」と言われる大きな壁にぶつかった。
    壁の向こうを目指すため、見た目も性格も全く異なる4人の男が招集される。
    訓練をかさねるうちに彼らは、この作戦に裏があることに気がつく・・・。


    本作に出てくる4人の男は、これまた愛らしい個性が光った憎めないキャラクター揃い!
    そんな4人の個性を総動員して、「世界の果て」の開拓を目指していく過程は、ほっこりします!

    もちろん、お笑い要素も楽しみつつ、
    所々に散りばめられた伏線、驚き、感動。

    ほっこりと作品自体をたっぷりと楽みながら、「正義」についてしっかりと考えさせられる。

    まさに上質な笑いと、劇場空間ならではのあっと驚く仕掛けが散りばめられた演劇作品!

    そもそも、<ロールシャッハ>とは、ロールシャッハ・テストと言う、
    性格検査の代表的なテストの方法の一つで、
    インクの沁みが何に見えるか?というカウンセリングを通して、
    性格を分析していく有名な心理テスト。

    やっぱり、コント職人とも言われる小林賢太郎さんですから、
    作品に対して、絶妙にタイトルを中和させてくれていますよ!




    小林賢太郎史上、最も地味で優しい演劇!?
     
    「独身文系男子に捧ぐ」物語。



    振り子とチーズケーキ』BD&DVD
    【作・演出】小林賢太郎
    【出演】竹井亮介 小林賢太郎

    BD商品ページへ DVD商品ページへ 



    小林賢太郎さんと竹井亮介さんの二人芝居!!
    竹井亮介さんといえば、『ロールシャッハ』『小林賢太郎テレビ』で
    お馴染みの俳優さん!

    そんな2人が描く「独身文系男子に捧ぐ」物語。

    私は図書館業務の休憩中、女性ものの日記帳を拾いました。
    持ち主を探すため、失礼を承知で中を見てしまいました。
    彼女はアクティブで私とは全然違うタイプでした。
    そして私は、彼女を好きになってしまいました・・・。

    どこにも行かず、誰とも会わず、何の事件も起こらない一夜の物語。
    理想と現実、向上心と劣等感を行き来する、七転八倒の自問自答。
    怒涛の掛け合いで笑わせつづけるその先には、
    ささやかな感動が待っている・・・。



    小林賢太郎史上、最も地味で優しい演劇と言われる作品。

    理想の自分と現実の自分のギャップ。
    日々繰り返す日常に、諦めながらも理想を妄想する。
    繰り返す日常は、本当は素晴らしいなんてわかってはいても
    何でもない日常に、悩んだりしますよね。

    そんな経験は、誰にだってあるのではないでしょうか?

    そんなモヤモヤした感じを、小林賢太郎さんと竹井亮介さんが、
    見事に表現されています。
    観ていて、自分にも宿るモヤモヤ感に
    共感だったり、反発だったりの感情が沸いてきても、
    2人を見ていると、何故か優しくあったかい気持ちになる。

    『振り子とチーズケーキ』、これは、あなたの物語です。






    全4回にわたって、お伝えしてきた小林賢太郎演劇作品の魅力紹介!

    どの作品も、笑い温かい感動は共通しているのも
    小林賢太郎さん作品の魅力です!

    個人的には、少し疲れた時に見るのをオススメします!
    笑いと感動。そして、独特の世界観に刺激され、
    モチベーションアップしている自分に気づきます。

    小林賢太郎ワールド」を、是非体験してみてください!



    JUGEMテーマ:演劇・舞台
     
    0





      小林賢太郎プロデュース<K.K.P.>作品好評発売中! 
      愛される理由とは?!Vol.3







      大好評の小林賢太郎プロデュース<K.K.P.>作品!

      K.K.P.>作品が愛される理由と魅力をお伝えしているブログも、今回で3回目!
      本日は、第5弾『TAKEOFF〜ライト三兄弟〜』、第6弾『TRIUMPH』をご紹介!

      ---------------------------------------------------------------------
      ※第1弾『good day house』、第2弾『SWEET 7』についてはコチラをチェック!
      小林賢太郎プロデュース<K.K.P.>作品愛される理由とは?!Vol.1

      ---------------------------------------------------------------------
      ※第3弾『PAPPER RUNNER』、第4弾『LENS』についてはコチラをチェック!
      小林賢太郎プロデュース<K.K.P.>作品愛される理由とは?!Vol.2

      ---------------------------------------------------------------------


      2007年度 演劇ランキング第1位(演劇ぶっく調べ)に輝いた傑作舞台!
       
      全国36,000人が笑って泣いて飛んだ、傑作舞台!



      K.K.P.#5『TAKEOFF〜ライト三兄弟〜』DVD
      【作・演出】小林賢太郎
      【音楽】LOSALIOS
      【出演】オレンヂ  久ヶ沢徹  小林賢太郎
      DVD商品ページへ 



      小林賢太郎さんの演劇プロデュース公演 第5弾!

      2006年に初演され、その人気ぶりに翌年2007年に再演された大人気作!


      ・「やりたいこと」に悩む20代の旅人。
      ・「仕事」に悩む30代の飛行機オタク。
      ・「家族」に悩む40代の大工。



      年齢も職業も生き方も全く違う三人が、偶然手に入れたのは、
      あのライト兄弟の幻の図面。彼らは復刻に挑むのだが…。
      それぞれの思いを乗せた手作り飛行機は、はたして離陸できるのか!?



      当時、私も各チケットセンターの抽選に落選し、
      一般発売日にチケットセンターに電話をかけ続けました(笑)
      小林賢太郎さん作品であることはもとい、音楽はLOSALIOS!
      ヒット確実要素満載のプラチナチケットだったのです。

      発売日当日は、全くと言っていいほど電話が繋がらず、
      何度もアタックして、電話がつながった時には歓喜しました!


      何故か飛行機を作ることになった3人の男の物語。
      3人の魅力的な男性が演ずる三者三様のアイデンティティー。
      ぞれぞれのキャラクターが個性的で愛らしく、
      気付けば3人の内の誰かに、感情移入している。

      大盛況となった本作は、当時の雰囲気が
      そのままパッケージされてますよ!



      全公演、チケット即完売となった珠玉のパフォーマンス!
       
      第6弾のテーマは“コント×イリュージョン”



      K.K.P.#6『TRIUMPH』BD
      【作・演出】小林賢太郎
      【音楽】田中知之(Fantastic Plastic Machine)
      【出演】YUSHI 犬飼若博 森谷ふみ 小林賢太郎
      BD商品ページへ ※DVDは只今欠品中です。



      小林賢太郎プロデュース作品第6弾は、なんと「コントとマジックの融合」!


      可もなく不可もない空っぽの青年カフカ(夏歩香)は、
      ある日、謎の男によって近所の不思議な屋敷につれてこられた。

      そこでカフカは謎の男=魔法使いの執事とメイドから、
      あと3日で「消える」運命にある自分たちの主人に代わって
      新たな魔法使いになってほしいと頼まれる。



      小林賢太郎さんと言えば、マジックも得意で、
      POTSUNENでは、その一面を存分に見せてくれています!


      そんな小林賢太郎さんのマジシャンとしての一面と、
      演劇の要素を織り交ぜた本作は、なんとも新感覚!


      ラーメンズの頭脳として、コント職人の異名をとる
      小林賢太郎さんらしさはそのままに、驚きも満載。
      また別の角度から、小林賢太郎さんの世界観を堪能できる作品です!


      マジシャン・YUSHIさんとともに、
      “コント×イリュージョン”をテーマにしたステージは、
      まさに珠玉のパフォーマンス!

      是非、この不思議体験をしてみてください!






      小林賢太郎ワールドはまだまだ続きます!

      次回は、K.K.P.#7『ロールシャッハ』~をご紹介!




      JUGEMテーマ:演劇・舞台


      0





        小林賢太郎プロデュース<K.K.P.>作品 好評発売中!
        愛される理由とは?!Vol.2






        先週、特集ページがアップされ、いよいよ販売をスタートした
        小林賢太郎プロデュース<K.K.P.>作品!

        気になっている方も多いと思いますが、どの作品から見たらいいか?
        悩むと思います。
        そこで、先週より小林賢太郎プロデュース<K.K.P.>作品が
        愛される理由と作品の魅力についてご紹介しているこのブログ。

        本日は、第3弾『PAPER RUNNER』、第4弾『LENS』をご紹介!

        ---------------------------------------------------------------------
        ※第1弾『good day house』、第2弾『SWEET 7』についてはコチラをチェック!
        小林賢太郎プロデュース<K.K.P.>作品愛される理由とは?!Vol.1

        ---------------------------------------------------------------------


        小林賢太郎プロデュースの第3弾は、駆けずりまわる青春!
         
        この舞台を全ての働く人々に捧げます。



        K.K.P.#3『PAPER RUNNER』DVD
        【作・演出】小林賢太郎
        【音楽】西寺郷太(NONA REEVES)
        【出演】片桐仁  久ヶ沢徹  安田ユーシ  犬飼若浩  西田征史  室岡悟  森谷ふみ 
        DVD商品ページへ 



        小林賢太郎さんの演劇プロデュース公演 第3弾!

        個性溢れすぎの漫画雑誌コミックハポンの編集部!
        そこに、原稿を持ち込んだ漫画家志望の青年オマタ。
        漫画のセオリーの大切さを切々と語るサイボーグのような編集マンや、
        何故か編集部で、サバイバルをしている編集マン、
        謎の風来坊天才編集マンなどに弄ばれてしまうオマタ。

        個性溢れすぎのキャラクターたちは、普通ではない(笑)のですが、
        みんな仕事に「愛」を持っている!!

        どんなに無茶苦茶でも、原稿を持ち込んだ先がこんな編集部だったら、
        羨ましく思えるほど!

        爆笑しながら、感動してる。
        まさにそんな作品です。


        締め切り直前に逃亡してしまった人気作家の大先生のページの穴を埋めるべく
        その場にいたオマタに白羽の矢がたつ。
        編集者たちにキャラや設定、ストーリー展開を
        好き勝手提案され、困り果てたオマタが書き上げる作品とは・・・

        カーテンコール後に、その作品が表紙を飾って終わります。

        ドタバタだけど、働く人の心に響くストーリー。
        コミックハポン編集部、最高です!


        小林賢太郎プロデュース公演第4作目にして、
        シリーズ最高傑作と言われた「LENS」!
         
        小林賢太郎が仕掛ける「魔術師の選択」、
        舞台音楽に椎名林檎。
        珠玉のコラボレーションをとくとご堪能あれ!





        K.K.P.#4『LENS』DVD
        【作・演出】
        小林賢太郎
        【音楽】椎名林檎
        【出演】大森南朋  久ヶ沢徹  犬飼若浩  西田征史  小林賢太郎
        DVD商品ページへ 




        椎名林檎さんが発売したアルバムの世界観を表現した映像作品DVDとして、
        発売された「短篇キネマ 百色眼鏡」。
        この作品中に<天城>という役名で出演している小林賢太郎さん。

        『LENS』は、この映像作品の同世界観を舞台とした演劇作品として、
        上演されました。


        推理作家志望の書生を演じる小林賢太郎さんと、
        超常現象を専門に扱う警部を演じる大森南朋さん。
        そして、KKPシリーズお馴染みのメンバ―、
        久ヶ沢徹さん、西田征史さん、犬飼若浩さんが
        図書館で起こった書籍盗難事件の謎に挑む推理劇。

        言葉をたくみに利用し、
        そこにキャラクターの存在をこれでもか!とのせた本作は、
        小林賢太郎ワールドの醍醐味のお笑い要素も存分に、
        良質な芝居を魅せてくれます。


        大正ロマン溢れる雰囲気と、登場人物がしっくりと馴染み、
        最後まで軽快なテンポで、気付けば、それが舞台だと言うことを忘れてしまうほど。
        他の作品を観ている方はもちろん、初見でも十分に爆笑してしまいます。

        そして、椎名林檎が手掛ける舞台音楽!
        作品の世界観と音楽が絶妙に交わり、
        大正モダンな雰囲気に、各俳優陣が見事にはまる。
        まさに、大正時代をこの目で見せてもらったかのような
        タイムスリップ感。
        この贅沢すぎるコラボレーションは、必見。


        さすがは、当時<K.K.P.>シリーズ最高傑作と言わしめただけありますよ!





        LENS』は、図書館で起こるお話。

        DVDパッケージも、図書館での貸出用シールがデザイン!
        粋なのです!










        物語、音楽、お笑い、デザインなど、
        色々な角度から楽しませてくれる小林賢太郎作品。


        次回は、K.K.P.#5『TAKEOFF〜ライト三兄弟〜』をご紹介!



        JUGEMテーマ:演劇・舞台



        0





          小林賢太郎プロデュース<K.K.P.>作品取り扱い開始!!






          ラーメンズファンの方、小林賢太郎さんファンの方、
          そして、POTSUNEN(ポツネン)で、
          小林賢太郎ワールドに魅了された皆々さま。
          お待たせいたしました!



          作・演出を手掛ける小林賢太郎さんと、俳優・彫刻家としても活躍する
          片桐仁さんによる2人組のコントグループ「ラーメンズ」

          あまりメディアに登場しないので、知らない方もいるかも知れませんが、
          日常のおかしみを“お笑い”という手法を使って表現し、<お笑いと演劇の中間>
          称される彼らのコントは、多方面から絶大な人気を誇りチケットは即完売。
          舞台を中心活動し、オリジナリティ溢れる笑いでカリスマ的人気を誇ります。

          そんな彼らは、近年ソロとしても活躍中!
          片桐仁さんは、映画に舞台にと俳優としても幅広く活躍されており、
          イーオシバイでも片桐仁さん出演の舞台作品は人気があります!
          その独特のキャラクターに、驚かされたり、笑わされたり、癒されたり。
          舞台上でも唯一無二の存在感を放つ俳優さんです。

          そして、劇作家・俳優・パフォーミングアーティストとして、
          “アッ”と驚くものをお客様に提示し、
          演劇人のみならず、
          多方面から絶大な支持を受ける小林賢太郎さん。

          そんな小林賢太郎さんが、2002年に旗揚げした
          大人気演劇プロジェクトがK.K.P.>。
          K.K.P.>シリーズ作品は、演劇ぶっくが行う人気投票
          <えんぶチャート>で作品部門上位。
          小林賢太郎さんは、俳優部門で1位を3度も獲得されており、
          その実力と面白さは折り紙つき。

          毎公演、全国各地の公演チケットが入手困難なことでも有名です。
          そんなK.K.P.>シリーズ作品の取り扱いを本日よりスタートしました!!

          そこで、本日から何週かに分けて、小林賢太郎プロデュース公演<K.K.P.>作品が
          愛される理由と作品の魅力をご紹介します!


          ラーメンズの小林賢太郎 ファーストプロデュース公演!!
           
          良い日、良い町、良い人達の、良くも悪くもないお話。



          K.K.P.#1『good day house』DVD

          【作・演出】
          小林賢太郎
          【出演】片桐仁  小松和重  平田敦子  犬飼若浩  西田征史  室岡悟  森谷ふみ  小林賢太郎
          DVD商品ページへ 



          ラーメンズの小林賢太郎さんの演劇プロデュース公演 第1弾!

          新築、4階建て、日当たり良好、エレベーター無し。
          このテナントに入る予定の住人達と、各テナントの内装を請け負う内装屋さん。

          この内装屋さんを演じるのは、片桐仁さん。
          1階〜各階ごとのエピソードが展開されていく物語は、
          片桐仁さんの個性や小林賢太郎さんならではの言葉遊びにワクワクドキドキ。


          そして、どの階もおかしな良い人達。
          そのおかしな良い人達が、内装屋である片桐仁さんの
          奇想天外な話術や勘違いや愛(笑)などに翻弄されていく展開は、
          ラーメンズが好きな方には、たまらないのではないでしょうか!

          そして、ラーメンズを知らない方でも、とっても見やすく、爆笑必死。
          そして、心がほっこりしてしまう!
          物語としてもわかりやすく笑いが散りばめられているので、
          初見の方にもオススメの作品です!


          ラーメンズの小林賢太郎が作・演出を手掛ける
          “K.K.P.プロデュース”公演、第2弾。
           
          大切な日に食べたケーキを覚えていますか?



          K.K.P.#2『Sweet7』DVD
          【作・演出】
          小林賢太郎
          【出演】片桐仁  久ヶ沢徹  平田敦子  犬飼若浩  野村知広  西田征史  室岡悟  森谷ふみ 小林賢太郎
          DVD商品ページへ 



          何でケーキ屋で働いているかわからない(笑)と言うパティシエ達。

          ・ケーキ以外のものなら何でも作れるパティシエ。
          ・ここ数年、ケーキを作ったことがないパティシエ。
          ・普通のケーキしか作ったことがないパティシエ。


          そんなパティシエを抱えるケーキ屋が、近所で大盛況のケーキ屋に対抗すべく、
          お店を1週間休業し、起死回生の打開策を考える。
          その休業期間中に起こるまさにハチャメチャ(笑)な物語です。

          競合店のパティシエも加わって起こるすったもんだの大騒動は、
          ホントにハチャメチャなのですが、本作のキャッチコピーになっている

          「大切な日に食べたケーキを覚えてますか?」

          相手のことを思って用意したケーキと、自分のために用意されたケーキ。
          そもそも、その甘い味わいに、思いやりが加わったケーキは
          特別なケーキとなりますよね。

          「ケーキ以外のものなら何でも作れるパティシエ」を演じる片桐仁さんが、
          起死回生の打開策を考えているところに、クリームの納品にやってきた
          小林賢太郎さん演じる業者さんとのやり取りから物語はスタートします。

          そして、また1週間後の同じシチュエーションで、
          ハチャメチャな騒動の顛末を報告する。

          ハチャメチャな騒動の顛末自体、感動してしまうのですが、
          この最初と最後が、ちょっとしたコント&驚きもあり楽しめます!

          そんなケーキ屋のお話をお楽しみください!




          さて、本日は<K.K.P.>作品の第1作目、2作目をご紹介しました!

          次回は、3作目 K.K.P.#3『PAPER RUNNER』〜をご紹介します!


          JUGEMテーマ:演劇・舞台





          0





            イーオシバイの新規取り扱い作品についてご紹介するPICK UPコーナー!
            ついに!!演劇人に圧倒的人気を誇る<小林賢太郎>プロデュースの
            演劇作品<K.K.P.>シリーズの取扱いを開始!



            小林賢太郎 作・演出。
            2002年に旗揚げした演劇プロジェクト<K.K.P.>シリーズ!
             3月5日(木) 一挙に販売開始!
            好評発売中の「ポツネン」シリーズとともに特集ページを公開!!















            小林賢太郎さんと言えば、現在、POTSUNEN(ポツネン)シリーズが大好評発売中!

            その不思議な世界観に、魅了される方が続出!

            そんな小林賢太郎さんが手掛ける演劇プロジェクトこそ、
            小林賢太郎演劇作品<K.K.P.>シリーズ。

            心がほっこりするようなお話に、「あッ」と驚かされる仕掛け。
            毎回、チケットがすぐに完売してしまうのも頷けます。
            その世界観は、演劇の垣根を越え音楽や映像など業界人のファンも多く、
            演劇ぶっくが行う人気投票<えんぶチャート>では、作品部門上位。
            俳優部門では、「小林賢太郎」として、1位を3度も獲得されています。


            そんな大人気作品が、BD&DVDとして、ご自宅でも楽しめる!
            現在、発売中のPOTSUNEN(ポツネン)シリーズとともに、
            全作品が網羅された特集ページを大公開します!




            POTSUNEN(ポツネン)シリーズ 好評発売中!! 
             


            ※ソロ公演第1弾「ポツネン」(写真右)※第2弾(続編)「ポツネン○〜maru〜」(写真左)豪華2枚組仕様!


            ※「DROP」「THE SPOT」「P+/小林賢太郎テレビライブポツネンinヨーロッパ」
            上記3タイトルは単品での発売です。




            3月5日(木)に、特集ページ&商品詳細ページをアップ致します!
            お楽しみに!



            JUGEMテーマ:演劇・舞台



            0



               
              イーオシバイの新規取り扱い作品についてご紹介するPICK UPコーナー!
              ついに!!演劇人に圧倒的人気を誇る<小林賢太郎>作品の取扱い開始!
              まずは、パリ・ロンドン公演を目前に控えた「ポツネン」シリーズ!




              小林賢太郎 脚本・演出・出演による、ひとり芝居の短篇集。
              POTSUNEN<ポツネン>シリーズ!
               1月29日(木) より、<4商品>一挙販売開始!

               


              ※ソロ公演第1弾「ポツネン」(写真右)※第2弾(続編)「ポツネン○ maru」(写真左)豪華2枚組仕様!


              ※「DROP」「THE SPOT」「P+/小林賢太郎テレビライブポツネンinヨーロッパ」
              上記3タイトルは単品での発売です。





              小林賢太郎とは公式サイト参照 

              1973年4月17日生まれ。
              劇作家であり、パフォーミングアーティスト。
              多摩美術大学の同級生、片桐仁とコントグループ「ラーメンズ」を結成。
              演劇プロジェクト「 K.K.P. 」や、ソロパフォーマンス「Potsunen」など、
              舞台を中心に活動する。





              「POTSUNEN(ポツネン)」とは公式サイト参照 

              小林賢太郎の脚本・演出・出演による、ひとり芝居の短篇集。
              パントマイム、マジック、イラスト、映像などを駆使して、
              観客から笑いと驚きと感動を誘う。
              言葉を使わない演目も多く、日本のみならず海外での評価も高い。
              おかしくて美しい、少し不思議なステージパフォーマンス。





              ラーメンズファンの方、小林賢太郎さんファンの方、
              お待たせいたしました!


              作・演出を手掛ける小林賢太郎さんと、俳優・彫刻家としても活躍する
              片桐仁さんによる2人組のコントグループ「ラーメンズ」

              日常のおかしみを“お笑い”という手法を使って表現し、<お笑いと演劇の中間>
              称される彼らのコントは、多方面から絶大な人気を誇りチケットは即完売。
              舞台を中心活動し、オリジナリティ溢れる笑いでカリスマ的人気を誇ります。


              そんな彼らは、近年ソロとしても活躍中!
              片桐仁さんは、映画に舞台にと俳優としても幅広く活躍されております!

              小林賢太郎さんは、2002年に演劇プロジェクト「K.K.P.」を旗揚げ。
              2005年には、作・演出・出演すべてを一人で手掛け
              数々の斬新な手法と洗練された笑いで織り成す「POTSUNEN」を始動!

              「POTSUNEN」は、海外での評価も高く、
              なんと、今月末からパリ・ロンドンでも上演されるそう!

              演劇ぶっくが行う人気投票<えんぶチャート>では、作品部門上位。
              俳優部門では、今までに1位を3度も獲得されている小林賢太郎さん。

              その魅力をまずは、「POTSUNEN」シリーズでお楽しみください!




              舞台にこだわり続け、観客を「おもしろがらせる」ことに
              全ての力を注ぐ
              小林賢太郎ワールド!
              観る者を魅了する傑作舞台のDVD化!

               

              ソロ公演第1弾「ポツネン」と、
              第2弾(続編)「ポツネン○ maru」
              それぞれ完全収録した、豪華2枚組!




              POTSUNEN』&『○〜maru〜』DVD
              【出演】小林賢太郎
              DVD商品ページへ 




              小林賢太郎のソロコント公演
              “ポツネン”シリーズの渾身の第3弾!




              DROP』BD&DVD
              【出演】小林賢太郎
              BD商品ページへ DVD商品ページへ 




              小林賢太郎のソロコント公演第4弾
              ソロパフォーマンス“ポツネン”シリーズの傑作!



              THE SPOT』BD&DVD
              【出演】小林賢太郎
              BD商品ページへ DVD商品ページへ 





              小林賢太郎のソロコント公演
              公演に密着したドキュメンタリーとの2枚組!



              『P+』/『小林賢太郎テレビ ライブポツネンinヨーロッパ』BD&DVD
              【出演】小林賢太郎
              BD商品ページへ DVD商品ページへ 





              それぞれ異なる視点から繰り出される「楽しさ」。

              観る者を魅了しつづける小林賢太郎ワールドをぜひ体験してみてください!



              JUGEMテーマ:演劇・舞台



              0



                  前のページ | 1 / 1 ページ | 次のページ  

                ピックアップ特集pick up



                天海祐希関連作DVD
                堺雅人関連作DVD

                ページランキング

                カテゴリーcategory

                アーカイブarchive

                記事を検索search

                コメントcomment

                • 「大☆新感線博」販売グッズを一挙ご紹介! ⇒ by 店長(09/11)
                • 「大☆新感線博」販売グッズを一挙ご紹介! ⇒ by tora(09/11)
                • 2014年8月上旬(8/1〜8/15) 売れ筋ランキング! ⇒ by トム(08/25)
                • 「ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII」DVD&Blu-rayのココがすごい vol.4/五右衛門シリーズはすごい!編 ⇒ by おもっちは八丁座(07/10)
                • 「ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII」DVD&Blu-rayのココがすごい vol.1/ブルーレイがすごい!編 ⇒ by にゃんこ(07/08)
                • 「ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII」DVD&Blu-rayのココがすごい vol.1/ブルーレイがすごい!編 ⇒ by はるひろ(06/19)
                • 「ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII」DVD&Blu-rayのココがすごい vol.1/ブルーレイがすごい!編 ⇒ by にゃんこ(06/19)

                ツイッターTwitter

                フェイスブックFacebook

                RSSフィードfeed

                携帯サイトmobile

                qrcode