[ スマホ版へ (※スマートフォン専用) ]


カテゴリー記事一覧


・同カテゴリーの記事が10記事掲載されます。10記事以上ある場合は「次のページ」をクリックして下さい。




 

先日イーオシバイでもDVDの取扱いを開始した、ケラリーノ・サンドロヴィッチさん(KERAさん)の『グッドバイ』。

こちらに続き、本日から同じくKERAさんの2作品『パン屋文六の思案〜続・岸田國士一幕劇コレクション〜』、『ゴドーは待たれながら』のDVD取扱いがスタートしました!

 

どの作品も、ある意味《伝説》とも言える原作を持つ3作品。

これに様々な引き出しで観客を魅了するKERAさんが、どんな新風を吹き込んだのか…。

ファンならずとも注目の作品ばかりです。

 

本日はこちらの作品の見所をご紹介いたします!

 

太宰治の未完の絶筆を最高のラブコメディに!

 

KERA・MAP#006グッドバイ ( 2015年上演 )

作・原作:太宰治 脚本・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:仲村トオル 小池栄子 水野美紀 夏帆 門脇麦 町田マリー 緒川たまき 萩原聖人 池谷のぶえ 野間口徹 山崎一

矢印 商品ページへ

 

原作は、昭和23年、太宰治が新聞連載を予定して13回分まで書いた時点で入水自殺を遂げ、絶筆となった小説 「グッド・バイ」 。

この作品を、KERAさんは自身のプロデュース企画〈KERA・MAP〉7年ぶりの再始動として2015年に舞台化しました。

 

もちろん未完なのでお話は最後まで書ききれておらず、その後の展開・結末をどうKERAさんが料理するか注目を集めました。

そして蓋を開けて見れば、なんとも軽妙洒脱・荒唐無稽なラブコメディとして描いてしまいました!

 

毒っけのある作品が多いKERAさんですが、本作はストレートに笑いを楽しめる作品となっております。

なお、こちらの舞台の好評を受け、ご自身は第23回読売演劇大賞最優秀作品賞及び優秀演出家賞を受賞、また平成27年度芸術選奨文部科学大臣賞も受賞するなど高い評価を受けた作品でもあります。

 

多くの観客も、そして玄人も唸らせた本作。
見逃した方は、ぜひこの機会にチェックしてみてください!

 

 

日本現代演劇の父・岸田國士の作品を解体&シャッフル!?

 

パン屋文六の思案〜続・岸田國士一幕劇コレクション〜 ( 2014年上演 )

作・岸田國士 演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:みのすけ 松永玲子 村岡希美 長田奈麻 新谷真弓 安澤千草 廣川三憲 藤田秀世 吉増裕士 眼鏡太郎 猪俣三四郎 萩原聖人 緒川たまき 植本潤 小野ゆり子 志賀廣太郎

矢印 商品ページへ

 

岸田國士と言えば、日本現代演劇の父とも言える、日本を代表する劇作家・演出家。

演劇界の芥川賞とも言われる「岸田國士戯曲賞」等でその名前をご存知のかたも多い方と思います。

 

KERAさんは2007年に、その岸田國士の短編8作品をポップに再構築、「犬は鎖につなぐべからず〜岸田國士一幕劇コレクション〜」というタイトルで上演、話題を集めました。

 

それから7年後の2014年。

再び“岸田國士で遊ぶ”をキーワードに上演されたのが本作。

今回も往年の名作7本をKERAさんらしい切り取りで解体&シャッフルしております。

 

今はなき青山円形劇場のあの独特のスペースの使い方が素晴らしい。

そして、作品全体に漂う洒脱でポップなカッコ良さ。

「岸田國士って難しいのかな?」なんて思っている方に、ぜひ観てほしい1本。

 

 

ベケットの代表作をいとうせいこうがアレンジした傑作がKERAさんの手で再演!

 

ゴドーは待たれながら ( 2013年上演 )

作・いとうせいこう 演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:大倉孝二 声:野田秀樹

矢印 商品ページへ

 

20世紀の偉大な劇作家・サミュエル・ベケット。

その代表作でもある「ゴドーを待ちながら」は、二人の男がゴドーという男を待つ、というただそれだけの設定で繰り広げられる不条理劇。

 

これまで多くの演劇人が上演してきた作品ですが、今から20年前に、この作品を大胆にアレンジした戯曲を世に送り出したのが、いとうせいこうさん。いとうせいこうさんはこの作品を反対側、つまり、二人を待たせているゴドー側から描くという、何とも驚くべき発想で世を驚かせ、後にきたろうさんの一人芝居(演出はいとうせいこうさん)として公演され、話題となりました。

 

その舞台を再演すべく、KERAさんが声をかけたのが大倉孝二さん。

「絶対無理!」と断り続けていた大倉さんを、なんと10年以上にも渡る交渉の結果、ようやく口説き落としたとのこと。

 

まず、一人芝居なので膨大なセリフの量。

そして何より、笑いの中にも永遠の繰り返しを続ける狂気に満ちたゴドーの演技を、大倉さんがある意味軽やかに、そしてリアルに演じられています。

 

できれば「ゴドーを待ちながら」を読むなり、観劇するなりした後に観てほしい作品。

ちなみに、途中、声だけの出演で野田秀樹さんも出ており、声だけなんだけど、これまた達者で、流石です。

DVDの特典には、 KERAさん&大倉さん&いとうせいこうさんのトークショーの様子も収録されていて、これがまた楽しいですよ!

 

◆  ◆  ◆


以上です!

こうして見ると、改めてKERAさんの引き出しの多さ、多才さに驚かされます。

ファンならずとも、演劇好きであればぜひチェックして欲しい作品ばかりです!

 

◎ケラリーノ・サンドロヴィッチさんのその他の関連作

 

それでは!

 

--------------------------------

JUGEMテーマ:演劇・舞台

  ……

続きを読む

 

先日イーオシバイでもDVDの取扱いを開始した、ケラリーノ・サンドロヴィッチさん(KERAさん)の『グッドバイ』。

こちらに続き、本日から同じくKERAさんの2作品『パン屋文六の思案〜続・岸田國士一幕劇コレクション〜』、『ゴドーは待たれながら』のDVD取扱いがスタートしました!

 

どの作品も、ある意味《伝説》とも言える原作を持つ3作品。

これに様々な引き出しで観客を魅了するKERAさんが、どんな新風を吹き込んだのか…。

ファンならずとも注目の作品ばかりです。

 

本日はこちらの作品の見所をご紹介いたします!

 

太宰治の未完の絶筆を最高のラブコメディに!

 

KERA・MAP#006グッドバイ ( 2015年上演 )

作・原作:太宰治 脚本・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:仲村トオル 小池栄子 水野美紀 夏帆 門脇麦 町田マリー 緒川たまき 萩原聖人 池谷のぶえ 野間口徹 山崎一

矢印 商品ページへ

 

原作は、昭和23年、太宰治が新聞連載を予定して13回分まで書いた時点で入水自殺を遂げ、絶筆となった小説 「グッド・バイ」 。

この作品を、KERAさんは自身のプロデュース企画〈KERA・MAP〉7年ぶりの再始動として2015年に舞台化しました。

 

もちろん未完なのでお話は最後まで書ききれておらず、その後の展開・結末をどうKERAさんが料理するか注目を集めました。

そして蓋を開けて見れば、なんとも軽妙洒脱・荒唐無稽なラブコメディとして描いてしまいました!

 

毒っけのある作品が多いKERAさんですが、本作はストレートに笑いを楽しめる作品となっております。

なお、こちらの舞台の好評を受け、ご自身は第23回読売演劇大賞最優秀作品賞及び優秀演出家賞を受賞、また平成27年度芸術選奨文部科学大臣賞も受賞するなど高い評価を受けた作品でもあります。

 

多くの観客も、そして玄人も唸らせた本作。
見逃した方は、ぜひこの機会にチェックしてみてください!

 

 

日本現代演劇の父・岸田國士の作品を解体&シャッフル!?

 

パン屋文六の思案〜続・岸田國士一幕劇コレクション〜 ( 2014年上演 )

作・岸田國士 演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:みのすけ 松永玲子 村岡希美 長田奈麻 新谷真弓 安澤千草 廣川三憲 藤田秀世 吉増裕士 眼鏡太郎 猪俣三四郎 萩原聖人 緒川たまき 植本潤 小野ゆり子 志賀廣太郎

矢印 商品ページへ

 

岸田國士と言えば、日本現代演劇の父とも言える、日本を代表する劇作家・演出家。

演劇界の芥川賞とも言われる「岸田國士戯曲賞」等でその名前をご存知のかたも多い方と思います。

 

KERAさんは2007年に、その岸田國士の短編8作品をポップに再構築、「犬は鎖につなぐべからず〜岸田國士一幕劇コレクション〜」というタイトルで上演、話題を集めました。

 

それから7年後の2014年。

再び“岸田國士で遊ぶ”をキーワードに上演されたのが本作。

今回も往年の名作7本をKERAさんらしい切り取りで解体&シャッフルしております。

 

今はなき青山円形劇場のあの独特のスペースの使い方が素晴らしい。

そして、作品全体に漂う洒脱でポップなカッコ良さ。

「岸田國士って難しいのかな?」なんて思っている方に、ぜひ観てほしい1本。

 

 

ベケットの代表作をいとうせいこうがアレンジした傑作がKERAさんの手で再演!

 

ゴドーは待たれながら ( 2013年上演 )

作・いとうせいこう 演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:大倉孝二 声:野田秀樹

矢印 商品ページへ

 

20世紀の偉大な劇作家・サミュエル・ベケット。

その代表作でもある「ゴドーを待ちながら」は、二人の男がゴドーという男を待つ、というただそれだけの設定で繰り広げられる不条理劇。

 

これまで多くの演劇人が上演してきた作品ですが、今から20年前に、この作品を大胆にアレンジした戯曲を世に送り出したのが、いとうせいこうさん。いとうせいこうさんはこの作品を反対側、つまり、二人を待たせているゴドー側から描くという、何とも驚くべき発想で世を驚かせ、後にきたろうさんの一人芝居(演出はいとうせいこうさん)として公演され、話題となりました。

 

その舞台を再演すべく、KERAさんが声をかけたのが大倉孝二さん。

「絶対無理!」と断り続けていた大倉さんを、なんと10年以上にも渡る交渉の結果、ようやく口説き落としたとのこと。

 

まず、一人芝居なので膨大なセリフの量。

そして何より、笑いの中にも永遠の繰り返しを続ける狂気に満ちたゴドーの演技を、大倉さんがある意味軽やかに、そしてリアルに演じられています。

 

できれば「ゴドーを待ちながら」を読むなり、観劇するなりした後に観てほしい作品。

ちなみに、途中、声だけの出演で野田秀樹さんも出ており、声だけなんだけど、これまた達者で、流石です。

DVDの特典には、 KERAさん&大倉さん&いとうせいこうさんのトークショーの様子も収録されていて、これがまた楽しいですよ!

 

◆  ◆  ◆


以上です!

こうして見ると、改めてKERAさんの引き出しの多さ、多才さに驚かされます。

ファンならずとも、演劇好きであればぜひチェックして欲しい作品ばかりです!

 

◎ケラリーノ・サンドロヴィッチさんのその他の関連作

 

それでは!

 

--------------------------------

JUGEMテーマ:演劇・舞台

0




     

    8/17(水) 赤坂ACTシアターで東京公演が開幕したばかりの劇団☆新感線Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン!〜』

    先日行われたフォトコール&囲み取材に潜入してきました!

    本日はその紹介と、本作に出演されている方々の関連作品をご紹介していきます!

     

    SHINKANSEN☆RX『Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン!〜』公式サイト

     

     

    『Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン!〜』

    フォトコール&囲み取材に潜入!

     

    これまでも何度かタッグを組んで、パンチの聞いた作品を世に送り出してきた”宮藤官九郎×劇団☆新感線”が、今回お届けするのは、平安時代から生き永らえ、1000年の時を経て愛する女性=かぐや姫を追い続けるヴァンパイアの物語。

     

    宮藤官九郎さんが、生田斗真さんのために書き下ろし、10年前から生田さんに吸血鬼を演じさせてみたかったといういのうえひでのりが演出というだけあって、1028歳のヴァンパイアでヴィジュアル系バンドのボーカリスト<TOSHIRO>が本当にいるのではと思っていしまうくらいハマっていた生田さん。宮藤さん作詞の楽曲もステキに歌いこなしていらっしゃいました!

    もう美し過ぎてお腹いっぱいです。トゥーマッチ!!

     

    歌もダンスもキレッキレで、終始ライブ会場に来ているような感覚で楽しめること間違いなしです!

     

    ※フォトコールにて

    半グレ組織”ナメクジ連合”を率いる中村倫也さん (左) とかぐや姫を演じる小池栄子さん (右)

     

     

    生田さんも神山智洋さん(ジャニーズWEST)も非常に素敵なのですが、中村倫也さんにハートを奪われ人続出ではないかと、予想しております。

    そして紅一点の小池さん。 イケメン達に囲まれても色あせることのない大人の演技と溢れ出る魅力で存在感抜群です!

     

     

    裾の部分がドレスのようになっているかぐや姫の衣装。

    刺繍も非常い凝っていて、かぐや姫の持つ気品と可愛らしさを際立たせています。

     

     

    虫麻呂を演じる篠井英介さん。

    こちらのお衣装もライトに照らされて美しいですね。

     

     

    語り部の冠徹弥さん(左)と教祖イコマノリユキさん(右)

    薔薇とサムライ」「ZIPANG PUNK」でもお馴染みのお二人。

    今回もシャウトな歌声で物語を最後まで導いてくれることでしょう☆

     

     

    フォトコールの模様は、演劇動画ニュースサイト《エントレ》でも紹介されていますのでこちらもどうぞ。

    生田斗真がトゥーマッチに歌う! 踊る!劇団☆新感線「ヴァン!バン!バーン!」東京公演が開幕!

    (※エントレ)

     

     

    『Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン!〜』

    出演者関連作品のご紹介

     

    イーオシバイとしてもこの話題作を応援すべく、出演者の方々の関連作品の一部をご紹介。

    『Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン!〜』とあわせてぜひご覧頂きたい作品ばかりをピックアップです!

     

    生田斗真さん出演作

     

    SHINKANSEN☆NEXES vol.2

    『Cat in the Red Boots』DVD

    長靴を履いた赤い猫をベースに下地にした大人も楽しめる”ジュヴナイル”。

    レッドブーツを巡って繰り広げられる新感線流冒険ファンタジー。

     

    10年前、新感線には2作目の出演にて、初の主演となったフレッシュな生田さんを存分にご堪能いただけるかと思います!

    脚本は、劇作家・脚本家としても活躍の戸田山雅司さん。 ストレートな物語を丁寧に描くことで定評のある人気作家さんで、人気ドラマ「相棒」シリーズの脚本にも関わられているので、ご存知の方も多いと思います。

     

    この公演は東京グローブ座で公演されたのですが、あまり大きくない劇場で飛び出さんばかりに跳ねまわる生田さん、共演の松本まりかさんがとても可愛らしく、観ていてほっこりした気持ちにさせてくれます。

    とはいえ、そこは新感線。しっかり殺陣もあれば笑いもある。

     

    直球で初々しく、エネルギーに満ちた作品。

    生田さんファンはもちろん、未見の方にはぜひ観てほしい作品です!

     

     

    中村倫也さん出演作

     

    『NINAGAWA×SHAKESPEARE DVD BOX XII』

    中村倫也さん出演「ヴェニスの商人」を収録。

    シェイクスピアの時代にならい、すべての役を男性キャストが演じる“オールメール”で上演され、話題となりました。

     

    その中で、美しく心も清らかな大富豪の《娘》ポーシャを演じた中村さん。

    美しいだけでなく、思慮深く、ちょっとエロく、ウィットに富んだ女性の役を、全く違和感なく熱演されており中村さんの演技の幅の広さを体感できます。

     

     

    『ロッキー・ホラー・ショー』CD

    世界的にも人気の作品を日本人キャストて上演!と、こちらも話題になった作品。

    中村さんは、好青年・ブラッド役を熱演。

    もちろん、本作ファンの方ならご存知の通り、ブラッドは単なる好青年では無く、中村さん演じるブラッドは「外しっぷり」も見事。

    本作で初いのうえ演出を受けた中村さんですが、この頃から新感線との相性は良さそう…と感じていた方は流石。

     

    本作はDVD化されていないため、映像を観ることはできませんが、こちらのCDで中村さんの歌声を聴くことができます。

     

    ◎中村倫也さん出演作 ⇒ コチラ

     

     

    小池栄子さん出演作

     

    KERA・MAP#006『グッドバイ』DVD

    ケラリーノ・サンドロヴィッチプロデュース企画「KERA・MAP」が7年ぶりの再始動、しかも太宰治の未完の絶筆「グッド・バイ」を舞台化ということで話題となった本作。

    太宰治が最後まで書ききれなかった作品を、KERAさんがとても楽しいラブコメに仕上げました。

     

    小池さんは、主人公のヘナチョコな色男・田島(仲村トオルさん)が何人もいる愛人と別れるために手を組んだ怪力・傲慢・大食いな絶世の美女キヌ子を熱演、とても魅力的なキャラで観客を魅了しました。仲村トオルさんとの軽妙なやり取りがまあ楽しいこと!なんとこの演技で第23回読売演劇大賞・最優秀女優賞も受賞!

     

     

    『髑髏城の七人』DVD

    言わずと知れた劇団☆新感線の人気作。

    小栗旬さん、森山未來さん、早乙女太一さんら、まさに今が旬の若手実力派が結集、別名《ワカドクロ》とも呼ばれ話題となった作品です。

     

    その中で、妖艶ながらも女性が見てもかっこいい極楽太夫を演じた小池栄子さん。

    気っ風の良い姐さんでありながら、かいま見える女性としての弱さ。そんな儚さも感じさせてくれる極楽太夫に観客はメロメロ。

    この作品でもイケメンに囲まれれながらも、圧倒的な存在感が感じさせてくれます!

     

    ◎小池栄子さん出演作 ⇒ コチラ

     

     

    篠井英介さん出演作

     

    『ダブリンの鐘つきカビ人間(2015年版)』DVD

    笑いあり、アクションあり、そして悲しくも美しいラストシーン。

    後藤ひろひとさんとG2の人気コンビによる傑作舞台の再再演となります。

     

    篠井さんは、色々と裏側で暗躍する尼僧役を、美しく怪しくちょっと可笑しく演じられております。

    以前も別の記事でちょっと紹介しましたが、とにかくその歌が素晴らしい!上手いの笑える、笑えるのに上手い。そんな篠井さんの圧倒的な存在感をぜひ堪能してください!

     

    ◎篠井英介さん出演作 ⇒ コチラ

     

     

    ◆  ◆  ◆

     

    以上です!

    出演者の皆さんの、これまでの活動をチェックしておけば、『Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン!〜』をより楽しめること請け合いですよ!

     

    その 『Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン!〜』 と言えば、宮藤官九郎さんが脚本として参加している事も話題の一つ。宮藤さんと新感線と言えば、これまで様々な傑作舞台を生み出して来た名コンビ。

    そちらを紹介する記事もございますので、よければぜひ目を通してみてください!

     

    「VBB上演記念!宮藤官九郎×劇団☆新感線〜その《衝撃》と《破壊》を体感 せよ!!!」

    それでは!

     

    『Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン!〜』公演情報

     

    ◎公式サイト

    SHINKANSEN☆RX『Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン!〜』

     

    8月5日(金)〜8月7日(日) <長野/サントミューゼ>
    8月17日(水)〜9月18日(日) <東京/赤坂ACTシアター>
    10月7日(金)〜9日(日) <富山/オーバード・ホール>

    10月19日(水)〜31日(月) <大阪/フェスティバルホール>

     

    -------------------------------

    JUGEMテーマ:演劇・舞台

      ……

    続きを読む

     

    8/17(水) 赤坂ACTシアターで東京公演が開幕したばかりの劇団☆新感線Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン!〜』

    先日行われたフォトコール&囲み取材に潜入してきました!

    本日はその紹介と、本作に出演されている方々の関連作品をご紹介していきます!

     

    SHINKANSEN☆RX『Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン!〜』公式サイト

     

     

    『Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン!〜』

    フォトコール&囲み取材に潜入!

     

    これまでも何度かタッグを組んで、パンチの聞いた作品を世に送り出してきた”宮藤官九郎×劇団☆新感線”が、今回お届けするのは、平安時代から生き永らえ、1000年の時を経て愛する女性=かぐや姫を追い続けるヴァンパイアの物語。

     

    宮藤官九郎さんが、生田斗真さんのために書き下ろし、10年前から生田さんに吸血鬼を演じさせてみたかったといういのうえひでのりが演出というだけあって、1028歳のヴァンパイアでヴィジュアル系バンドのボーカリスト<TOSHIRO>が本当にいるのではと思っていしまうくらいハマっていた生田さん。宮藤さん作詞の楽曲もステキに歌いこなしていらっしゃいました!

    もう美し過ぎてお腹いっぱいです。トゥーマッチ!!

     

    歌もダンスもキレッキレで、終始ライブ会場に来ているような感覚で楽しめること間違いなしです!

     

    ※フォトコールにて

    半グレ組織”ナメクジ連合”を率いる中村倫也さん (左) とかぐや姫を演じる小池栄子さん (右)

     

     

    生田さんも神山智洋さん(ジャニーズWEST)も非常に素敵なのですが、中村倫也さんにハートを奪われ人続出ではないかと、予想しております。

    そして紅一点の小池さん。 イケメン達に囲まれても色あせることのない大人の演技と溢れ出る魅力で存在感抜群です!

     

     

    裾の部分がドレスのようになっているかぐや姫の衣装。

    刺繍も非常い凝っていて、かぐや姫の持つ気品と可愛らしさを際立たせています。

     

     

    虫麻呂を演じる篠井英介さん。

    こちらのお衣装もライトに照らされて美しいですね。

     

     

    語り部の冠徹弥さん(左)と教祖イコマノリユキさん(右)

    薔薇とサムライ」「ZIPANG PUNK」でもお馴染みのお二人。

    今回もシャウトな歌声で物語を最後まで導いてくれることでしょう☆

     

     

    フォトコールの模様は、演劇動画ニュースサイト《エントレ》でも紹介されていますのでこちらもどうぞ。

    生田斗真がトゥーマッチに歌う! 踊る!劇団☆新感線「ヴァン!バン!バーン!」東京公演が開幕!

    (※エントレ)

     

     

    『Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン!〜』

    出演者関連作品のご紹介

     

    イーオシバイとしてもこの話題作を応援すべく、出演者の方々の関連作品の一部をご紹介。

    『Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン!〜』とあわせてぜひご覧頂きたい作品ばかりをピックアップです!

     

    生田斗真さん出演作

     

    SHINKANSEN☆NEXES vol.2

    『Cat in the Red Boots』DVD

    長靴を履いた赤い猫をベースに下地にした大人も楽しめる”ジュヴナイル”。

    レッドブーツを巡って繰り広げられる新感線流冒険ファンタジー。

     

    10年前、新感線には2作目の出演にて、初の主演となったフレッシュな生田さんを存分にご堪能いただけるかと思います!

    脚本は、劇作家・脚本家としても活躍の戸田山雅司さん。 ストレートな物語を丁寧に描くことで定評のある人気作家さんで、人気ドラマ「相棒」シリーズの脚本にも関わられているので、ご存知の方も多いと思います。

     

    この公演は東京グローブ座で公演されたのですが、あまり大きくない劇場で飛び出さんばかりに跳ねまわる生田さん、共演の松本まりかさんがとても可愛らしく、観ていてほっこりした気持ちにさせてくれます。

    とはいえ、そこは新感線。しっかり殺陣もあれば笑いもある。

     

    直球で初々しく、エネルギーに満ちた作品。

    生田さんファンはもちろん、未見の方にはぜひ観てほしい作品です!

     

     

    中村倫也さん出演作

     

    『NINAGAWA×SHAKESPEARE DVD BOX XII』

    中村倫也さん出演「ヴェニスの商人」を収録。

    シェイクスピアの時代にならい、すべての役を男性キャストが演じる“オールメール”で上演され、話題となりました。

     

    その中で、美しく心も清らかな大富豪の《娘》ポーシャを演じた中村さん。

    美しいだけでなく、思慮深く、ちょっとエロく、ウィットに富んだ女性の役を、全く違和感なく熱演されており中村さんの演技の幅の広さを体感できます。

     

     

    『ロッキー・ホラー・ショー』CD

    世界的にも人気の作品を日本人キャストて上演!と、こちらも話題になった作品。

    中村さんは、好青年・ブラッド役を熱演。

    もちろん、本作ファンの方ならご存知の通り、ブラッドは単なる好青年では無く、中村さん演じるブラッドは「外しっぷり」も見事。

    本作で初いのうえ演出を受けた中村さんですが、この頃から新感線との相性は良さそう…と感じていた方は流石。

     

    本作はDVD化されていないため、映像を観ることはできませんが、こちらのCDで中村さんの歌声を聴くことができます。

     

    ◎中村倫也さん出演作 ⇒ コチラ

     

     

    小池栄子さん出演作

     

    KERA・MAP#006『グッドバイ』DVD

    ケラリーノ・サンドロヴィッチプロデュース企画「KERA・MAP」が7年ぶりの再始動、しかも太宰治の未完の絶筆「グッド・バイ」を舞台化ということで話題となった本作。

    太宰治が最後まで書ききれなかった作品を、KERAさんがとても楽しいラブコメに仕上げました。

     

    小池さんは、主人公のヘナチョコな色男・田島(仲村トオルさん)が何人もいる愛人と別れるために手を組んだ怪力・傲慢・大食いな絶世の美女キヌ子を熱演、とても魅力的なキャラで観客を魅了しました。仲村トオルさんとの軽妙なやり取りがまあ楽しいこと!なんとこの演技で第23回読売演劇大賞・最優秀女優賞も受賞!

     

     

    『髑髏城の七人』DVD

    言わずと知れた劇団☆新感線の人気作。

    小栗旬さん、森山未來さん、早乙女太一さんら、まさに今が旬の若手実力派が結集、別名《ワカドクロ》とも呼ばれ話題となった作品です。

     

    その中で、妖艶ながらも女性が見てもかっこいい極楽太夫を演じた小池栄子さん。

    気っ風の良い姐さんでありながら、かいま見える女性としての弱さ。そんな儚さも感じさせてくれる極楽太夫に観客はメロメロ。

    この作品でもイケメンに囲まれれながらも、圧倒的な存在感が感じさせてくれます!

     

    ◎小池栄子さん出演作 ⇒ コチラ

     

     

    篠井英介さん出演作

     

    『ダブリンの鐘つきカビ人間(2015年版)』DVD

    笑いあり、アクションあり、そして悲しくも美しいラストシーン。

    後藤ひろひとさんとG2の人気コンビによる傑作舞台の再再演となります。

     

    篠井さんは、色々と裏側で暗躍する尼僧役を、美しく怪しくちょっと可笑しく演じられております。

    以前も別の記事でちょっと紹介しましたが、とにかくその歌が素晴らしい!上手いの笑える、笑えるのに上手い。そんな篠井さんの圧倒的な存在感をぜひ堪能してください!

     

    ◎篠井英介さん出演作 ⇒ コチラ

     

     

    ◆  ◆  ◆

     

    以上です!

    出演者の皆さんの、これまでの活動をチェックしておけば、『Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン!〜』をより楽しめること請け合いですよ!

     

    その 『Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン!〜』 と言えば、宮藤官九郎さんが脚本として参加している事も話題の一つ。宮藤さんと新感線と言えば、これまで様々な傑作舞台を生み出して来た名コンビ。

    そちらを紹介する記事もございますので、よければぜひ目を通してみてください!

     

    「VBB上演記念!宮藤官九郎×劇団☆新感線〜その《衝撃》と《破壊》を体感 せよ!!!」

    それでは!

     

    『Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン!〜』公演情報

     

    ◎公式サイト

    SHINKANSEN☆RX『Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン!〜』

     

    8月5日(金)〜8月7日(日) <長野/サントミューゼ>
    8月17日(水)〜9月18日(日) <東京/赤坂ACTシアター>
    10月7日(金)〜9日(日) <富山/オーバード・ホール>

    10月19日(水)〜31日(月) <大阪/フェスティバルホール>

     

    -------------------------------

    JUGEMテーマ:演劇・舞台

    0





      2016年8月上旬(8/1〜8/15)
      <人気商品ランキング><検索キーワードランキング>

       

       2016年8月上旬 人気商品ランキング!

      ※人気商品ランキングは、期間中に頂いたご注文内容で算出しています。

       『薔薇とサムライ -special edition-』DVD

       『ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII』Blu-ray - special edition-

       『アテルイ』DVD

       『阿修羅城の瞳2003』DVD

       『薔薇とサムライ』DVD

       『髑髏城の七人』DVD

       『蛮幽鬼 -special edition-』DVD

       『蒼の乱』DVD

       『ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII』LIVE CD

       『ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII』DVD


       

       

       2016年8月上旬 検索キーワードランキング!

      ※キーワードは、期間中に検索されたワードをそのまま表記しています。

       劇団☆新感線

       薔薇とサムライ

       TEAM NACS

       森田剛

       五右衛門ロック

       浦井健治

       ゲキ×シネ

       三浦春馬

       髑髏城の七人

       朝日のような夕日をつれて

      ────────────────────────────────────────────

      いよいよ明日より、『Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン!〜』東京公演の幕が開きます!

      公演会場では、公演オリジナルグッズや、今回ランキング入りしている新感線関連のDVDも販売致しますので

      お買い物の参考にしてみてください!(物販情報についてはこのブログの最後もご参照ください。)

       

      ということで、8月上旬のランキング発表です!!

       

      これまでの傾向で、新感線の公演前後は、新感線作品で上位を占められることが多いのですが

      今回の商品ランキングも多分に漏れず新感線一色となりました。

      中でも「五右衛門ロックシリーズ」の作品に関連した商品やキーワードが多数ランクイン。

       

      『薔薇とサムライ』『ZIPANG PUNK』には、8/3(水)に初のソロアルバム『Wonderland』を発売し

      現在帝国劇場で公演中のミュージカル「王家の紋章」などでの活躍が目覚ましい浦井健治さんがご出演。

       

      さらに『ZIPANG PUNK』で浦井さんと共演された三浦春馬さんも、現在大阪で公演中の

      『キンキーブーツ』にご出演中と、皆さんの注目がぐぐぐいっと集まっているのも大納得ですね!

       

       

      そんな中で注目したいのは、商品ランキング7位の『蛮幽鬼』。

      LINEで劇団☆新感線公式スタンプ が発売されてからというもの、

      『蛮幽鬼』と聞くたびに、土門の「だまされたぁぁぁぁぁ」スタンプが頭に浮かんでしまう病に

      悩まされている方もいらっしゃるかと思いますが(笑)、

      その土門を演じる上川隆也の迫力ある演技に、何度観ても惹き込まれてしまいますよね。

       

      明後日8/18(木)には、立川シネマシティ でゲキ×シネ『蛮幽鬼』が上映されますので

      お近くの方は是非チェックしてみてください!

       

      そして、現在開催中の「夏の演劇DVD一行感想祭り」にてご感想を綴ってみてはいかがでしょうか!?

       

      70文字で感想を書いて、賞品をゲットしてください!

       

       

      劇団☆新感線『Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン!〜』DVD物販

       

      『Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン!〜』 公式ブログ

      会場で販売するオリジナルグッズをご紹介!

       

       

       

      それでは、次回のランキングもお楽しみに!


      ────────────────────────────────────────────
      (イーオシバイ 関口)

       

      JUGEMテーマ:演劇・舞台

       

        ……

      続きを読む


      2016年8月上旬(8/1〜8/15)
      <人気商品ランキング><検索キーワードランキング>

       

       2016年8月上旬 人気商品ランキング!

      ※人気商品ランキングは、期間中に頂いたご注文内容で算出しています。

       『薔薇とサムライ -special edition-』DVD

       『ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII』Blu-ray - special edition-

       『アテルイ』DVD

       『阿修羅城の瞳2003』DVD

       『薔薇とサムライ』DVD

       『髑髏城の七人』DVD

       『蛮幽鬼 -special edition-』DVD

       『蒼の乱』DVD

       『ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII』LIVE CD

       『ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII』DVD


       

       

       2016年8月上旬 検索キーワードランキング!

      ※キーワードは、期間中に検索されたワードをそのまま表記しています。

       劇団☆新感線

       薔薇とサムライ

       TEAM NACS

       森田剛

       五右衛門ロック

       浦井健治

       ゲキ×シネ

       三浦春馬

       髑髏城の七人

       朝日のような夕日をつれて

      ────────────────────────────────────────────

      いよいよ明日より、『Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン!〜』東京公演の幕が開きます!

      公演会場では、公演オリジナルグッズや、今回ランキング入りしている新感線関連のDVDも販売致しますので

      お買い物の参考にしてみてください!(物販情報についてはこのブログの最後もご参照ください。)

       

      ということで、8月上旬のランキング発表です!!

       

      これまでの傾向で、新感線の公演前後は、新感線作品で上位を占められることが多いのですが

      今回の商品ランキングも多分に漏れず新感線一色となりました。

      中でも「五右衛門ロックシリーズ」の作品に関連した商品やキーワードが多数ランクイン。

       

      『薔薇とサムライ』『ZIPANG PUNK』には、8/3(水)に初のソロアルバム『Wonderland』を発売し

      現在帝国劇場で公演中のミュージカル「王家の紋章」などでの活躍が目覚ましい浦井健治さんがご出演。

       

      さらに『ZIPANG PUNK』で浦井さんと共演された三浦春馬さんも、現在大阪で公演中の

      『キンキーブーツ』にご出演中と、皆さんの注目がぐぐぐいっと集まっているのも大納得ですね!

       

       

      そんな中で注目したいのは、商品ランキング7位の『蛮幽鬼』。

      LINEで劇団☆新感線公式スタンプ が発売されてからというもの、

      『蛮幽鬼』と聞くたびに、土門の「だまされたぁぁぁぁぁ」スタンプが頭に浮かんでしまう病に

      悩まされている方もいらっしゃるかと思いますが(笑)、

      その土門を演じる上川隆也の迫力ある演技に、何度観ても惹き込まれてしまいますよね。

       

      明後日8/18(木)には、立川シネマシティ でゲキ×シネ『蛮幽鬼』が上映されますので

      お近くの方は是非チェックしてみてください!

       

      そして、現在開催中の「夏の演劇DVD一行感想祭り」にてご感想を綴ってみてはいかがでしょうか!?

       

      70文字で感想を書いて、賞品をゲットしてください!

       

       

      劇団☆新感線『Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン!〜』DVD物販

       

      『Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン!〜』 公式ブログ

      会場で販売するオリジナルグッズをご紹介!

       

       

       

      それでは、次回のランキングもお楽しみに!


      ────────────────────────────────────────────
      (イーオシバイ 関口)

       

      JUGEMテーマ:演劇・舞台

       

      0



          前のページ | 1 / 156 ページ | 次のページ >> >|

        ピックアップ特集pick up



        天海祐希関連作DVD
        堺雅人関連作DVD

        ページランキング

        アーカイブarchive

        記事を検索search

        コメントcomment

        • 「大☆新感線博」販売グッズを一挙ご紹介! ⇒ by 店長(09/11)
        • 「大☆新感線博」販売グッズを一挙ご紹介! ⇒ by tora(09/11)
        • 2014年8月上旬(8/1〜8/15) 売れ筋ランキング! ⇒ by トム(08/25)
        • 「ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII」DVD&Blu-rayのココがすごい vol.4/五右衛門シリーズはすごい!編 ⇒ by おもっちは八丁座(07/10)
        • 「ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII」DVD&Blu-rayのココがすごい vol.1/ブルーレイがすごい!編 ⇒ by にゃんこ(07/08)
        • 「ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII」DVD&Blu-rayのココがすごい vol.1/ブルーレイがすごい!編 ⇒ by はるひろ(06/19)
        • 「ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII」DVD&Blu-rayのココがすごい vol.1/ブルーレイがすごい!編 ⇒ by にゃんこ(06/19)

        ツイッターTwitter

        フェイスブックFacebook

        RSSフィードfeed

        携帯サイトmobile

        qrcode


        smp.gif