[ スマホ版へ (※スマートフォン専用) ]


カテゴリー記事一覧


・同カテゴリーの記事が10記事掲載されます。10記事以上ある場合は「次のページ」をクリックして下さい。





 -----------------------------------
サイケデリック・ペイン 関連作紹介1『出会いはロック!』 (7/26)
サイケデリック・ペイン 関連作紹介2『惹かれ合うバラード!』 (7/31)
サイケデリック・ペイン 関連作紹介3『高め合うミュージカル!』 (8/9)
 -----------------------------------

こんにちは!てんちょーです!

数々の名曲を生み出してきた天才作詞家・森雪之丞さんと、
音楽にこだわり続ける劇団☆新感線の主宰・演出家・いのうえひでのりさん。

そのお二人がタッグを組んだ舞台「サイケデリック・ペイン」(公式サイト)が、
いよいよ8月22日に幕を上げます。

本日は、舞台「サイケデリック・ペイン」をさらに楽しんで頂くための企画、
《森雪之丞×いのうえひでのり》関連作DVD紹介3回目をお送りします!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆


その3.高め合うミュージカル!

ロックからバラードまで20曲を超える最高の曲で綴る、
渾身のロック・ミュージカル!!

08年五右衛門ロック公演で火花が散った二人の出会いは、09年蛮幽鬼で圧巻のラストシーンを生み出し、10年薔薇とサムライで最高のロック・ミュージカルを誕生させました!

薔薇とサムライは、サブタイトルにもあるGOEMON ROCK OVER DRIVEというタイトルからもわかるように、『五右衛門ロック』の2作目的な位置づけ。

新感線の看板役者・古田新太さん演じる石川五右衛門と、TV・映画・舞台などジャンルを超えた活躍で人気の天海祐希さん演じる女海賊のアンヌ、さらには、藤木孝さん、浦井健治さん、山本太郎さん、神田沙也加さん、森奈みはるさんという個性豊かな豪華俳優陣が勢揃い!

この乗りに乗ったメンバーが中世のヨーロッパを舞台に、歌あり、ダンスあり、笑いあり、アクションありの、最高に楽しい舞台を作り上げました。

そして本作を彩る音楽の数はなんと20曲オーバー!

ロックからバラードまで、森雪之丞さんによる小気味良いリリックと生バンドのグルーヴ、そして豪華キャストの歌声に乗せて紡がれる曲の数々は、思わず一緒に歌いたくなるほど楽しい名曲ばかり!

個人的にお気に入りの曲をあえて選ぶなら、
テーマソングの「薔薇とサムライ〜GOEMON ROCK OVER DRIVE!」
藤木孝さん演じる大宰相が登場する「素晴らしき哉、大宰相」
舞踏会のシーンで流れる「フラメンコ版:舞踏会は戦場」
そして天海祐希さん演じるアンヌと、浦井健治さん演じるシャルル王子のデュエット
「理由<わけ>〜I Will Sing」が大好きです!

音楽と演劇が融合して生まれた、
最高のエンターテイメント作品である薔薇とサムライ

見れば、誰もがハッピーになれること間違いナシの傑作です!
ぜひ御覧ください!



本作はDVDはもちろん、公演時に販売していたサントラCDも現在販売中です!
この機会に、ぜひこちらもチェックしてみて下さい!
『薔薇とサムライ』DVD

薔薇とサムライ -special edition-』DVD

薔薇とサムライ』Live CD

《森雪之丞×いのうえひでのり》関連作DVD紹介も、今回が最終回。
いかがだったでしょうか?

「サイケデリック・ペイン」では、さらに進化した二人の関係から生まれる、
新たな可能性が楽しみですね!





 -----------------------------------
JUGEMテーマ:演劇・舞台
 
0




     -----------------------------------
    サイケデリック・ペイン 関連作紹介1『出会いはロック!』 (7/26)
    サイケデリック・ペイン 関連作紹介2『惹かれ合うバラード!』 (7/31)
    サイケデリック・ペイン 関連作紹介3『高め合うミュージカル!』 (8/9)
     -----------------------------------

    こんにちは!てんちょーです!

    この夏、大注目の舞台ロック・オペラ「サイケデリック・ペイン」(公式サイト)。

    本作の作家でもある森 雪之丞さんと演出を務めるいのうえひでのりさん。
    このお二人の軌跡を追いながら、その関連作を紹介するコーナーも、今回が2回め!
    どうぞ最後まで御覧ください!

    ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆


    その2.惹かれ合うバラード!

    重厚な物語の最後を締めくくる最高の一曲!


    08年『五右衛門ロック』公演で火花が散った二人の出会いは、09年上演のINOUEKABUKI SHOCHIKU-MIX『蛮幽鬼』で、次なるステップへ!


    『蛮幽鬼』は、お祭り感満載の『五右衛門ロック』から一転、デュマ作「モンテ・クリスト伯」をモチーフにした、裏切りと復讐がテーマの、重厚な人間ドラマに焦点を当てた舞台となりました。

    この作品では復讐鬼となった上川隆也さん演じる主人公・土門の物語を中心に、“狼蘭族”という暗殺一族が登場、その復讐に血の花を添えていくことになります。

    この“狼蘭族”を演じられた堺雅人さん、早乙女太一さん、そして主役の上川さんの戦いは、本作の見所の一つ!正に血闘です!

    また“狼蘭族”という設定は、その後、舞台『シレンとラギ』にも受け継がれていく事になります。



    この濃密なドラマのラストに向け、最高に盛り上がるシーンで流れる曲、
    それが《一滴(ひとしずく)の愛》です。

    作詞は森 雪之丞さん、作曲は岡崎 司さん、そして唄は森奈みはるさん。

    どこか切ないそのバラード調の曲は、復讐の連鎖を断ちきれずにもがき苦しむ登場人物たちの姿を、
    悲しくも儚く浮き立たせるのです。

    特に、稲森いずみさんが演じる、土門の元恋人役・国の政(まつりごと)を担うことになる美古都の、
    決意に満ちた表情とのリンクには鳥肌が立つ思いです。

    たった1曲の参加ですが、まさにこの曲なくしては語れない『蛮幽鬼』。
    いのうえさんの演出に、森 雪之丞さんの詩が乗った時の相乗効果は、
    まるで互いの力を認め合い、新たな力を引き出し合うデュエットのよう。
    ぜひご自身で体感して下さい!



    本作はDVDはもちろん、公演時に販売していたサントラCDも現在販売中です!
    もちろん《一滴の愛》も収録されています!

    またゲキ×シネ上映時に製作されたゲキ×シネ版パンフレットも、
    部数僅かですが、ご用意しております。
    この機会に、ぜひこちらもチェックしてみて下さい!

    『蛮幽鬼』DVD

    『蛮幽鬼 -special edition-』DVD

    『蛮幽鬼』Live CD

    ゲキ×シネ『蛮幽鬼』パンフレット


    《惹かれ合うバラード!》いかがだったでしょうか?

    次回3回目のタイトルは《高め合うミュージカル!》
    今度の作品では、なんと20曲を超える曲が満載!そうあの作品です!


     -----------------------------------
    JUGEMテーマ:演劇・舞台
     
    0




       -----------------------------------
      サイケデリック・ペイン 関連作紹介1『出会いはロック!』 (7/26)
      サイケデリック・ペイン 関連作紹介2『惹かれ合うバラード!』 (7/31)
      サイケデリック・ペイン 関連作紹介3『高め合うミュージカル!』 (8/9)
       -----------------------------------


      こんにちは!てんちょーです!

      音楽界で確固たる地位を築き、数多くのヒットナンバーを生み出している
      天才作詞家・詩人である森雪之丞さんと、
      音楽にこだわり続け、小劇場という枠を超えた新しいエンターテインメントを追求する
      劇団☆新感線の主宰・演出家であるいのうえひでのりさんが挑む、
      ロック・オペラ「サイケデリック・ペイン」

      この強力なタッグに加え、
      さらに作曲には伝説的ロックバンド<BOφWY>のギタリストとして名高い布袋寅泰さん、
      そして出演には、福士誠治さん、北乃きいさん、綾野剛さん、片瀬那奈さんを始めとする、
      今一番アツイ面々がズラリと勢揃いした、まさにこの夏一番の注目舞台作品です!

      「サイケデリック・ペイン」公式サイト

      8月22日からの上演に向け、イーオシバイドットコムではこの作品をさらに深く楽しんで頂くために、
      関連作として《森雪之丞×いのうえひでのり》の二人が関わった作品を、
      これから3回に渡り順番に紹介して行きたいと思います!
       
      ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆


      その1.出会いはロック!

      二つの才能の音楽的出会いはここから始まった!

      新感線流ロック活劇『五右衛門ロック』

      新感線の看板役者である古田新太さんを筆頭に、
      松雪泰子さん、森山未來さん、江口洋介さん、
      そして北大路欣也さんをはじめとする超豪華メンバーがズラリ勢揃い!

      歌あり踊りあり、
      笑いも涙もてんこ盛り、
      全てが迫力満点の舞台を繰り広げ
      話題となりました。


      08年上演当時、
      劇場を全体を隈なく覆ったその“お祭り感”は
      【2008年、真夏の奇跡】
      と称され、
      今なお伝説として語り継がれています。

      特にDVDの収録もされた東京の劇場は、今はなき新宿コマ劇場。
      客席から舞台に続くすり鉢状の独特な形状は、まるでスタジアムの様であり、
      観客の熱気がダイレクトに舞台にぶつかり、それがさらに舞台上の役者たちを盛り上げ、
      会場全体を熱くするという、これまで誰も体験したことのない一体感が生み出されました。



      当時の新宿コマの様子。舞台に向かって客席がスタジアムのように並ぶ

      この熱気を生み出す大きな原動力の一つが《音楽》。
      森雪之丞さんという当代きっての名作詞家が「これでもか!」と
      言わんばかりにケレン味の効いた歌詞の数々を生み出せば、
      いのうえひでのりさん(演出)、中島かずきさん(作)を始めとする新感線の面々が、
      それを最高の音楽に乗せたロック活劇としてさらに盛り上げる。

      この出会いは、正にバンドのセッションのようであり、
      新たな可能性を感じさせる舞台となりました。

      この舞台以降、森雪之丞さんといのうえひでのりさん&新感線は絆を深め、
      さらなる名作舞台を生み出していくことになります。




      とまあ、難しい事は置いておき。
      とにかく見ているだけで暑さもぶっとぶ、最高に楽しい作品です。
      スペシャルエディションDVDでは森雪之丞さんのインタビューも収録。
      演劇に対する興味と挑戦心が溢れる雪之丞さんのコメントは、
      この後の活躍を感じさせられるもので、必見です!

      そして!
      既にお気づきと思いますが、公演時に販売していたLIVE CDも現在販売中です!
      いつでもどこでも最高の曲と一緒に居たい方にはこちらもオススメ!

      『五右衛門ロック』DVD


      『五右衛門ロック -special edition-』DVD


      『五右衛門ロック』Live CD


      さて、この企画は全3回を考えています。
      次回のタイトルは《その2.惹かれ合うバラード!》
      とりあげる作品は、そうあの作品です!どうぞお楽しみに!


       -----------------------------------
      JUGEMテーマ:演劇・舞台

      0



          前のページ | 1 / 1 ページ | 次のページ  

        ピックアップ特集pick up



        天海祐希関連作DVD
        堺雅人関連作DVD

        ページランキング

        カテゴリーcategory

        アーカイブarchive

        記事を検索search

        コメントcomment

        • 「大☆新感線博」販売グッズを一挙ご紹介! ⇒ by 店長(09/11)
        • 「大☆新感線博」販売グッズを一挙ご紹介! ⇒ by tora(09/11)
        • 2014年8月上旬(8/1〜8/15) 売れ筋ランキング! ⇒ by トム(08/25)
        • 「ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII」DVD&Blu-rayのココがすごい vol.4/五右衛門シリーズはすごい!編 ⇒ by おもっちは八丁座(07/10)
        • 「ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII」DVD&Blu-rayのココがすごい vol.1/ブルーレイがすごい!編 ⇒ by にゃんこ(07/08)
        • 「ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII」DVD&Blu-rayのココがすごい vol.1/ブルーレイがすごい!編 ⇒ by はるひろ(06/19)
        • 「ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII」DVD&Blu-rayのココがすごい vol.1/ブルーレイがすごい!編 ⇒ by にゃんこ(06/19)

        ツイッターTwitter

        フェイスブックFacebook

        RSSフィードfeed

        携帯サイトmobile

        qrcode